« 三流出版社激減 | トップページ | 両党になった兄 »

無断で柿を・・・

秋空に柿の実が鮮やかです。柿は好きな果物ですが私が美味しいと思う柿は木で充分に熟したものです。私が生まれ育った東北では一般的に熟柿を好みました。季節になると農家のおばさんがリヤカーに野菜や果物を積んで売りにきたのですが、柿はきまってじゅうぶんに熟し赤く透き通るようになってから木からもぎ取ったものだけを積んできました。その中でもやや硬めのものは滴るような水分を含んでいて私の好みでした。母や姉は密のようにとろけた柿を皿に受けスプーンで食べていました。上京し知人の家でおもてなしに柿を出され、皆がりんごのように硬い実をサクサクとかじって食べるのを見て驚きました。私の田舎では一度だってそんな硬い柿を食べるのを見た事がありません。みんなと一緒に割った柿の一つを食べてみても薄甘いだけで少しも美味しいとは思いませんでした。

関東に来て一度だけ子供の頃のような美味しい熟柿を食べた事があります。秩父から雁坂峠を通り、山梨県塩山市へスケッチに出かけました。秋景色を描いていてふと上を見上げると見事な柿が熟して今にも落ちてきそうです。周りには誰も居ない。思わず手を伸ばして一つを失敬。だまって頂戴いてしまいましたcoldsweats01えもいわれぬ美味しさ。私が美味しいと感じた果物のベスト3に上がると思います。

P1000047_2

|

« 三流出版社激減 | トップページ | 両党になった兄 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

柿は美味しいですね。僕も熟した固めのものが好きです。熟し過ぎて柔らかくなったのは苦手です。
子供のころ、悪童と一緒に柿泥棒をした覚えはあります。
干し柿はどうですか? 昔は干し柿をよく食べたものですが、最近は色々な果物があるせいか、干してまで食べる人は減りましたか・・・あれは渋柿を干したのですね。
わが家の庭にも柿の木がありますが、いつも生り過ぎて余ります。昔は(戦後間もなく)食べるものがなかったので、柿の皮まできれいに食べたのを覚えています。小生、絵心がないのが残念ですが、見事に熟した柿は見ているだけで絵になりますね。

投稿: 矢嶋武弘 | 2008年10月21日 (火) 14時25分

山里を鮮やかに色づいた柿が彩る秋。
大方の葉が散った後に、一段と存在が際立ちますね。
私も柿は大好きです。
熟柿でも、硬いのでも一向に構いません。
我が家は3世代ですが、柿を食するのは私だけ。
どうしてこんなに旨いものを食べないのか?
私には歓迎すべきことですが・・・。

生家の庭に柿木が2本ありました。
初めは手が届くところから。
次第に高いところに移り、最後は長い竹竿の先を二つ割にして、枝を挟み、捻ってとりました。
遅いほど熟して美味に。

邪気の無い心で失敬していただくものは、チョッピリ「悪」の味がして、一段と美味しくなりますね。

投稿: 風花爺さん | 2008年10月21日 (火) 17時48分

矢嶋様

もののない時代柿は子供達のこのうえないおやつになりましたね。当時は柿を見たらそりゃ柿泥棒もしたくなります。見るからに美味しそうですよね。誘惑に勝てません。大人でもしますもの〔私bleah
甘いお菓子がない時代、干し柿は貴重なものでした。各家に柿木が多かったのは甘味を柿からとれたからでしょうね。柿の皮を甘味料に利用しましたよ。
いまは私も干し柿はあまり食べません。
今の季節外歩きをすると柿の実がほんとうに魅力的です^^

投稿: おキヨ | 2008年10月22日 (水) 00時16分

風花爺さん様

柿の実がたわわに実っていると風景が牧歌的で平和を感じますよね。柿の実=日本の風景と思います。

今の子供達は柿を食べませんねぇ。。。柿木を持っているお宅で実を取らずにいるのは誰も食べないからと言うことです。せっかく成った実が哀れです。
年配者が居るお宅は干し柿にしていますね。私も頂くと干し柿にしますが、食べるのは夫だけです^^ゞ

私が衝撃的に美味しい!と思った果物のトップ3は
善光寺前で食べたネクタリン。戦後3年くらい経ってから父が何処からか持ってきたバナナ。と記事の泥棒した柿、ですsmile


投稿: おキヨ | 2008年10月22日 (水) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三流出版社激減 | トップページ | 両党になった兄 »