« ドクターハラスメント | トップページ | 私のお宝 »

惹かれる言葉

〔山頭火のぐうたら日記〕を読んでいたら惹かれる言葉を見つけました。

〔自ら徹し得たと思う人があるなれば、その人は未だ徹していない人である。人間の心はそこのない穴である。一尺掘っても水は湧く。しかし掘っても掘っても掘りきれるものではない〕

ごく最近では桑田真澄氏が現役を引退するとき〔悔いが残る〕といいました。〔悔いがない〕というのは誰でもいいますが桑田さんの〔悔いが残る〕はふと山頭火のこの言葉をおもいました。

日本画家の最高峰である奥村吐牛は100歳過ぎてからだの自由が利かなくなったことを嘆いて涙ながらに〔これからだというのに。。。〕といいました。山頭火のこの言葉は昔テレビで観た奥村吐牛の様子を思い出します。

P1050612_2 

|

« ドクターハラスメント | トップページ | 私のお宝 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

 知力と体力・・・・・
 若いときには体力は有り余るほど有りますが、知力がまだ伴わない事が多いです。
 知力がようやく備わった頃には、体力が伴わない。
人生200年位あれば少しはやりたい事もうまく行くかも知れませんね coldsweats01
 それも、それが普通になるとまた慾が出る・・・・

投稿: Hikoさん | 2008年9月25日 (木) 06時41分

Hikoさん様
これを欲望と捉えれば人間の欲望は際限がないということですね。この欲望が強ければ強いほど前進を試みるでしょう。純粋に命が惜しいと感じるとおもいます。
知力がともなった頃には体力が・・・まさにその通りですね。そして体力を無駄に使った日々を後悔しますね(^^ゞ
200年の人生でも同じではないでしょうか。。。

投稿: おキヨ | 2008年9月25日 (木) 11時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドクターハラスメント | トップページ | 私のお宝 »