« 目方では負けない! | トップページ | 懐かしのスウィングジャズ »

ゴリラの歌

先日テレビで若い女性たちが歴史上の人物にかなり詳しいことを知って驚きました。戦国時代の名将たちの兜を見ただけで誰と言い当てられるのですからこれはかなりのものです。また俳句や短歌に親しむ若い方も増えつつあるとか。。。日本の歴史、文化の奥深さに若い人たちが目覚めたのでしょうか?今の若い方は独創性が豊からしいですから各分野の創作も面白いものが出来るようです。。。

数ヶ月前だったと思いますが、17歳の高校生が作った短歌が市民賞を受けたとかで話題になりました。ゴリラという題名の作品で〔ぼくゴリラ ウホホイウッホ ウホホホホ 〕この先さらにウホホホと続くのですが ゴリラの孤独がよく書き表されているということで賞を受けたようです。これにはその道に詳しい方も首をかしげ〔若い人におもねる傾向があるのでは?〕ということを言っていました。また現代短歌というのでしょうか、自由な発想で作られた短歌を目にする事がありますが、なかには素人目にも、自由ではあるが短歌とはいえないのではというようなものもあるように思います。

以前少しばかり興味を持った短歌を現在はやめているのでつい気楽なことを云ってしまいました。ではお前の短歌はなんだ!といわれる恐れはないですからね(^o^)

余談。。。。一時期短歌作りが楽しくて書き溜めたものをPCに保存してありましたがいくら探しても見つからない!うっかり消しちゃったか?(ー_ー)!!

P1080598

市松人形

|

« 目方では負けない! | トップページ | 懐かしのスウィングジャズ »

雑記」カテゴリの記事

コメント

伊藤園の「お~いお茶」の缶入りお茶には、
一般公募の、俳句や短歌の優秀作品が缶に書き込んでありますけど・・(私、俳句や短歌は全然しませんけど)
そんなのを読んだりするのは中々面白くて好きなんですよ、中には小学生あたりの作品も結構ありまして思わず唸りたくなる様な作品も確かにございます・・

しかし、ここに掲出されたゴリラの短歌の、「ウォホッホ」の羅列の中に孤独が感じられるとはねぇ?・選者の真意がまったく解かりませんよネ

投稿: 伊藤 | 2009年3月 4日 (水) 05時12分

こんにちは
母が自己流で短歌を作っていましたが、私はさっぱりです。
見たり聞いたりは好きなんですけどね^^

市松人形はきれいですね~☆
おキヨさんの持ち物ですか?
のぞいてる足もかわいいですheart

投稿: エメラルド | 2009年3月 4日 (水) 15時31分

伊藤様
伊藤さんは伊藤園のお茶をお好みなんですね^^
私も一般人の作った俳句や短歌をよく見ています。プロの創ったものとはまた違う素朴さ、ぬくもりを感じて好きですね。もちろん素晴しい秀作と思えるものもあります。私も昔一度だけY新聞地方欄に佳作で取り上げられた事があります。〔さりげなく自慢^^ゞ〕

絵もそうですがちょっと変わったものを絶賛する傾向がありますよね。ほんとうに感動するんでしょうかね?

投稿: おキヨ | 2009年3月 4日 (水) 23時15分

エメラルド様
こんばんは
まぁ、お母様が短歌を嗜まれたんですね。初めから気負ったら途中で息切れします。自己流から入るのがベストのような気がしますね。

私初めて自分のお給料で買った自分の人形です!
大事にしまってたまにしか出さなくても色褪せてしまいますね。写真にはきれいに写っていますが。。。(^o^)

投稿: おキヨ | 2009年3月 4日 (水) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目方では負けない! | トップページ | 懐かしのスウィングジャズ »