« 秩父散策 | トップページ | 義姉のこと »

友人の母堂逝く

昨日画友Kから珍しく〔ちょっと顔を見たい〕と言う電話はあり、夜9時ごろやってきました。忙しい彼女が我が家にやってくるのは大概絵の所属団体の話しなので、また何か問題でも起こったのかと思ったら、腰掛けるやいなや〔母が死んだよ〕と言うので驚きました。彼女のお母さんは95才という高齢でしたがとてもお元気で、つい3月ほど前に白内障の手術をし、目が嘘のようにはっきり見えると本人はもちろん、手術の段取りを進めたKともども喜んでいたのです。絶句したあと〔それは残念だったねぇ。。。〕と私がいうと〔いや、本人もこれで楽になったと思うよ〕と言う答え。Kがいうには彼女の母は大変なしっかり者で、かなりの高齢になっても家人の世話にならず自分のことは自分でした人だそうですが、いかんせん最近は嫁、孫の手を借りる事が多くなり、そのたびに〔有難う〕〔すまないね〕ばかりを繰り返していたそうです。嫁に遠慮しながら暮らしているのを可哀想に思いたびたび自分の家に連れてきていたそうでが、娘にもやはり手を借りるたびに感謝の言葉を言うのでこの母の性格で身内にまでたえずお礼を言いながらは生きているのもさぞ辛いだろうなと思っていたと言うのです。Kと私は同年、老母がどれだけ身を小さくして暮らしてきたかわかる年です。元気でも傍の人間の手をかりなければ生きられない。頭がはっきりしているだけになお辛いだろう。これで母も楽になった、私も正直ほっとしたというKの顔はしめった様子は微塵もなくさばさばしたものでした。私の不自由な身体を慮って葬儀のすべてが終わってからの報告でした。

P1000274

|

« 秩父散策 | トップページ | 義姉のこと »

雑記」カテゴリの記事

コメント

おキヨ様。。。happy01
おキヨさんのお母さまはご健在ですか?
私は母と暮らしています。
このブログは身につまされました。
私もはつらつと若い母を思い出して
辛くなる事は再三です。
一緒に暮らしているので優しい事は少しで
きつい事をいう事の方が多いのも
悲しいです。
私たちも同じ道を行くのですが。。。
人生は何度も学習する旅のようなものですねぇ。

投稿: sunday | 2008年11月 3日 (月) 09時00分

Sunday様
私が三年後には亡母と同じ年年齢になります^^
共に暮すということはいろいろ複雑なものがありますよね。血が繋がっていてもいなくても同じようだといろんな人から聞きます。それぞれの生きる意味や尊厳を考えると世話をするほうもされるほうもどちらも悲しいものがありますね。

よるべない我が老夫婦これから先何が待っていますやら。。。(ー_ー)!!

投稿: おキヨ | 2008年11月 3日 (月) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秩父散策 | トップページ | 義姉のこと »