« パトロール・カード | トップページ | 自由ではなかった美術界 »

懐かしの映画

先日BSで放映していた〔ジャイアンツ〕を観ました。この長編映画をすでに2回は見ているので今回で3度目になります。嬉しいことに?物忘れが進んでいるので3度見ても結構楽しめるし、年齢と共に以前観た時とは又違った感覚で観られる面白さがあります。

私はジェイムス・ディーンのデビュー作〔エデンの東〕と次作〔理由なき反抗〕は彼の持ち味を余す所なく引き出されていると思うのですが〔ジャイアンツ〕はそのかぎりではないように思います。むしろミスキャストではないかと。とくに老け役でメークが不自然、名演技と言われたラストシーンもいかにもの演技です。同じパターンではマーロンブランドと ロバート・デ・ニーロ。俳優養成所が同じだから仕方がないとしても、ちょっとマーロン・ブランドを意識したような演技と見えたのは私がマーロンブランドのファンだったせいかもしれません。デ・ニーロはつまらない映画に出演してもあの演技ですからちょっと辟易するところがあるし。

リズ・テーラーは昔の女優らしく、あらためて見ると小柄なんですね。その彼女と並んでもさほど身長が変わらないJ・ディーン小さかったんだ!夫役のロック・ハドソンやはり見てくれだけの俳優でした。

とこれだけの新発見、3度見ても飽きませんでした ^^♪

P1050900_3

|

« パトロール・カード | トップページ | 自由ではなかった美術界 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

イヤー 
なかなか手厳しいですね。
でも、同感ですよ。
私は先日の放映は見ていないので「ジャイアンツ」を見ているのは随分前のことになります。
薄れている印象ですが、確かにジェームス・ディーンの老け役は不自然でしたね。
彼に限ったことでは無いのでしょうが、老け役を演ずるにはメークではなく、年輪を重ねることが不可欠ではないですか?
人間、伊達には年とりませんね。
やはりジェームス・ディーンには「屈折した青春」が一番似合っていましたね。

投稿: 風花爺さん | 2008年8月30日 (土) 07時23分

折り紙つきのジェイムズ・ディーン・ファンですが、私も最近TVで見ました。「エデンの東」「ジャイアンツ」「理由なき反抗」の順に好きです。絵を描く友人は、ジミーは足が短くてカッコ悪いといっていたものです。一説で179cmだが実は173cm。リズは164cm。ロック・ハドソン193cmだとか。私自身は男女とも、身長に拘りません。だって才能溢れるウディ・アレンやサルトルも小男、マーロン・ブランドも大きくないですよね。かれの「波止場」「欲望と言う名の電車」「ラスト・タンゴ・イン・パリ」なんか見ましたが。

投稿: Bianca | 2008年8月30日 (土) 09時26分

http://www.candytower.com/shop/james_dean_1.html

私、↑の11枚の中、4枚持ってますが
商品番号0700がとくにお気に入りです。

店の壁にベタベタ貼って(ワタシだけが)愉しんでおります

投稿: 伊藤 | 2008年8月30日 (土) 10時18分

同感です。24歳の若さでは老け役は無理ですね。
「エデンの東」などのイメージが強かったので、余計にそう感じました。でも、リズ・テーラーはジミーより1歳若いわりには“おばさん”役が似合ってましたね。さすが、女性は年齢を偽るのが上手! 完全に年上かと思っていました。
ジミーは小柄なので、ロック・ハドソンに比べると貧相な感じがして、中学時代に見た時は少しガッカリしました。でも、若い「ひねくれ者」のジェットを演じている時は、全くハマっていましたね。
ジミーの遺作ということで、印象に残っている面が強いと思います。

投稿: 矢嶋武弘 | 2008年8月30日 (土) 12時10分

風花爺さん様
うっかりすると生来の意地悪な性分がでます。
昔はメークの技術も今のようではなかったですからあの時代は仕方がなかったかもしれませんね。当時は私だって納得して観たんですから。。。
ならいっそ青年期と老年期の俳優を別にしたらとも思うのですがそれは出来ない相談でしたでしょうね。なんたって人気絶頂期のJ・ディーンで押し切りたかったでしょうから。

ホントは私今でもJ.ディーンを好きです。わが青春のスターですもの。

投稿: おキヨ | 2008年8月30日 (土) 12時34分

Bianca様
これはこれは!百叩きの刑にあっても文句が言えないことを書いてしまいました。^_^;
高校時代、〔エデンの東〕〔理由なき反抗〕を乏しいお小遣いをやりくりして数回観たことに免じてお許しを。。。
でもあの幼児体型がまたなんとも女心をくすぐったのは間違いありません。それだけに〔ジャイアンツは〕の老け役は違和感が、あ、又云っちゃった!

私も男性の身長は何の問題もないないです。ダスティン・ホフマンなどもっと小さいですからね。
〔シエーン〕のアラン・ラッドは身長にコンプレックスを持っていて、一説にはそれが元で自殺未遂をおこしたとか何かで読みました。

名優と言われる俳優はあまり大きくないですよね。
私もM・ブランドの映画はだいたい観ています^^


投稿: おキヨ | 2008年8月30日 (土) 12時52分

伊藤様

不本意ながらジミーについて批判がましいことを書いてしまいました。が私、UPした映像の他、ブロマイドや雑誌の切抜きが探せば何処からか出てくるはず。何を隠そう伊藤様に負けず劣らずのジミーマニアなのです^^私も送っていただいた映像の中に2枚ほど同じものを持っております。

UPした写真だけは永遠に私の部屋に額入りで存在しています♪


投稿: おキヨ | 2008年8月30日 (土) 13時10分

矢嶋様

そう思われましたでしょ。今のメークの技術と比較するからとも思いますが、ジミーはもともと童顔、幼児体型ですので、老け役はかなり無理がありました。

エリザベス、テーラーの老け役はよかったですね。老け役になって品をました感じがしました。

ジミーファンの私は当時〔ジャイアンツ〕を観て〔なんでバ○でかい、ロック・ハドソンが共演者に!?・・・〕
小柄なジミーに配慮が欲しかったと思いました。

他の2作ははまり役でしたね。

投稿: おキヨ | 2008年8月30日 (土) 13時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パトロール・カード | トップページ | 自由ではなかった美術界 »