« 深夜も楽し | トップページ | ごみの話 »

もっと厳しい目が必要

日本の若者が世界遺産に落書きをしたという事が報道されていますが、落書きされたイタリア、フィレンツェ側の寛大なこと。さらに日本の報道機関も、殺傷事件やその他の事件よりは厳しさに欠けているような気がしてなりません。世界的な重要文化遺産に落書きの罪は、罰のしてどのあたりに位置づけられるのでしょう。

落書きは、本人が(つい出来心・・・)という安易で幼稚な気持でやるということに問題があると思います。最低、どうしてこの行為はいけないのかという理屈は判らないまでも 、(こういう場所に落書きはイケない)という感覚を持てないということが問題です。理屈はわからないけどそのものに対する畏敬の念。この感性が育たないということに疑問を感じさせられます。落書きをしたのはは大学生ということです。当人の罰はもちろん、大学側、当人の家族がはっきりした形の罰を負うという事にしないとこの手の事件は止むことはないと思います。

お仕置きとか 困った人たち、という表現はなにかピリッとしませんね。これでは落書きした罪人も苦笑し頭を掻く程度で終わるのではないでしょうか。。。

P1050172

この建物も個人的には文化遺産に残したい気持ですがただ朽ち果てる一方のようです。

足尾町にて。。。

|

« 深夜も楽し | トップページ | ごみの話 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 深夜も楽し | トップページ | ごみの話 »