« 初々しいモデルさん | トップページ | 上州名物焼き饅頭 »

鏡の顔とは違うんです!

ごくたまにですが肖像を描いて欲しいという方がお見えになります。私の発表作品が人物が多いせいと思います。その場合先にお断りするのは自分は肖像画作家ではないということをはっきり伝えます。

3年前位前、ある母子がみえて娘さんが成人になった記念に肖像画が欲しいので絵を描いてもらいたいとおっしゃいました。10号に娘さんの坐像を描き始めたのですが、このお嬢さんかなりの今風美人。自分がより美しく見える表情をよくご存知で、微笑顔でじっと此方を見ていますので〔普通のお顔でよろしいですよ。〕といってもその表情を描いてもらいたいらしくやめようとしません。腕に自信のある画家はどうか知りませんが、私の腕ではこのあいまいな表情を描くのは至難の業。笑った絵が少ないのはその筋肉まで描くのが難しく大概は絵として見劣りします。でそのことを丁寧に説明しやっとやめていただいて描きはじめてのですが、途中お母様が何度ものぞきに来ます。アトリエの照明は絵画用のもので陰影が強く、家庭の照明のようではありません。暗い下地の色にぽんぽん絵の具を置いていく描き出しなので、顔に普段見慣れない陰影が残ります。美しいお嬢さんのお顔がしみやクマが出来たように下地の色が残るのでお母様の様子がなんとなく落ち着かなくなりました。絵の具の渇きを待って又来ていただいても前回の続き。油絵はすぐには完成しないということは伝えましたが、絵の中の娘さんが想像通り美しくなりそうも無いと思ったのでしょう、3回目にはお母様から電話があって〔娘が大学の近くへ部屋を借りたのでしばらく休みます。帰ったときに又うかがいます〕と電話がありそのままになっています。sad

Img_2492

フェルメール 真珠の耳飾の少女 又は青いターバンの少女

|

« 初々しいモデルさん | トップページ | 上州名物焼き饅頭 »

絵画」カテゴリの記事

コメント

あの「鮭」で有名な高橋由一が描いた「美人」別名(花魁)そのモデルとなったのが、小稲という美人芸者・・ところがこの小稲さん出来上がった絵を見るやいなや「これは私ではありません」と泣いて怒ったそうな・・まぁそれに似た話しですね(笑)

投稿: 伊藤 | 2008年12月10日 (水) 23時46分

伊藤様
お久しぶりですheart04
由一の花魁は確かに凄みがありますよね。モデルは嫌だったでしょうね^^
画家はモデルから抗議を受ける例はたくさんあります。〔ちっとも似てない!〕とモデルに言われて〔大丈夫、そのうちきみが絵に似てくるよ〕といったのはピカソでしたっけ?〔笑〕
モデルにおもねると絵はらちがあかないのです。

投稿: おキヨ | 2008年12月11日 (木) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初々しいモデルさん | トップページ | 上州名物焼き饅頭 »