« 元の鞘は時間の問題? | トップページ | 今が一番幸せなわけ »

足の爪が自分で切れない

股関節脱臼の共通した悩みは病気が進行してくると足の爪が自分で切りにくくなります。

最近はとうとう夫の手を借りなければならなくなり、初めから右足全部をお願いするのも気が引けるので、出来る限りを何とか自分できり、小指とその隣(手だと薬指)はどうしても切る事が出来なくて夫にお願いしました。と後期高齢者の我が夫、これが役にたちませんbearing老眼をかけても小さな小指のさらにちいさい爪が見えないのです。自分の爪は難なく切っているというのに長年共にした老妻の爪が切れないのです。

たった2つの爪を切るのになんと時間の要すること。。。我が家の老老介護の話でした。happy01

たった今むくむくと思い出したこと。

まだ高校生の頃の話です。体育の時間柔軟体操をしたときに私、一見健康体に見えたのですが先天性股関節症があったので体が柔軟ではなかったのです。自分でも当時は重大な病気が潜んでいるとは思っていませんでしたから、他の生徒は身体をぺたりと前に倒せたのに私はそれが出来ないのは単に体が硬いせいだと。。。先生が私の背中を押すのですがどうしても曲がらない。体育大を卒業したばかりの若い女の先生は私がふざけていると思って怒りました。私はそう生意気な生徒ではなかったのですが反抗的と思ったのでしょう、いまでいう(シカト)されてしまいました。今の時代だったら何らかの手立てがあったかもしれないのですが、私は体育が苦手、若い先生は反抗的な生徒は無視。もちろん体育の科目は若い先生の感情も含まれて最低の点数で終わりました。なんと苦々しい思い出punch

113_1314

シャクナゲ(5月撮影)

|

« 元の鞘は時間の問題? | トップページ | 今が一番幸せなわけ »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 元の鞘は時間の問題? | トップページ | 今が一番幸せなわけ »