« 方言の面白さ | トップページ | 貴方と違う 的感覚 »

一日デッサン会

今日は隣県まで遠征、一日デッサン会に参加。正しくはじっくり描き込むデッサンではなく、1ポーズを15分~10分で描くクロッキーという分野です。我が町でも画友たちと会を持っているのですが、月一度のデッサン会では心もとなく越境しての勉強です。集中を要する作業なので老骨にはこたえますが好きなことなので私は描いているうちは疲れを感じません。この会は年配者が多く、午後にはすっかり集中力をなくして全ポーズ描くことなく隣の部屋で休んでいる人も居ます。なかには手が動かないのでふと見ると用具を握ったままで舟をこいでいる人も。。。^^クロッキーは形になるまで10年を要するといいますがそれも努力あってのこと、居眠りをするようではその限りではありません。休み時間ただおしゃべりをしているおばちゃんたちと、身体を休めているモデルを黙々と描いている青年とでは上達に大きな差が出るのは当然です。小さな努力をせずに〔上手くなりたいわぁ。。。〕だけでは上手くならないのがクロッキーです。

P1060178

えらそうなことをいったわりにはお粗末な出来です^_^;

|

« 方言の面白さ | トップページ | 貴方と違う 的感覚 »

絵画」カテゴリの記事

コメント

 人の身体を描くには、その骨格を知らなくてはならないと聞いた事が有ります。その基礎には解剖学が有るようですね!
 私の知り合いの絵描きさん(医者)は、針金で人の形を作って研究していた人も居ました。
 若い頃から写真を撮っている私も、ヌ-ドなるものに何度か挑戦したことが有りますが、ポ-トレ-トに比べると、随分要素?か多くなり、的を絞りきれなく、ただのポ-ズになりがちです。私には歯が立ちませんでした。
 二科展でポ-トレ-トで賞を取るのは難しいと言われてますが、これは、頂いた事が有りますが・・・ coldsweats01
http://jr6ebf.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/index.html 

投稿: Hikoさん | 2008年9月15日 (月) 06時20分

度々失礼致します。
先ほどのURLでペ-ジが出ませんでした。しつこいようですが、改めて貼り付けさせて頂きます (^^ゞ
http://jr6ebf.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_52ac.html#comments

投稿: Hikoさん | 2008年9月15日 (月) 06時27分

Hikoさん様
そうですね。教本にはまずその事が記されていますがそこに止まると時間を労しますので、大方の人は念頭に置くだけではないでしょうか。私の知り合いも多く医療に携わる画家がいますが人体を描くという点では必ずしも皆が上手いとはいきません^^

お~!素晴らしい賞を頂いたのですね。
美しいポートレートですね。写真の部はライバルも一段と多いようですがその中での入賞だったのですね。

おめでとうございましたshine

投稿: おキヨ | 2008年9月15日 (月) 13時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 方言の面白さ | トップページ | 貴方と違う 的感覚 »