« ほんとに変われるの!? | トップページ | 顔の美醜 »

方言のこと

先日の岩手、宮城内陸地震にはおどろきました。遠く離れた関東の我が家でも震度3という揺れでしたので、被害地は想像を絶するゆれ方だった事はテレビの映像を見ても判ります。災害に遭われた方はほんとうにお気の毒です。

各マスコミの人たちが現地に出向き当地の方々にいろいろ話を聞いている映像が流れて、その受け答えを聞いているうちふと気がついたのですが、過っての明白な東北弁があまり聞かれなくなったということです。岩手といえばむかしはかなりの強い訛りがあったはず。それが年配の方でも標準語に近い言葉で話しています。昔は他県の人間にはほとんど聞き取れないほどの訛りがあった様な気がします。これはおおかたがテレビの影響でしょう。

そして各地の言葉が平均的になってしまい、いつかは方言というものがなくなってしまうのでしょう。これもつまらないはなしですね。。。

112_1276

|

« ほんとに変われるの!? | トップページ | 顔の美醜 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

 「方言」。現地でさえ、お国言葉を使わなくなっている現状、とても寂しいです。
 これは個人的なことなのですが。私はだいぶ昔に山形から、地元の高校卒業と同時に神奈川の現在地に就職してきました。当時は、電話でも何でもズーズー弁丸出しです。するとある時取引先の社長から、私の当時の社長に「オタクでは、朝鮮人でも雇ってんのか。さつき電話に出た若い衆の話、何言ってんのかさっぱり分かんなかったぞ」というクレームの電話が入ったそうです。直後に社長から「東北弁を標準語に改めるように」と、厳重注意を受けました。
 以後苦労して。その甲斐あって今では、たいがいの人に通じる標準語を身につけましたが。今度は、故郷のズーズー弁が話せなくなりました。 悲しいことです。

投稿: 大場光太郎 | 2008年6月25日 (水) 16時34分

大場様
ようこそおいでくださいました。
私の故郷は青森です。やはり方言にはたいへん苦労をしました。昔は方言に対して今よりもあからさまでしたからね。女の子でしたから(昔はデス^^)笑われるのが嫌でなるべく口を開きたくないと思いましたが、東京生まれの夫が東北弁に興味を持ちまして、ついでに結婚し、標準語の先生を無料でで務めさせ今に至っています^^

方言が貧しくなりつつありますね。すでに私が子供の頃使っていた言葉が今の若い東北人は知りません。
方言を守る会のようなものもありますが、もう手遅れのような気がしないでもありません。
こう言う私も去年故郷へ帰りましたが、ふるさとの言葉がスムーズに出ませんでした(>_<)

投稿: おキヨ | 2008年6月25日 (水) 22時17分

私は鹿児島出身(青森とイントネーションが似たところもありますね)で、子供のころは、学校で方言を使うと「罰当番」を食ったものです。他郷で出身地がばれることは無いのですが、「柿」と「牡蠣」、「酒」と「鮭」を逆に言って笑われたことがあります。今は夫の故郷、島根県松江にいますが、「出雲弁保存会」がTVで普及に努めております。やはりここでも若い人は方言を使わない傾向にありますね。

投稿: Bianca | 2008年7月 6日 (日) 17時30分

Bianca様ようこそ。
コメント有難うございます。
そうです!私もです。
青森は東北でも特に訛りが強く、イントネーションを修正することは至難の業でしたが学校では正しい言葉を使いなさいと。。。
今では標準語がテレビで家庭に入り込んでいますから
子供達はなんなく標準語がマスターできていますね。姉妹の子供達と電話での会話はほぼ標準語に近いです方言には、標準語にはない表現豊かなことばがいっぱいあるのに残念なことです。

私はいまだに夫に注意されるのは(雲)と(蜘蛛)(橋)と(箸)です^^ゞ

投稿: おキヨ | 2008年7月 6日 (日) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ほんとに変われるの!? | トップページ | 顔の美醜 »