« 津川雅彦さんのブログ | トップページ | 実のある出版社 »

謝らない女

 私がいま住んでいる地方に越して40数年になりますが、その頃はまだいまほど流通が盛んではなく、野菜果物は地場産で間に合わしていた時代。したがって周辺の特産物意外はあまり知識のないのが普通だったかもしれません。ある会合で無駄話の折、私が東北のメロンやスイカは甘くて美味しいという話をしたら、物知りといわれているSという私と同年輩の女性が〔東北は寒い地方。寒いところにメロンは出来ない〕と言い張り、挙句に〔見栄張るんじゃないよ〕に周りがどっと笑います。私は東北生まれでそこで出来たメロンを実際食べていたのですから、そう云われて困惑しました。

Sさんの気の強さは並ではなく彼女の言い分に回りもうなづくばかり。。。若かった私はSさんの断定的な否定をそのままに済ますわけにいかず、口で云って通る相手ではないので、図書館で調べたことをそのまま書き、最も有名な北海道の夕張メロンのことも付け加えてSさんに〔貴女の認識は間違っているから参考にして〕と手渡したのです。それを読んだ後Sさんが私に〔そうだったの。知らなかった。ごめんね〕というと思ったのですが甘かった。。。書いた用紙を読んだあとSさんやおら立ち上がり金切り声をあげて〔みんな!おキヨさんってこういうことをするんだよ!どこまで気が強いんだか!この前のメロンのことまだ根に持っているんだよ。〕と紙をひらひら〔皆も読んでみなよ。せっかく調べて書いてきたようだから。。。〕

なんてこった!おかげで大人しい私、Sさん同等の気の強い女にされてしまいました。しかし無知はお互い様で許せますが、相手をコケにして謝らないのは許せない。ごらん!40年近く経っても執念深く根に持っているんだから。。。pout

119_1988

東北はメロンも西瓜も美味heart01

|

« 津川雅彦さんのブログ | トップページ | 実のある出版社 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

こう云うたぐいの人種にまともに付き合う事じたい、そもそも間違いです。
バカに貸す耳など持ち合わせていないの精神で無視を決め込むのが一番。
おキヨさんも人がいい・・・・
しかし、私にも同じような経験があります。ただし、私の場合は相手は納得して二の句が継げなかったですが・・・
男と女の違いでしょうか?

投稿: Hikoさん | 2009年3月15日 (日) 07時21分

以来四十年・・

SさんをはじめSさんに追従して貴女を笑った人た

ちは、「夕張メロン」を食べる度に「あぁ、北海道

にこんなに美味しいメロンが出来るんだもの、東北

に美味しいメロンがあったとしても何ら不思議はな

い・あの日、万座の中であの人を笑った私達が今にな

って恥ずかしい・・」そんな思いでいるかも知れま

せんネ・・とりわけSさんにおかれましては甘い

筈のメロンが苦い味として感じていらっしゃること

と思います。

投稿: 伊藤 | 2009年3月15日 (日) 07時57分

Hikoさん様
人間社会に生きていれば否応なしの付き合いがあるんですね。HIkoさんは男ですから私などの数倍はあるのではないですか^^
それも若いうちの修行と思えばどうということないですよ。
だが年をとった今はもう真っ平ですね。
こういうことに我慢できなくなるのが年をとった証拠coldsweats01

投稿: おキヨ | 2009年3月15日 (日) 23時40分

伊藤様
伊藤さんのコメントで思い出した昔話を書きました(~o~)
私も絶対そう思いますよ^^
たしかにSさんには苦い思い出のはず。メロンは嫌いではないでしょうか。

割とこの手のオバちゃんこの地方では多いですよ。
よく考えず思い込みだけで〔そ~んなことあるかいねぇ~~!(方言)〕と大声で言います〔爆〕

投稿: おキヨ | 2009年3月15日 (日) 23時53分

おキヨ様。。。heart04
寒い地方にメロンは出来ない!に私も
なんか。。。おかしいsleepy
考えていましたが”夕張メロン”でしたねぇheart04
「見栄張るんじゃないよ」の子供っぽさに
笑ってしまいそうになりましたが。。。wink
この場合も周囲が笑うと言うのが私は気に
入りませんねぇpunch

投稿: sunday | 2009年3月17日 (火) 14時58分

sunday様
知識がないという自覚のない人が変な力をつけるとこういうことも起こります^^
私の住んでいる場所は女が妙に強い処なんです。
また、いまこそメロンなどどこにでもある果物ですが昔は高級感のある果物。〔見栄張るんじゃないよ!〕はそこからの言葉なんですよ。

強いものに巻かれるのが世の常ですからね^_^;

投稿: おキヨ | 2009年3月18日 (水) 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 津川雅彦さんのブログ | トップページ | 実のある出版社 »