« 足尾散策続き | トップページ | 拙筆の悲哀 »

筋肉の衰え

筋肉の衰えがいよいよ末端にも来ています。左手の中指と薬指が2,3日前から痛いのでリュウマチにでもなったかと心配でしたが、どうやらペィンティングナイフを握って数時間キャンバスを削ったことによる痛みと判りました。高齢になると絵の力が落ちるとよく言われますが、作品の力量より先に正真正、腕、指の力が落ちるとは。。。なぜ左手かというと実は左利きなのです。子供の頃厳しく直された、箸を持つ、字を書く以外は今でも左を使う方が自然です。削りは描くと同様一つの技法なのでコレができないと困ることになります。仕方が無い、奥の手(夫の手)を使いましょうか。これが高齢の割にはバ○力を発揮するのでうっかり目を離しようものならキャンバスに穴を開けられる恐れがあります。付っきりでスパルタ式指導が必要になります。

ついでながら私の特技を紹介します。左で右手同様の字が書けます。いわゆる(鏡文字)というものです。これが不思議なことに字体が右手とほぼ同じなのですね。当然ながら、本来左手で字を書く人間が無理に右手に直された私の字、天晴れな拙筆です。

P1050678_2 

|

« 足尾散策続き | トップページ | 拙筆の悲哀 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

 左利きの人は器用と言います。
 じつは、その私もある時は左利きになることが有ります。いえ、器用とは言いませんが・・・
 タオルを絞るとき、弓を引く時、リコダ-(縦笛)の手のもっていきよう・・・等です。
 仕事柄、鋏を左手で使う場合もあります。鋏の場合は、かしめ方が違うので、少し要領を要しますが・・・・・

投稿: Hikoさん | 2008年8月 4日 (月) 01時32分

Hikoさん様

左利きは器用とよくいいますが、それは両方の手を操る事が出来るからでしょうね。人によるでしょうが私の場合、鏡文字が書ける以外は非常に不器用です^_^;
左利きが如実に判るのはタオルを絞ることですね。
私はお手玉、おはじき マリつき お掃除一般・・・
遊びごとは直されませんでしたので^^

鋏は左利き専用でないとむりではないでしょうか。。。

 

投稿: おキヨ | 2008年8月 4日 (月) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 足尾散策続き | トップページ | 拙筆の悲哀 »