« 最初の記憶 | トップページ | 5日の違いは大きい »

味のあるやきもの

お天気のよい日は我が家から比較的近い赤城山麓にあるレジャー施設まで足を伸ばしプールでひと泳ぎ、気持のよい露天風呂につかって過ごす事があります。売店を覗くと陶器を扱ったコーナーがあって、ユニークなものや、つかい易そうな作品がたくさんあり、貼ってある値段は極端に安いのです。聞くと知的障害を持った方々の作品ということでした。以前ある著名人の作られた陶器を見た事がありますが、その方の創られた陶器は数千円~数万円。知的障害を持った方々の作られた陶器は300円~600円。私には作品の違いがわかりません。安くてつかい易そうなものがありましたので買ってきました。

P1060200

P1060201

|

« 最初の記憶 | トップページ | 5日の違いは大きい »

雑記」カテゴリの記事

コメント

 周囲に陶芸を趣味としている人はかなり居ますが、色んな物に好奇心のある私ですが、どういう訳か手を出せません。出来合いを見るのは嫌いではないのですが・・・
 知的障害者と言われる人には、普通の人には気づけない別の物が備わっているようです。
 物事を既成概念で捕えないというのも有ると思います。それで、その作品を見ると驚かされる事が多いですね!山下清画伯しかり、タレント画家のジミ-ちゃんも?・・・
 陶芸でも同じ事が言えると思います。この楓?(アメリカフウ?)の葉っぱのお皿もなかなか味わいがあり、今の季節にピッタリですネ!

投稿: Hikoさん | 2008年9月20日 (土) 06時21分

Hikoさん様

陶器作りははじめるとはまるらしいですね。私の周りにも大勢います^^同じ陶芸教室で同じものを作っています。障害を持つ方々の作品の方がもっと自由ですね。この二つともなかなかでしょう。上の微妙な模様付けも。下の力作も。。。貧乏な私でも買えるお値段がいいですね♪

ジミーちゃんって一風変わった方ですが知的障害者ではありませんよね?独自の才能は羨ましいですね^^

投稿: おキヨ | 2008年9月20日 (土) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最初の記憶 | トップページ | 5日の違いは大きい »