« 〔乾杯〕のテープをプレゼントした彼 | トップページ | 目方では負けない! »

笠間の長渕剛さん

前記で長渕剛さんの〔乾杯〕にまつわる話を書きましたが、流れで長淵さんをお見かけしたときのことを。。。それが都心の美術館ではなく、茨城の笠間日動美術館ででした。正しくは館内ではなく、道を隔てた真向かいのお蕎麦屋さんの駐車場で。。。私は展示作品を観終わって昼食を取る為当時はただ一軒しかなかったお蕎麦やさんへ向かいました。このあたりはいつもひっそりしていてその日も車一台きり。お蕎麦屋さんの前で男性3人とすれ違いお店に入ると、店のオバちゃんが私を見るなり〔お客さん、長渕剛さんたった今出たところ!みました?〕と興奮褪めやらぬ様子なので釣られて再び外を見ると。。。黒いコートを着たほっそりした男性が車に乗るところでした。だだこれだけのことですがね^^ゞわざわざ笠間まで絵を観に来たとは思えないので何かの次いでに美術館に立ち寄ったのでしょう。20年も前のことなので展示作品は〔宮崎進〕だったか〔鴨井玲 〕のどちらだったか忘れましたが、長淵さんどちらの作品に興味があったのでしょうね。

P1080554

|

« 〔乾杯〕のテープをプレゼントした彼 | トップページ | 目方では負けない! »

雑記」カテゴリの記事

コメント

おキヨさま、此処だけの話ですから、他言は無用にしておいて下さいネ・・
実は笠間の某ソバ屋は、大麻の売人が指示した受取り場所だったのです・・(コレ、全く信頼出来無い筋よりの情報でおます)爆


それにしても、麦の苗の色が美しいですネ・・
まだまだ地に這う程ですけど、これが人の腰ほどの背丈になって黄色く実れば、恋の季節・・

『麦の穂の倒れし跡ぞ
  一間四方・』

(あの二人の馬鹿っ子!、オラの育てた麦をメチャメチャにしくさって、いってぇ此処で何してたんだぁ??)

投稿: 伊藤 | 2009年3月 2日 (月) 03時04分

長渕剛さんは絵画制作も盛んにされ、多くの詩画集や個展で作品を発表されています。

おそらく、わざわざ絵を観るために笠間日動美術館へ来られたと思いますよ!

私は関西なので、まだ一度も同美術館を訪れたことがありませんが、是非とも行きたいと考えています。

そうそう、大作の出来具合はいかがですか?

投稿: 竹内康行 | 2009年3月 2日 (月) 10時51分

伊藤様
エーーッw(゚o゚)wと一瞬驚きましたが〔ウソだよ~ンsmile〕ですよね。。。
遠目でしたが物静かな感じに見えました。着ているものも地味だし・・・

えーっと麦畑のないシーズンは恋の方はどうなるんでしょう?
私の育った地方はロマンチックな海辺の岩陰という素晴しい天然の舞台装置に恵まれていました。。。
という話です(~o~)

投稿: おキヨ | 2009年3月 2日 (月) 11時43分

竹内様

まぁ、そうだったんですか!
ちょっと検索してみましたが、確かに長淵さんは絵画や詩の才能があると書いてありました。残念ながら作品を探せませんでしたが、でしたら美術館めぐりは当然ですね。
笠間美術館は知られている割にはいつ出かけても静かです。笠間日動画廊には古今の有名画家達のパレット画のコーナーがあり、これがそれぞれの個性があってなかなか面白いです。関東方面を旅された折にはぜひお寄りになってください(*^^)v

それが・・・この間順調と申し上げましたが、順調すぎました^_^;自分で面白くない!面白くなくなったものは絶対続けられませんよね。。。再再度塗りつぶしました〔泣〕今猛ダッシュです。

竹内さんは2枚とも仕上がりましたでしょうか?

投稿: おキヨ | 2009年3月 2日 (月) 12時11分

長淵剛を検索に掛けますと、
「長淵剛オフシャルウェブサイト・ライブオン」というのが出てきます、そこを開いて、「ブック&アート」クリックして更に「情熱」をクリックすれば
4点の作品が見られます・・

まぁ、こういった手法の物は他に多くみられますが、そこは何と言っても著名人の描いたものですから大衆の脚光を浴びるんでしょう・・まさに大衆とは有難き哉

投稿: 伊藤 | 2009年3月 2日 (月) 15時04分

絵というのは難しいものですね!
自分では面白くないと思うものが、他人様から見ると面白いと言われたり・・・。
自分では良い出来だと思うのに、他人様からは酷評されることがよくあります。

他人様の作品ならいくらでも批評できるのに、自分の作品は感情や想いがこもっているので、なかなか客観視できないものです・・・・

おキヨ様、またまた塗り潰されたご様子のようですが、良い下地が出来たかもしれませんね。
急ぐことにより、筆がよく走った良い作品に出来上がることをお祈りします!!!

PS.2月、3月は1年の中で忙しい時期の一つなので、ほとんど筆を握ることが出来ません。私の場合は搬入まで一ヶ月をきったのですが、月半ばまではどうすることも出来ず、気だけが焦っています。

投稿: 竹内康行 | 2009年3月 2日 (月) 21時16分

伊藤様
お手数をおかけいたしました。長渕剛の絵おかげさまで観ることが出来ました\(~o~)/
彼ならこう描くに違いないという範囲の絵です。櫻島は勢いがあっていいですね。歌だけに止まらないのはいいですね。そういう意味ではミュージシャン
、俳優たちは絵画を手がける方多いですね。そして手ほどきを受けない強みがあります。〔下手でも売れるという強みも。。。smile

投稿: おキヨ | 2009年3月 3日 (火) 00時00分

竹内様
じつにその通り!!自分で判断できればこれほど楽なものはありません。そう思うと数え切れないほど殺した絵の中には傑作も・・・いやいや冗談です^_^;
そう考えると絵描きはエゴイストですね。自分が納得いかないと他人が〔これでやめておけ〕といっても承知できません。そうやって期日に間に合わなくなった事が何度もあります。。。

たしかに。私の絵は目方だけは誰にも引けを取りません〔爆〕

それはお辛いですね。焦燥感よく判ります。そこは才能で乗り切ってください!bomb

投稿: おキヨ | 2009年3月 3日 (火) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 〔乾杯〕のテープをプレゼントした彼 | トップページ | 目方では負けない! »