« ど素人 | トップページ | 当ブログについて »

謙虚ということ

昨日の記事に関連した、田舎侍とは打って変わった話。

以前、今の画壇で素晴らしい才能を発揮しているS画家の個展を銀座高島屋の6階(だったかしら・・・?)にある美術館へ観に行ったときのことです。私は絵画研究所の帰りでしたので閉館すれすれに駆け込みました。観客は私のほかに2人ばかり。。。画家自身が受付の場所に座っていましたが、観ている私の側に近づいてきて(絵を描かれる方ですか?)と尋ねたのでした。私はこの、飛ぶ鳥を落とす勢いの画家にそう聞かれ、一瞬答えに窮しました。私としてはこの人気画家の前で絵を描いてますなどととてもおこがましくて云いたくなかったのですが(ええ、少し・・・)と答えてしまいました。するとS先生は作品のある箇所を指差して(此処はこれでよかったのかどうか・・・まだすっきりしないんですよ)というではありませんか。ほんとうに驚きました。S先生はダイナミックな絵を描く方なので、私はイメージ的に豪放磊落な方と想像していましたがまるで違いました。物静かで繊細な(これでいいのかどうか・・・)と言われたときなどむしろ気弱さを漂わしていたようにおもいました。(実るほど頭を垂れる・・・)とよくいいますが、S先生のこの謙虚さには心から感動したものです。

121_2178_2 

|

« ど素人 | トップページ | 当ブログについて »

絵画」カテゴリの記事

コメント

常に精進する人って、そんなもんなんでしょうかねぇ・・

そうそう、あのブルースの女王といわれた「淡谷のり子」も云うてましたワ、「ワタシは日々歌いつづける中で、あぁ今日こそは上手く歌えた・と思った日は
一日たりともなかった・・」

ボクら凡人はこんな言葉を聞くと、脱帽するしかないですよ。

投稿: 伊藤 | 2008年8月23日 (土) 02時47分

伊藤様

作品に関係なく超然とした方の多いなか、S先生には驚かされました。そんなもんなんですねぇ。。。
淡谷のり子の(上手く歌えたと思った日は一日たりともなかった)
築き上げたその位置でいう言葉は真実でしょう。大成した人の精神はみな同じですね。

投稿: おキヨ | 2008年8月23日 (土) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ど素人 | トップページ | 当ブログについて »