« すばやいお返し | トップページ | セクハラですよね? »

山口薫展

山口薫展を観てきました。群馬県を代表する画家、というより戦後の日本を代表する画家といったほうがいいかも知れません。過去数回山口薫展を観ているのですが作品の多さは今回が一番のようです。

山口薫の作品からほの見えてくるのは強い孤独感です。薄塗りの重ねた色の美しさは比類がありませんがそれはまた孤高を物語っているように見えます。これはあくまで私見ですのであるいはそうではないという人がいるかもしれません。私は美術館で絵を観るときは絵しか観ません。作品の脇に説明書きが煩いほど張ってあるのを無視します。なぜならそれを読むことによって純粋に〔観る〕ということが出来なくなるからです。なんだか判らないけど孤独な絵えだな、ちょっと悲しいな と感じるのは他から押し付けられたものではなく、自分だけの〔山口薫〕という楽しみを味わうことが出来るからです。また、絵を観るには理屈はいりません。なんだか判らないけどこれは好き、これはあまり好きじゃない。よく判らない、でいいのではないかと思います。無理に芸術を理解しょうと意気込む必要はまったくないのです。

P1060651

 ノートルダァム    山口薫

|

« すばやいお返し | トップページ | セクハラですよね? »

絵画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すばやいお返し | トップページ | セクハラですよね? »