« 皇女アナスターシャの謎 | トップページ | 小声の男 »

困ります!

最近親しくさせていただいている〔しづのおだまき〕さんより〔米谷ふみ子〕という作家のことを知り、また彼女の過去の記事を拝見しているうち、この作家の本をがぜん読んでみたくなりました。そこで馴染みの書店へ出かけて本を探したのですが文庫本が一冊あるだけ。しかたがないので〔けったいなアメリカ人〕と〔ええかげんになはれ!アメリカはん〕の取り寄せをお願いしました。と顔馴染みの店員さん、黙ってカウンターの下の張り紙を指差すので読んでみるとなんと閉店のお知らせでした。私、思わず〔何でぇ~~!?〕

この書店は町一番大きな構えの書店なのでよもや閉店するなど思いもしませんでした。又〔なんでよ~!困るじゃないの!〕というと〔そういわれても。。。〕そりゃそうです。閉店は店員さんのあずかり知らぬこと。CDコーナーがすべて半額になっているので覗いてみるとクラシックばかりです。私は仕事中集中するのに音楽が必要ですが、それにはあまり聞き惚れてしまわないクラシックが一番。というわけで3枚購入。頼んだ本は取り寄せてくれるそうです。

最近私の馴染みの店がつぎつぎ閉店します。疫病神になった気分。。。

P1050930

|

« 皇女アナスターシャの謎 | トップページ | 小声の男 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

 本屋さんに限らず、行きつけのお店が急に閉店してしまうと、困りますね!
 うちの近くでも、行きつけのホ-ムセンタ-が経営不振で閉店になり、不便を感じていましたが、最近それより近くに別の系列の店がオ-プンしました。
 行きつけは、欲しい物の置き場所に直ぐに行けますが、慣れない店は探すのに時間を食って困ってしまいます。

投稿: Hikoさん | 2008年9月 3日 (水) 12時51分

>最近私の馴染みの店がつぎつぎ閉店します。疫病神になった気分。。。

べつにオキヨ様にその責任はございません(笑)

まさに「創業は易く、操業は難し」とでも申しましょうか、ひとつの店が末永く営業を継続する事が極めて難しい時代ではあります・・

こちらに於きましても、街を貫く国道端の店舗を車を走らせながら見つめ回す時、建物は存在するも、「あれっ?あのお店、確かラーメン屋さんだった筈なのに、看板が変ってる・・」といった事がザラですよ。

クラッシック音楽は、かしこまって聴くよりも、部屋のBGMとして、音を落として軽く聞き流すのも中々
いいものですよネ・・

投稿: 伊藤 | 2008年9月 3日 (水) 13時24分

別に買うつもりもないけど、フラッと立ち寄る、街歩きでの書店の棚を眺めるのは私も好きなことの一つです。
東京に居るときは行動半径の中に「紀伊国屋」や「ジュンク堂」などの大型書店があり、林立する超高層ビルには先ず普通の本屋もあり、本探しには便利しています。
ところが半年は過ごす「沼田市」にはこれまであった書店が閉店になってしまい、目ぼしい本屋が見当たらなくなってしまいまいた。
急に、一刻も早く、何かの本を入手したいときには困りますね。

買うだけなら、ネットで入手することが出来ますが、書店で手に取り、目次に目を通し、少しばかり思案して、という一連の儀式をへてからワクワクしながらレジに行くという楽しみは味わえません。

投稿: 風花爺さん | 2008年9月 3日 (水) 17時32分

Hikoさん様
世の中の景気が悪いんでしょうね。ことに食べ物やさんの店じまいが激しいです。私のいきつけの安い和食レストランが閉店し、その後やっと探した和食やもつぶれてしまいました。そうそう、便利にしていたホームセンターも100円ショップも。。。
不便になりました。

投稿: おキヨ | 2008年9月 3日 (水) 22時06分

伊藤様
あまりにも行く先々が店じまいをするので疫病神でも付いているのかと..^_^;
前の最も困ったのは我が家の前の紳士服の店がなくなりお客用に借りていた駐車場が使えなくなった事。
我が家は狭いですから駐車場が1台分しかないのです。

クラシックは判らないですが音として流しているだけです。
牛にモーツアルトを聞かせると牛乳がたくさん出るそうです。私もなにかでるかな?

投稿: おキヨ | 2008年9月 3日 (水) 22時21分

風花爺さん様

書店はいいですよね。ゆったり時間が過ごせます。
あの空間が好きなのでネットで買うという味気ない買い方はしません。忙しい方はネットはいいですよね。
あれこれ迷ってて本を買うのが好きです。

沼田市は最近通りませんが、やはり活気が以前ほどではないですか?

投稿: おキヨ | 2008年9月 3日 (水) 22時37分

おキヨ様
図書館から借りたところ、米谷ふみ子の小説で美術団体が出てくるのは「ファミリー・ビジネス」でした。「過ぎ越しの祭り」は初期の受賞作だけあって、まだ文が固く、彼女のものの中ではさほど面白くないかも。

投稿: Bianca | 2008年9月 6日 (土) 22時26分

Bianca様
わざわざ有難うございます!早速竹内様にもお伝えいたします。

〔過ぎ越しの祭り〕を読み始めましたがなかなか面白いですよ。これがさほどでないとするとこれから読む本が期待できます。なにしろ〔ええ加減にしなはれ!アメリカはん〕〔なんもかもわやですわ、アメリカはん〕〔サンデー・ドライブ〕の三冊が手に入れましたので^^
田辺聖子の方は数冊読んでいるのですが、米谷ふみ子はやっぱり始めて読みます。楽しみです。

投稿: おキヨ | 2008年9月 7日 (日) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 皇女アナスターシャの謎 | トップページ | 小声の男 »