« 映画〔雨に唄へば〕を観る | トップページ | 味のあるやきもの »

最初の記憶

昔からの奇妙な癖に、自分の存在を初めて意識した記憶をさかのぼって考えるということがあります。最初は3,4歳の頃をきわめてはっきりと思い出すことが出来たのですが、そのうちいや、もっと先があるはずと考えているうち、2歳ごろではなかったかと思われる頃まで思い出す事が出来ました。

私は日当たりのよい居間で虫の羽音で目が覚めました。たぶん蝿の羽音ではなかったかと思います。そのかすかな羽音がとても心地よかった。突然一人が心細く、起き上がって明るい部屋から暗いひんやりした方へ向かいました。母が背を向けて何かをしています。母のすぐ近くへ寄った筈なのに母の顔を思い出せない。思い出すのは自分が着ていた黄色いワンピースです。胸のポケットに赤い南天の実のようなボタンをはっきりと覚えているのですがそれ以外の記憶はありません。長じて黄色いワンピースのことを聞いてみたら2歳の頃のものだと母がいいました。

母親の産道を通りってこの世に生まれ、産湯の盥のふちの光を覚えているという記憶を持つ三島由紀夫とは2年も遅れていますが、何とかこの先はないものかといくら記憶をたどってもこれが限度です。皆さんはどの年齢までさかのぼる事が出来るでしょうか。とりとめのない話題でした。

Img_2602

|

« 映画〔雨に唄へば〕を観る | トップページ | 味のあるやきもの »

雑記」カテゴリの記事

コメント

おキヨさんの記憶に対しての思いもちょっと不思議ですが、私は、なぜ自分が存在するか?と言う事を時々考えます。生まれたときの記憶はありませんが、この世から消え去る時、また消えてしまった後?
なんとも不思議です。
それにしても長いと感じる人生も、一滴の水滴が、熱せられたフライパンに落ちるが如く、一瞬の出来事の様でも有ります。
きのうの歌ブログのお知らせ有難う御座いました。
あわてて見に行きましたが・・・・happy01

投稿: Hikoさん | 2008年9月19日 (金) 05時38分

2歳ぐらいの記憶にさかのぼれるというのは、大したものです。
僕はやはり4歳程度ですね。3歳半の頃の米軍による空襲(名古屋)は覚えていません。4歳の頃か、屋根からレンガ(?)が落ちてきて額を直撃、出血して痛かったことははっきり覚えています。よほど痛かったのでしょう。
必死に思い出せば、もっと前のことも覚えているかもしれませんが、もっか4歳程度が限界のようです。

投稿: 矢嶋武弘 | 2008年9月19日 (金) 07時23分

Hikoさん様
人は何かしているときでもいろんなことを考えながら時を過ごしますね。私はこの世を意識した最初は蝿の羽音で今のところ間違いないようです。 平凡な私の生涯が暗示されているようでしょう^^
〔一滴の水滴が熱せられたフライパンに落ちるが如く一瞬のできごと・・・〕この言葉まさにその通りと実感できる年齢に来てしまいました。思うことが淡々となって私自身老いることにはそう悲観的ではないんです。身にしみてわかる事が若い頃より多いですし。。。

いいえ、こうしてお仲間に組み込まれていることは嬉しいですね。


投稿: おキヨ | 2008年9月19日 (金) 11時46分

矢嶋様
この記憶はあるいは他の情報がはいるとか夢とかいろいろ複雑なもので正しいかどうかは実の所確信がありません。記憶とはそんな事が多いと思います。でも虫の羽音〔蝿?〕で目覚めた記憶に固執してしまいます。そのときのワンピースの色も妙にはっきり覚えていますのでそれが後に聞くと2歳のときだったとか。。。

この世で最初の記憶は頭を直撃したレンガ!これほど痛くてはっきりした記憶はありませんね^^
完全に世に目覚めたわけで後の矢嶋様の鋭い感覚を暗示していると思います。

投稿: おキヨ | 2008年9月19日 (金) 12時04分

おキヨ様。。。
今日は雨ですか?
神戸は雨がほんの1滴かと思うほどでした。
2歳の記憶を思い出すとは素晴らしいですねぇ。
前世を思い出す人が居るのですから思い出せて
普通なのかも知れませんが次々忘れなければ
次の事が入らないからでしょうかね。。。?
私はある時ふっとそれまですっかり忘れていた3歳の
頃の事を目の前の事であるかのように思い出したことが
あります。
母の実家で大やけどをした時の事です。
その時の母の声まではっきり思い出し
愕然としました。
そして…母が注意したにも関わらず私が
沸き立った五右衛門ブロに入ってやけどしたのだと
知りました。

投稿: sunday | 2008年9月19日 (金) 19時27分

Sunday様
私のところは今のところ静かですが予報では深夜にひどくなるようです。台風の影響でしょう、ここ何日か天気が悪いですねぇ。

私が着ていたもので判断しているのですから母の記憶違いでなければやっぱり2歳ということになります。人によって最初の記憶は様々らしいですね^^

まぁ!突然思い出したのは怖い出来事を忘れていたかったのではないですか。
私の妹が川に流されたときのことを私が話すまで思い出さなかったのですが、私が話したことで鮮やかに思い出しました。彼女が2歳のときです。泣きも暴れもしないでゆっくり流されていきましたが、見ていた男性に助けられました。あまりに強烈な思い出は自ら封印するらしいですね。Sundayさんの過去の記憶はたいへん怖くて痛い記憶になりますね。

投稿: おキヨ | 2008年9月19日 (金) 23時36分

おキヨ様、芸術家に特有の感覚の鋭さでしょうか。2歳とはおどろきですね!
私は火傷をしたこと(今も膝に跡が残ってます)とか、街でおいしいアイスクリームを食べたこととか、映画「子鹿物語」を見たこととかを覚えていますが、多分4歳から後でしょう。

投稿: Bianca | 2008年9月20日 (土) 10時52分

Biaca様
芸術家とは身に余るお言葉!私は掃いて捨てるほどいる画壇底辺でウロウロしている人間ですが。。。^_^;
我が家の家系?妹も2歳で川に流されたこと、裸にされ、他所のおばちゃんの肌で温めてもらったことを私より鮮やかに覚えています。

それより、4歳で〔小鹿物語〕をご覧になった記憶の方が凄くありませんか!
ず~ッと生きてきているのに記憶の断片って不思議です。私だって怪我もしただろうにその記憶はまるでありません^^

投稿: おキヨ | 2008年9月20日 (土) 12時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画〔雨に唄へば〕を観る | トップページ | 味のあるやきもの »