« だらだら、ぐだぐだ  | トップページ | シンプルライフ »

画家のポリシー?

3月末高崎市在住の画家島崎康夫の展覧会を観て来ました。圧倒的なマチェールと深い内容をもった画面は久しぶりにいい絵を観たという満足感がありました。その他見ごたえのあったものに数々の素描がありました。画家の内面が発酵していくさまが上質とはいえない用紙にびっしりと描かれているのは大作以上にといってもいいほど興味をそそられました。

昔の巨匠達の素描や写生を観るとき、その用紙の粗悪さに驚かされる事があります。最初はもののない時代だからと思ったのですが、あるいは粗末な用紙を用いるのは当時の画家達のポリシーだったのではと思ったりします。粗末な用紙は大家たちの腕の確かさをかえって浮き彫りにしているように感じられます。現在でも既製の用紙を使わず、カレンダーの裏や新聞紙などを使って独自の画法を作っている画家が大勢います。私も先日いつものスケッチブックを忘れ、スーパーで買った幼児用のものを使用しましたがこれが意外と描きよかったのを覚えています。

P1090100

|

« だらだら、ぐだぐだ  | トップページ | シンプルライフ »

絵画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« だらだら、ぐだぐだ  | トップページ | シンプルライフ »