« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

深夜も楽し

○懐かしのメロディー聴きつ赤き実を煮詰めておりし静かなる夜半    〔拙歌〕

今日は二木紘三の〔うた物語〕から  〔黒い瞳のタンゴ エルチョクロ ジャニーギター 小雨降る道 ゴットファーザー 人の気も知らないで かわいい花〕の7曲をラズベリージャムを作りながら繰り返し聞きました。ジャムはあっというまに出来上がり^^

ザ・ピーナッツの歌った〔かわいい花〕には思い出があります。昭和30年代は社交ダンスが盛んな時代でした。知り合いの方がダンス教室を開いていましたので私もソシアルダンスを習いたくそこへ通いました。教師は3人ほどいましたが私が踊る段になると必ず〔かわいい花〕の曲をかけてくれました。当時流行っていたこの曲を私が好きだと言ったからだと思います。ダンスが高度になるにつれどうしてもうまく出来ない形が出来てきました。足が思うように開かない。自分が先天性股関節症があるということを当時は知りませんでしたから単に身体が硬いせいだろうとおもったのですが、柔軟な足の運びが出来ないときれいな形にならずとうとう社交ダンスは途中で断念しました。

というような他愛のない思い出ですが〔♪プティット・フルール・・・〕という出だしとともに若き日を懐かしく思い出しました。

P1050044_2 

| | コメント (0)

絵の観かた

28日付読売新聞の〔時の余白に〕を読んでちょっと驚いた事に、イヤホンで解説を聞きながら絵をみるとか。。。私はそういう場面を見たことがありませんからホントかな?と思いました。地方の美術館では学芸員が絵を解説をしている場面をよく見ますが、あれで絵を見たことになるのかなとかねがね思っていました。〔時の余白に〕の筆者もそれが疑問に感じたとあります。絵の解説など後世の人間がもっともらしく作り上げたことも少なからずあるといいます。〔絵の観かたが判らない〕という言葉をよく聞きますが、そういう方が解説を聞いて絵が判ったと安心しておかえりになるのかしら。。。わかった気持になるだけのことだと思います。解説を聴きながらでは絵を深く観るという感性は養われないと思うのです。

私は友人と連れ立って観に行くことすら嫌です。じっくりと作品をこころゆくまで感じるには一人で観るに限ります。

また同じ欄に、 予定されていた〔横尾忠則〕展の小学生の観賞教室が直前に取りやめになったことが書いてありました。理由は性的イメージの過激な部分があるからということだったそうです。

これを読んでふと思ったことは、ミケランジェロの〔ダビデの像〕の写真を見てくすくす笑ったいい年をした女性達が居たことです。横尾忠則展を直前でキャンセルした教育者達はおそらくダビデ像を観て笑った人たちと同じ感覚と思います。日本人の芸術に対する教育はまだまだ無理なようですね。

P1050101

所要時間 15分

| | コメント (2)

懐かしのメロディー♪

ブログをはじめて嬉しかったこと!

昨日、偶然に〔今この時&あの日あの時〕の大場光太郎様のブログにお邪魔する事が出来ました。そして〔二木紘三の歌物語〕を知る事が出来狂喜乱舞〔ちょっと大げさ^^ゞ〕

昭和14年生まれの私が楽しめる歌の数々がずらりと揃っているのには驚きました。PCがあまり詳しくなく、こういう音楽を、しかもじゅうぶんはっきりした音量で聴けるとは思わなかったので宝物を探し当てた思いです。

ジャンルもいろいろ盛りだくさんです。懐かしい〔カスバの女〕を聴きました。なぜかというに昔カスバを舞台にした洋画〔モロッコ〕や〔望郷〕を観て、なぜか日本で作られた、退廃的なムードを持ったこの歌に思い入れがあったのです。二木紘三さんの解説にも映画の事が書いてあり、ゲーリー・クーパー〔モロッコ〕、ジャン・ギャバン〔望郷〕などの名前があり懐かしく拝見しましたheart02

PCの扱いが未熟で大場様、二木様のブログ、をご紹介できません。悪しからずお願いいたしますm(__)m

さてさて今日は何の歌を聞いて休もうかしら・・・note

P1040952_2

| | コメント (2)

しばしの息抜き

定年になった男というのは一人では本当に外出しませんね。我が夫は私と一緒でなければ近所のプール以外は何処にも出かけようとしません。

一応は。カメラ、登山と 外出し易い趣味を持ったこともありましたが、長続きしませんでした。いまは家の中で木彫りの人形を気の向くままに作っているのでよけい外出することはないのです。

が今日はどういう風の吹き回しか、元同僚の家に遊びに出かけました。たかだか4、5時間夫が留守というだけでなんと言う開放感!

お昼のしたくをしなくていいのですが、考えてみると夫が居ないと食事がいいかげんになります。健康によくありません。健康で居る為にはやっぱり夫に居てもらう方が身のためのような気がします。

P1050041

| | コメント (0)

一方的な人

お付き合いしたくないタイプに話題の一方的な人。画友の一人であるKさんから時々電話を受けたりするのですが、彼女自分の話しかしないのです。電話をかけてくるのですから話したい事があるのは判ります。でも此方に関心のない話題を一方的に40分も聞かなければならない身になってほしいものです。しかも話題を振っておきながら、私がそのことについて話している途中で自分でしゃべり出すというパターンです。私の話は宙に浮いてしまいます。最初のうちは我慢をしていましたが、そういう無神経なことをするので私も話の途中で、(あ、誰かきたみたい)とか、(煮物の途中なのよ)とかいっていましたがまるで通じません。自分が閑だと電話をあちこちかけている様なのです。(○○さん、最近お逢いしてもあまり話をしないのよねぇ。。。)というようなことも言っていますので愛想尽かしされたのでしょう。とうとう(あの、ちょっと忙しいんだけど、要件だけにしてくれる?)ということを2回ほどいいました。最近電話はありませんね。happy01

116_1698

| | コメント (0)

顔の美醜

4時過ぎのTBSラジオを途中から聴いていましたが、顔の美醜についての話題でした。今回秋葉原で殺傷事件を起こした犯人が、どうやら自分の顔に著しく劣等感を持っていたらしいというので、そのことをリスナーの意見を交えて話題にしていました。よほどのへそ曲がりでない限りそりゃ美しい顔、可愛い顔がいいに決まってます。では美しくない、可愛くない顔の人はすべからく不幸?そんなことはありません。

私事ですが、私、はっきりいって姉妹一不細工でした。coldsweats01扁平な顔 細目 低い鼻 さてどうしたものか・・・もうメークとファッションしか手はありません。それと、読書と話題を豊富に持って顔から他人の目をなるべく逸らす手段bleah。努力の甲斐あってこれは腕をあげ、劣等感も持たずに普通の青春時代を過ごしました。当時は整形などということはなく自前の顔を生かすしかありませんでしたもの。

しかし男でも器量の良し悪しを気にする時代になったんですねぇ。。。こういう時代やっぱり変ですよ。

P1040999

| | コメント (0)

方言のこと

先日の岩手、宮城内陸地震にはおどろきました。遠く離れた関東の我が家でも震度3という揺れでしたので、被害地は想像を絶するゆれ方だった事はテレビの映像を見ても判ります。災害に遭われた方はほんとうにお気の毒です。

各マスコミの人たちが現地に出向き当地の方々にいろいろ話を聞いている映像が流れて、その受け答えを聞いているうちふと気がついたのですが、過っての明白な東北弁があまり聞かれなくなったということです。岩手といえばむかしはかなりの強い訛りがあったはず。それが年配の方でも標準語に近い言葉で話しています。昔は他県の人間にはほとんど聞き取れないほどの訛りがあった様な気がします。これはおおかたがテレビの影響でしょう。

そして各地の言葉が平均的になってしまい、いつかは方言というものがなくなってしまうのでしょう。これもつまらないはなしですね。。。

112_1276

| | コメント (4)

ほんとに変われるの!?

地元の小さな絵画団体に誘われました。きっぱりお断り!なぜかというと、以前会員同士でしょっちゅうトラブルを起こした挙句とうとう解散してしまったメンバーがほぼ同じ顔ぶれで再開するというのです。だだ前会長を首にしただけのこと。気に入らないのはさらに独裁的な人間がその後釜になるというのです。たしかに以前よりは統率力がある人間には違いないのですが、これがかなりのしたたかもの。以前のトラブルにも必ずといっていいほどこの人物がかかわっていたのを私はよく知っていたのですが、なかには知らない人も居るし、知っていたとしても仲間はずれにされたくはないと思う人も居るのでしょう。

でも私はゴメンです!どうせまた上に立った当人が会員の悪口を(ここだけの話だけど・・・)といって一人ひとりをあげつらうに決まってます。何十年とそうだったんだから・・・。(貴女に断られるとは思わなかった!)と嫌味たっぷりに言われました。わざわざ摩擦をおこすようなことも言いたくはなかったので、脚が思うようではないのでみなについていけそうもないという理由にしました。脚が不自由になったことを口実としてフルに活用し、人に関わらない自由をむざむざ捨てることのないよう気をつけています。bleah

114_1491_2 

| | コメント (0)

心貧しきもの・・・

よく考えると(普段よく考えてない証拠)我が夫は平均点より少し上かもしれません。のっけからいい年をしてのろけかい!と思われるかも知れませんが、このブログなんだか人の悪口と不満だけ書いているような気がしますので日頃悪口ばかり言っている夫をちょっっと素直な気持で書きましょう。

結婚して40年間よくある(女性問題)をおこしません。私が気がつかないか、夫が巧妙かという事もありましょうが一応なかったということにしましょう^^

私が健康だった間はよく旅行へ連れて行きました。定年退職後はあまり動けない(足が不自由です)私に代わって寝具干してくれたり、洗濯物を干してくれます。夕食のあとかたづけ。自分の健康管理。陽気な性格。いかが?もしかしたら100点満点中90点は上げられると思いません^^これで私が不満なんぞ持つわけがないと思うでしょう。ところがデス。これを毎日してもらっていると、そうすることが当然と思ってしまうんですね。些細なことで喧嘩を売るような態度をとってしまったりするんですpout(もうなんにもしてやるもんか!)と夫がへそを曲げたら自分が困るということを考えないのです。

書き出してみると夫のいい面があらためてはっきりするものですね。自分の至らなさもはっきりします。

しかしやっぱり悪口の方がいきいき書けます。私やっぱりかなりの性悪ババァcoldsweats01

P1040892

| | コメント (0)

困惑

先日スーパーで買い物中ご近所の方とお逢いしちょっと会話を交わしました。(まだ絵を描いていらっしゃるんですか?)ええ、というと(沢山あるでしょう。捨てるようなものでいいから一枚くださいよ~^^)とおっしゃったので(よくないものは全部つぶしちゃうんですよ^^)とやんわりお答えし会話を日常の事柄に切り替えました。

絵を描いていらっしゃる方は判ると思いますが、自身がまあまあいいかな?と思う出来具合でない限り門外から描いた絵を出すということはありません。展覧会や作品展は、期日に迫られてやむを得ず納得いかないものを出品することはあっても、たとへ微々たるものでも金銭でも頂くとなると誠心誠意をこめて描きます。でもスーパーでお逢いした奥さん、もしかして(貴方の下手な絵を貰ってやる)感覚ではなかったでしょうか。私が喜ぶとでも!?

この類の話を絵仲間から時々聞きます。

P1040902_3 

(所要時間   15分)

| | コメント (0)

今が一番幸せなわけ

すっかり老人になってしまい、おまけに身障者の私が今が一番気分よく過ごせているというと強がりにしか聞こえないと思います。でもそれは本当。

身体が不自由になってしまったため苦手だった人付き合いをしなくて済むようになった。社交術に長けている方はなんでもないことでしょうが、生来一人の方が性にあっているのでいい口実が出来たことぐらいにおもい、今までの複雑な人間関係から無理なく卒業できましたhappy01いまはただ、少数の気のあった友人、ご近所のオバちゃん達との優しい交流だけでじゅうぶんに満足しています。けっして偏屈バァサンになったわけではなく、身の丈にあった交流が出来ていると思っています。

日がな好きな絵を描き、本を読み、短歌を作り、週一回の温泉とマッサージ。気が向けば好きな所へドライブまたは小旅行。これだけあればじゅうぶん幸せに生きている気がします。

捨てたものは沢山ありますが、今思うとどれも不必要なもの、不必要な人間関係人だったと思います。

○ 真実に生きんとすれば捨て去りしことの多かり不要なるもの

114_1454 

| | コメント (0)

足の爪が自分で切れない

股関節脱臼の共通した悩みは病気が進行してくると足の爪が自分で切りにくくなります。

最近はとうとう夫の手を借りなければならなくなり、初めから右足全部をお願いするのも気が引けるので、出来る限りを何とか自分できり、小指とその隣(手だと薬指)はどうしても切る事が出来なくて夫にお願いしました。と後期高齢者の我が夫、これが役にたちませんbearing老眼をかけても小さな小指のさらにちいさい爪が見えないのです。自分の爪は難なく切っているというのに長年共にした老妻の爪が切れないのです。

たった2つの爪を切るのになんと時間の要すること。。。我が家の老老介護の話でした。happy01

たった今むくむくと思い出したこと。

まだ高校生の頃の話です。体育の時間柔軟体操をしたときに私、一見健康体に見えたのですが先天性股関節症があったので体が柔軟ではなかったのです。自分でも当時は重大な病気が潜んでいるとは思っていませんでしたから、他の生徒は身体をぺたりと前に倒せたのに私はそれが出来ないのは単に体が硬いせいだと。。。先生が私の背中を押すのですがどうしても曲がらない。体育大を卒業したばかりの若い女の先生は私がふざけていると思って怒りました。私はそう生意気な生徒ではなかったのですが反抗的と思ったのでしょう、いまでいう(シカト)されてしまいました。今の時代だったら何らかの手立てがあったかもしれないのですが、私は体育が苦手、若い先生は反抗的な生徒は無視。もちろん体育の科目は若い先生の感情も含まれて最低の点数で終わりました。なんと苦々しい思い出punch

113_1314

シャクナゲ(5月撮影)

| | コメント (0)

元の鞘は時間の問題?

ご近所で高齢になってから離婚されたご夫婦がいらっしゃいます。原因はど主人の飲酒と家庭を顧みない性格。奥様が我慢に我慢をされた挙句やっと決心されたのが60半ばになったと言うわけです。

お二人の間には愛犬〔シーズー5歳〕がいて、奥様と愛犬はそのまま家にとどまり、ご主人は家を出てマンション暮らし。が、このマンションも今までの家の近くに奥様が探し、元夫が暮らし易いよう手はずを整えてやったそうです。

大方のワンちゃんがそうであるように愛犬はお散歩が無上の楽しみ。でも奥様は体調不良で愛犬の散歩がままならないときもあります。そういう場合はもとご主人のお出ましsmile嬉々として元奥様に代わり愛犬を散歩させています。

愛犬が繋ぐ元夫婦の絆。note

Img_2193

| | コメント (0)

新米さん?

末席にしろ絵画団体に属していると、展覧会中や終わった直後は美術雑誌社からおびただしい電話があります。

多いときには日に3度毎日のようにかかってくるので、お断りの電話も慣れたもの。慣れていないのは向こう様です。今日は若い女性からの電話で〔もしもし○○先生ですか?〕因みに昨日入団したばかりでも〔先生〕ですbleah

〔△□社の○○ともうしますぅ~。先生展覧会の絵拝見しましたぁ~。絵素晴らしかったですう~!

ここまではだいたい同じです。そしてこの後も黙っていれば5分は上手くもない絵を長々とお世辞100%の無意味なしゃべり。今では私、〔あ、雑誌掲載の話ならお断りですよ。〕相手も商売ですからこれで引き下がるようでは話になりません。なぜですか?と言いますので〔展覧会で恥を掻いて、その上恥の上塗りなどしたくないですから・・・。〕とこれは常套句。

が、今日の女性、口は達者のようですが、〔電話の用件だけを手短におっしゃって!〕といっているのに〔用件は・・・お話をお聞きしたいだけなんですぅ~ふふふ〕ときました。そして〔どういうお気持で裸婦を描かれるのか。他のものも描くか。展覧会は年何回出品するか〕と矢継ぎ早に聞くものですから〔此方も今忙しくて要件のないあなたのお相手をしていられないんですよ。掲載の話でなくてなんなんです!?〕〔いいえ、掲載の話ではありません〕〔では展覧会?〕〔いいえ、違います。〕〔???〕〔ただお話を・・・〕〔ごめんなさい、失礼しますよ!〕

思うに〔掲載お断り〕と先手をうたれ、〔違います〕と言ってしまって話のきっかけをつかめなくなったんだと思いますhappy01新米さんだったんですね。

P1040836

| | コメント (0)

よく出来ました!

夫が自分の買い物をしている間、脚の悪い私は付き合いきれないので、レストランで待つことにしています。一人コーヒーを飲んでいると、いきなり後ろから椅子がどん!さいわいコーヒーカップは下においてあったのでコーヒーをこぼさずにすみました。

後ろのテーブルに座っていた若いお嬢さん方が食事を終えて立ち上がる際、私の真後ろに座った方が私がいるのに気がつかず、思い切りご自分の椅子をずらしたんですね。

〔あー!びっくりした!!〕・・・言ったのは私ではありません。立ち上がる際椅子をずらして私の座っている椅子にぶつけた本人が言ったのです。4人の若い人はなにやらさんざめきながら行きかけましたが、椅子をぶつけた方がふと振り向いて〔すみません〕と一言。

ほっとしました。かろうじて礼儀を保ったのですね。そのまま行かれたら・・・オバサン承知しませんからね!!

110_1017

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »