« 身内には寛大 | トップページ | ミシュランガイドって? »

舟の上の人たち

先日我が家からそう遠くない行楽地長瀞に行ってきました。舟下りは何度もしていることだし、今回はスリルを味わうにはいまいち水位が足りません。で、橋の上から他人様が舟くだりを楽しむ様子を撮影。家に帰り撮ってきた映像の整理をPCでしているうちにふと気になる点をみつけました。 舟くだりを楽しむ方々の顔が大写しになった写真が一枚あって、舟に乗っている方々のほとんどは私と同年輩の高齢者といわれる男女です。一枚の写真だけでどうこういうのも異議あり!と思われるかもしれませんが、なにか異様な雰囲気を感じてしまいました。みなさん顔が見事に無表情なのです。舟くだりという楽しい筈の行為をしているのにかかわらずそれが感じられない船の中のみなさん。。。私も何度か長瀞の舟くだりをした事がありますが、だいたい船頭さんがユーモアーを交えて説明をしますので舟の中は笑いが巻き起こります。私がシャッターを切ったときはちょうど笑いが途切れた瞬間と解釈してもいいのですが、笑いの名残りという表情があるのが普通です。それすら感じないのですから、みなさんずっと無表情のまま舟くだりをしてきた!?まさか・・・。 年を取ると面白いこと、楽しい事に鈍くなる→顔の筋肉がこわばる→心の筋肉もこわばってしまう。。。恐ろしいことです。年寄りなどと思うからいけない。人生クライマックスのみなさんもっと楽しいことを楽しみませんか。smile

P1070697

P1070694

|

« 身内には寛大 | トップページ | ミシュランガイドって? »

雑記」カテゴリの記事

コメント

長瀞は何度も行きましたが、最近は行っていません。あまり変わっていませんね。
宝登山も良い所ですが、最近は行っていませんか? 絵の題材にも良いのでしょうが・・・
ところで、舟くだりも若い人が乗っていないと少し寂しい感じがします。長瀞も、若い人には魅力がなくなってきたのでしょうか? 昔は、女房・子供を連れて遊びに行ったものですが。lovely

投稿: 矢嶋武弘 | 2008年11月25日 (火) 10時31分

矢嶋様

長瀞は寂びれつつあります。旅館、ホテルも閉鎖が目立ちまので泊り客が少ないようですね。桜のシーズンは別として若い観光客を余り目にしません。紅葉時が過ぎると観光客目当てのお店も開いていませんし・・・。日帰り入浴にときどききますので様子が判るのです^^ゞ

長瀞の紅葉はむかし観光客を呼んだようですが、今はこころなし色が冴えません。温暖化のせいでしょうか?

宝登山には最近いっていませんが、そちらは紅葉がきれいかも知れませんね。

投稿: おキヨ | 2008年11月25日 (火) 11時15分

船下り・・・・
川下り・・・・
熊本県の球磨川下りと言うのが有りますが・・・
急流をスリル満点で下ります。
船の中では飲み食いして、つい、お小水・・・・・
連なった船を最後尾に廻してもらい、勢い良く飛ばします。
最高・・・・・・ coldsweats01

投稿: Hikoさん | 2008年11月26日 (水) 20時38分

Hikoさん様
コラコラ、環境破壊をしてはいけませんよ〔笑〕
でもそうして楽しんでいるご様子^^
球磨川下りは距離が長いんですね。船の中で一杯とは風流ですね。
長瀞は舟で宴会するほど長くは乗りません。昔は急流、激流があったのですが最近水位が無くなりました。

投稿: おキヨ | 2008年11月26日 (水) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 身内には寛大 | トップページ | ミシュランガイドって? »