« 何しにきたの? | トップページ | 童顔が増えている? »

懐かしいスター達

○ モンローもマストロヤンニもみな若し旧き映画の輝ける顔

先日、洋画100選をBSでやっっていたのを途中からみました。今は亡きスター達の輝ける時代を感慨深い想いで見ました。若い頃はおじさんおばさんにしか見えなかった、ハンフリーポガードや、キャサリン・ヘップバーンなど今見ると私よりずーっと若く可愛くさえ感じるから不思議です。次々に写し出される名画の数々を見ていて懐かしく感じたと共に、我ながら呆れるほどによく観ていた事にちょっとびっくり。。。お小遣いが全部映画館に費やされていたんですね。映画は中高生時代から見ていたのですから、学生の乏しいお小遣いで足りるわけなどなく思いついたは、街外れから町の中心部にある学校へ通うのにバス通学だったのですが、バスに乗らずに3キロ?ほどの道を歩いて学校へ行きバス代を浮かしたのです。普段、ぼんやりした性格なのに映画にことかけては悪知恵がはたらきました。^_^;

旧い映画の映像が紹介される合間に、当時のことを回想しながら語る往年のスター達の現在の姿のみられました。 ミッキールーニー、カーク ダグラス 、シドニーポワチェなどの懐かしい姿をみられました。

いやぁ~、映画って本当にいいものですね。。。。。。という方もお亡くなりになりましたね。

P1050605

|

« 何しにきたの? | トップページ | 童顔が増えている? »

雑記」カテゴリの記事

コメント

 モンロ-もいいが、オ-ドリ-はそれをしのいでいます。と、これはHikoさん独自の思い・・・・・
 オ-ドリ-・ヘップバ-ン、グレゴリ-・ペック主演の「ロ-マの休日」、何度見た事やら・・・・・
 映画館で、旅先でビデオを借りて、はたまたテレビの洋画劇場、そしてDVD・・・・・・
 何度見ても飽きない名作です。
 オ-ドリ-の魅力は、あの太陽がいっぱいのアランドロンには決して負けていないと思います。
 監督の思惑は、オドリ-の演技力などどうでも良い、彼女の持つ魅力を前面に押し出す、これはアランドロンの「太陽がいっぱい」にも似ています。
 オ-ドリ-の王女役は、まさに、はまり役、これ以上はないと思います。今夜辺り、また見ようかな、ロ-マの休日!
 

投稿: Hikoさん | 2008年8月 8日 (金) 17時56分

hiko様
おっと、そうでした♪
なんといってもオードリー・ヘプバーンですね。(ローマの休日)hikoさんと私どちらが多く観ているでしょうか?オードリーの清楚、可憐 美しさの右に出る女優は出ませんね。
(麗しのサブリナ)で共演したウィリアム・ホールデンはひと目で恋に落ちたとオードリー自身が云ってましたね。その他(男性はみな私の虜になった)と回想録で言ったのを聞いてさもあろうと思いました。世界中の男女を虜にしましたね。

どうぞごゆっくり堪能あそばせ^^

投稿: おキヨ | 2008年8月 9日 (土) 01時37分

オードリーちゃん、確かに美しいですネ、
ボクは、例え昼間オードリーちゃんとデートしても
夕暮れにはサヨナラして、夜はマリリンちゃんと逢いたいでぇ~す・・

投稿: 伊藤 | 2008年8月 9日 (土) 09時04分

伊藤様

云えてます!たしかにオードリーは夜向きではありませんね。
マリリン・モンローの魅力はある程度の年になってからわかりました。やはり聖女だと思います。

投稿: おキヨ | 2008年8月10日 (日) 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何しにきたの? | トップページ | 童顔が増えている? »