« 花畑牧場の生キャラメル | トップページ | 話し好き »

善光寺のお戒壇めぐり

今年は善光寺で7年に一度のご開帳ということです。善光寺の御開帳と聞くと亡母とのある出来事を懐かしく思い出します。

母が今の私の年齢のとき、今年は善光寺の御開帳だからぜひお参りをしたいと青森からやってきました。私は不信心な人間なので善光寺の御開帳といっても当時意味が判りませんでしたが、7年に一度善光寺のご本尊の有難いお姿を拝める年だと明治生まれの母がいうので親孝行のつもりで出かけました。母と行動を共にしたので善光寺のご本尊を一緒に拝観したわけですがそちらの方は罰当たりなことによく記憶していません。私がはっきりとおぼえているのは善光寺の〔お戒壇めぐり〕です。お戒壇は墨を流したような真っ暗闇の回廊を手探りで進むと極楽浄土が約束されるといわれています。母と私は回廊を進みましたが恐ろしいほどの暗闇がよほど不安だったのか、途中で母の手が伸び強い力で私の手を握りました。私は驚きと戸惑い、面映さ その他なんとも複雑な感情にかられました。私は物心がついてから母の身体に触れたことがその日までなかったからです。母は長女以外の子供に対して愛情の淡白な人でした。子供が多くひとりひとりに均等に愛情をかけてなどいられないということもあったのでしょうが、もともと子供に触れるのが好きではないのだと私や妹達が理解してしまう様なところのある人でした。

その母が自ら私にすがってきました。複雑な感情と共に母の老いをそのときはっきり思いました。50メートルほど暗闇を歩きやっと外の光をみた時には母の手はもう私を離れていました。私が生涯でただ一度母の手にふれた思い出が30年近く前の善光寺の御開帳でした。

P1080740

|

« 花畑牧場の生キャラメル | トップページ | 話し好き »

雑記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
お戒壇>>私も経験があります。
ほんとに真っ暗ですよね!
恐くはなかったですが、明るい場所に出るとなんかほっとしました。良い思い出です☆
母親と娘の関係ってそれぞれですけど、以外にシビアな目で母親を見てますね。
娘だけが二人いますが私にダメなことがあったら注意してくれます。
これはこれで感謝してます(^^ゞ

投稿: エメ | 2009年4月 7日 (火) 16時26分

エメ様

こんばんは
善光寺へ行かれたんですね^^
お戒壇まっっくらですよね。私が今誰かと入ったら
やっぱり取りすがるでしょう。暗闇はなんとなく不安です^_^;

なぜでしょうね。正直な感情で母を語るとこうなってしまいます。親子関係は表面普通だったんですよ
^^
まぁ、お嬢さん2人、お幸せですね。今の母子は友人関係と似ていると聞きますがお宅様もそのようですねnotes


投稿: おキヨ | 2009年4月 7日 (火) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花畑牧場の生キャラメル | トップページ | 話し好き »