« 作法の行き過ぎ | トップページ | ブログ記事の間違い »

プロ意識がない!

日曜日デッサン会がありました。デッサン会にはモデル紹介所に依頼してプロのモデルさんに来てもらうのですが、どうも最近指定の時間までに到着しないモデルさんが多くなったような気がします。ですから以前はしなかった確認の電話を当日の朝わざわざモデルさん当人に〔今日は宜しくお願いしますよ。時間まで必ず入ってくださいね〕とお願いするわけです。だがこの日も30分遅れ。。。理由はうっかり電車を間違えてしまったとのこと。間違いは誰にでもあること。そこを攻めるつもりは毛頭在りませんがプロならなぜ30分の余裕をもって電車に乗らないかといいたいのです。大事な約束のとき時間を守りたいと思ったら余裕を持って出かけるのが普通だと思ったのですが今は違う?アクシデントがあったときは謝れば済むでいいのでしょうか。。。時間に余裕を持って出かければなんでもないことですがわずかの時間が惜しく多くの人を待たせることに慣れっこになっているようです。若い人に寛大になろうと努めるのですが、この時間にルーズなのは我慢なりません。過っては当然だった時間厳守が最近守られなくなったのでついつい厳しいことを書いてしまいました。厳しいかなぁ?P1060274

所要時間 15分

|

« 作法の行き過ぎ | トップページ | ブログ記事の間違い »

絵画」カテゴリの記事

コメント

そのモデル、プロではないようですね~
プロと名が付くもの、決して弱みを見せないはず。
最初から、あやまっていては既に後手に回ってしまっています。プロたるものそんなに甘い物では有りません!
モデル料は頂くわけにはいきませんね!
そのモデル、腰の辺りに下着の紐(ゴム)跡が有ったりして・・・ 最悪!

投稿: Hikoさん | 2008年9月30日 (火) 08時31分

Hikoさん様
それが彼女一人ではないんです。一人が初めて遅刻しても毎回モデルが変わるわけですので、此方としては数回になる場合もあるのです。

昔はめったになかった事が最近増えたということは・・・やっぱり意識の問題ですよね。各自〔たった一回のミスで・・・〕と思っているはずです。

投稿: おキヨ | 2008年9月30日 (火) 12時16分

おキヨ様。。。
時間にル-ズであることが
ある不幸な出来事を呼んだ事が
ありました。
もう記憶にないかと思いますが
神戸の高塚高校の事故です。
時間を守ると言う事は最低限の
マナ-です。
そしてそれを守れない事が当たり前に
なり…それを守らそうとした者が罪に
問われる事になりました。
正しい正しくないではなく。。。
お互いに気配りのある生活をすべきで
それが忘れられた結果が悲しみを生む
事になったなァと思い出します。

投稿: sunday | 2008年10月 1日 (水) 16時51分

Sunday様
そうですか。社会的な事件だったんですか?

正しい行為のほうが非難されるということが時によって起こる場合がありますね。状況によって心情的に間違いをおかしたほうに同情が集まるとか。。。

私の場合も電車を間違えた若い方に〔そういうことってあるのよねぇ〕といいたいのですが。いいたいのは30分の余裕をみてほしいということなんです。
ほんとうに難しいです。

投稿: おキヨ | 2008年10月 2日 (木) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作法の行き過ぎ | トップページ | ブログ記事の間違い »