« 亡母のこと | トップページ | 栗の町小布施へ »

ポール・ニューマンを惜しむ

私の時代の名優がまた一人旅立ちました。〔スティング〕を追悼番組としてBSでやっていたので過去に2度は観ている筈の映画を再度懐かしく観ました。〔明日に向かって撃て〕の名コンビ ロバート・レッドフォードとの共演で、チンピラ詐欺師を演じたレッド・フォードの方に重心のかかった映画でしたが、ポール・ニューマンの存在感はやはり見事なもの。ポール・ニューマンはハリウッドの俳優ではあくの強いタイプではなくそういうこともあってかアカデミー賞を手にするのは遅いほうだったと思います。この映画でもレッドフィードにいいとこ取りされた感じで、レッドフォードはたしかこの映画でオスカーを手にしたような気がします。73年制作の映画ですが今観てもハリウッド映画の真髄といった痛快さで面白く、どちらかといえば男性好みの映画でした。

これでポール・ニューマンの魅力的だった〔グリーンアイ〕ともお別れということになります。

P1060289_2 

|

« 亡母のこと | トップページ | 栗の町小布施へ »

雑記」カテゴリの記事

コメント

おキヨ様
ああ、緑色の目のため、ユダヤ人には見えなかったのですね。先夜見た「スティング」では酔いつぶれての登場でしたが、「トタン屋根」でもアル中だったし、相変わらずだなあと思いました。しかし、比較的クールに受け止めた私に対して、同時代人であるおキヨ様の故人への思いが、この薔薇の写真で、伝わるような気がします。

投稿: Bianca | 2008年10月 4日 (土) 17時21分

Bianca様
そうなんですか?ユダヤ系の人は碧眼はないのですね。知りませんでした。
父親がユダヤ人とのことですがではグリーンがかった青い目は母親ゆずりですかね。。。

〔熱いトタン屋根の猫〕はある内容を持つ映画で好きな映画でしたが〔スティング〕は圧倒的な面白さがありましたね。酔った演技のポール・ニューマンはセクシーですね。挿入曲がいまだ頭に離れません。

投稿: おキヨ | 2008年10月 5日 (日) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 亡母のこと | トップページ | 栗の町小布施へ »