« 映画〔白痴〕を観る | トップページ | 過っての面影は? »

無駄な読書?

私が驚きと尊敬を感じる人、それは読んだ本の内容を正確に覚えている人。また詩を暗誦し、誰の作品かを全部おぼえていてスラスラと口にする事が出来る人。

私の学生時代は娯楽というものが少なく、映画と読書が最大の娯楽でした。とりわけ読書は兄や姉の本棚から拝借すればいいだけで、お小遣いが減る心配もなく、手当たりしだい楽しめたものです。おかげで読書癖はいまだに続いていますので、かなりの本を読んでいるはずなのですが・・・これが内容をことごとく忘れてしまうのです。感動を受けた本でさえ聞かれるとあやふやです。そのようですから自分では〔本は読んでいるときが面白ければそれでよい〕とひらきなおっています。根っからインテリジェンスというものをもちあわせていないんですね。ですから多くの本を読んだからといって賢い人間が出来上がる、ということはないということを私が立派に証明できます^_^;

私の友人はほとんど読書の習慣がありませんが、非常に知的な面を持っています。物腰、容貌からしてそんな感じを受けます。これはもう生まれながらに人間に出来が違うと思うより仕方ないですね。。。

P1050532

|

« 映画〔白痴〕を観る | トップページ | 過っての面影は? »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画〔白痴〕を観る | トップページ | 過っての面影は? »