« 幻のコーヒー | トップページ | 読書禁止の芥川賞 »

受賞本を購入

今季芥川賞〔時が滲む朝  楊 逸(ヤン・イー)〕 と直木賞〔切羽へ 井上 荒野〕を町へ出たついでに購入。 今回の芥川賞は中国の作家というので、文壇に新風を巻き起こしているようですが、だからといって物珍しさで読もうというわけではなく、芥川、直木賞は若い頃から必ずといっていいほど読んでいますので惰性で買い続けています。

私は、すべてとはいいませんが賞というものにいささか懐疑的です。そうならざるを得ない状況に居合わせたり、聞いたりしているからです。文壇とて変わりないことをある作家がラジオで声高に話しているのを聞いた事があります。ほとんどが権威のあるものの意見で左右されるとか。。。まぁ読む前にこんなみもふたもないことをいうものではありませんね。

ある時代から、受賞した本と一緒に必ず昔の作家の本も一緒に買います。若い作家の感覚についていけず途中で読むことを断念した本があります、また辟易するほど性描写が生々しい受賞作家もあります。そういうときのため、口直し的に昔の作家の文庫本を買います。今回はまだ読まなかった遠藤周作の〔白い人 ・黄色い人〕と夏目漱石〔硝子戸の中〕を選びました。

P1050600

|

« 幻のコーヒー | トップページ | 読書禁止の芥川賞 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幻のコーヒー | トップページ | 読書禁止の芥川賞 »