« ほいどさん | トップページ | 信州塩田平 »

大道あやと丸木美術館

今週のNHK教育(日曜美術館)は大道あやという一般的にはあまり名の知られていない画家を取り上げていました。大道あやは埼玉県東松山にある丸木美術館の画家丸木位里の妹です。丸木兄妹の母スマは70歳になってから絵を描き始め開花しました。娘あやも60歳になってから絵を描き始め絵本作家として活躍ということです。

テレビに映し出された大道あやの絵は、絵を描くという喜びに溢れていて、くだくだしい絵画の基本という約束事に縛られない、自由で闊達で清らかでした。

私は以前何度か(原爆の図)で有名な丸木美術館を訪れて1,2度位里、俊夫妻をお見かけしましたが、夫妻は東松山という土地に溶け込んでいて偉業を残した大画家という気がしませんでした。この頃大道あやも一緒に生活していたらしいのですがおそらく農婦姿だったのでしょう、位里、俊以外の画家らしき方はわかりませんでした。田舎の静かな暮らしの中に没してただ絵に対する情熱だけを燃やしていたのだと思います。

P1050961_2 

|

« ほいどさん | トップページ | 信州塩田平 »

絵画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ほいどさん | トップページ | 信州塩田平 »