« プロ意識がない! | トップページ | 亡母のこと »

ブログ記事の間違い

ブログを書き始めておかしなことに気がつきました。元来のうっかりした性格と無知や思い込みの為記事を書く上でかなりの間違いをしでかしています。変な言い回しなど気がついた時点で当然直しますが、直すといっても自分の書いたものですから限界があります。私は深夜に記事を書く事が多いので、脳の方も日中よりは働きが鈍っているせいもあるのでしょう、翌日読み返してわぁ!と赤面する事がしばしばです。そのときはアクセス数が少ないことを祈ります。記事を書き終わりやれやれと布団に入るのですが、ふと〔あの字は間違いではないか〕と思うとまた起きだしてPCに向かうということもしばしば。家にいるときにはそれができるからまだいいのですが、外出先で突然〔あれ!あの字は正しかったかしら。。。〕とかデッサン中に、または読書中に〔あの文章は変ではないか〕と思ったりするのです。こう書くとまるでたえずブログのことが頭にあるのかと思うかも知れませんがそんなことはなく、突然というかいきなりというか思い浮かぶのですから不思議です。しかし、気がついた間違いは少なく、気がつかない間違いの方が多いのではないかと思うと考えただけで恥ずかしくなりますね。考えないようにしよう。。。^_^;

最近気がついた間違い。。。奥村土牛〔とぎゅう〕と書くべきところ〔奥村吐牛〕と書いていましたm(__)m

P1060279_2 

製作途中 加筆するにしたがって鮮度が落ちるということが私の場合多いです。

|

« プロ意識がない! | トップページ | 亡母のこと »

雑記」カテゴリの記事

コメント

「同病相哀れむ」と言うと申し訳ありませんが、これ同感です。
私も生来ソソッカシイので、しょっちゅうやっています。
一つの理由は「漢字変換」にありますね。
正しく変換されているものと思い込み先へ進んでしまう場合と、変換チェックしても、正しい字を知らないため、間違いが分からない場合とがありますね。
これはおキヨさんや、私に限らず、辞書を引かずに、ワープロ頼みにしてしまう「時代」が生む、ケアレス・ミス現象ではないでしょうか。
もう一つ○○現象というのがあるのでしょうが、認めたくないので、これは不問にしておきましょう。

投稿: 風花爺さん | 2008年10月 1日 (水) 06時45分

風花爺さん様
私が拝見した限りででは風花様は趣のある文章を書かれていらっしゃいます。
ブログ記事にも書く方の人格、性格 その他の様々な事が浮き彫りになりますね。○○現象に少しでもブレーキうをかけようとはじめたブログですが無知蒙昧振りが露呈、いまさらながら恥ずかしい思いをしております^_^;

漢字の変換もさることながら、自分の文章の表現能力が低いのにがっかりしますね。これもブログをはじめて判ったことで、他人様の文章力をお手本に少しでも見習いたいと思っています。

投稿: おキヨ | 2008年10月 1日 (水) 11時32分

小生も全く同様ですね。基本は「うっかり」と「思い込み」です。
例えば「人命」と「人名」を間違えるのはうっかりですが、思い込みはどうしようもありません。こればっかりは、誰かに指摘して頂かないと永遠に続く可能性があります。
ふだん、いつも電子辞書を使っているので、難しい漢字などは間違えないのですが、かえって平凡な漢字の間違いを見落とすことがあります。
でも、漢字や言い回しの間違いは大したことではありません。たとえ個人的なブログであろうとも、「固有名詞」だけは決して間違えないように気を付けています(でも、間違えることもありますが)。これは過去の仕事の影響でしょうか・・・

投稿: 矢嶋武弘 | 2008年10月 1日 (水) 11時34分

矢嶋様
矢嶋様は文章を書くという点でプロでいらっしゃいますから記事の内容 文章ともに別格と思っております。
ブログは楽しい思いをしながら結構な勉強の場になっていますね、私には。70の手習いです^^

そうでした。以前固有名詞をうっかり間違いご指摘を受けたことを忘れません。年をとるとだいたいほっとかれるものですが、あのご指摘はとても有難く嬉しかったですね。

投稿: おキヨ | 2008年10月 1日 (水) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プロ意識がない! | トップページ | 亡母のこと »