« やっぱり気になる | トップページ | まさかの人の訃報 »

地震の話

昨日東北地方に強度の地震があり、私の実家八戸も震度6弱という激震に見舞われました。直ちに実家へ電話したところ棚のものが落ちたり、冷蔵庫のドアが開いたりした以外はたいした被害がないということでまずまず安心。報道では震源地が深かったりゆれ方などの関係で被害が少なかったとか。。。実家の話では〔このへん一体の地盤が岩だから〕というはなしです。

青森南部地方は、壊滅的な地震ではないものの、昔から地震が多かったように思います。私も中学時代、学校で地震に遭い階段の手すりに掴まったまま動けなくなったことがありました。震度がわからなかったのですが、今から思うと昨日の地震と同じくらいの震度ではなかったかと思われます。まだ建って間もない学校の壁が網の目のようにひびが入っていて激しい揺れを物語っていました。また地震による津波が心配な所でもあるのです。家の前は河口なので、小さい津波でも海から逆流した河が浅い岸壁をすぐに乗り越え川べりの家々を水浸しにしたものです。また、私の友人は鎌倉に住んでいましたが、16年前、ご主人の定年と同時に故郷の八戸に帰った翌日激しい地震に見舞われ、ありがたくない歓迎をうけたと嘆いていました。

今回被害が少なかったのは、昔から地震の多い地方なので、対策がしっかりしているせいもあるとの意見もあります。いまひとつは北国の家は頑丈に作られています。いろいろな条件で被害が少なくて済んだのですね。

Img_1589

実家付近

|

« やっぱり気になる | トップページ | まさかの人の訃報 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

おキヨ様
連日の訪問になりますが、悪しからずご了承ください。
津波で思い出したのですが、昭和36年の夏休み、チリ地震の大津波があった翌年ですが、(大学2年の)私が東北地方を旅行した時、岩手県下で津波の被害の話しをずいぶん聞かされたものです。あの時は、八戸も被害に遭ったのですか?
なお、昨日は言葉足らずだったのですが、カメラマン(地名さんと言います)の息子さんがレポートをしていたのは、息子さんが親父の跡を継いだことは知っていて、成長した彼を久しぶりに八戸のテレビ中継で見て懐かしかったということです。
私が親父さんとイカ釣り船に乗り込んだのは、湊町だったか鮫町だったかは覚えていません。念のため、以上です。

投稿: 矢嶋武弘 | 2008年7月25日 (金) 15時31分

矢嶋様
訪問くださって有難うございます。
私は昭和35年にはすでに上京しておりましたのでチリ地震の大津波は直接知りませんが、川〔ブログの映像〕があふれて我が家の前まで水が押し寄せたそうです。ですが八戸は人的被害はありませんでした。被害の大きかったのは岩手の田老町というところです。

そうでしたか。
こういうニュースで思いがけない方の姿を発見というのも奇遇ですね。

投稿: おキヨ | 2008年7月25日 (金) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱり気になる | トップページ | まさかの人の訃報 »