« ひどい義兄! | トップページ | 映画〔ニュー・シネマ・パラダイス〕を観る »

岡惚れの達人

久しぶりの夫ネタ。夫が最近歯科医院に通い始めました。

自分の健康には人一倍気を使うタイプの我が夫、手入れのいいのと体質で年齢の割には歯がしっかりしているほうですが、いかんせん寄る年波には勝てず2,3年前から歯医者へ出かける間隔が短くなりました。ここのところ3日間隔で歯科医院に出かけるのですが出かける際に微妙な変化が。。。以前にはごく普通の服装で通院していたのですが今回はなんと正装して出かけます。入念に鏡でチェックなどしながら。

長年共に暮らしている同胞、このパターンは過去に幾度も見ていますから何が起きたかあきらか。おそらく好みの女性が受付でもしているにちがいありません(^o^)今日も今日とてお気に入りの上着に春色の明るいシャツを着こんで、〔何か買い物あるかい?買ってくるよ♪〕とご機嫌。夫77歳。岡惚れの達人ですhappy01

気持ちだけでも若々しく〔馬鹿馬鹿しく?^^〕もって長生きしてくれるのなら此方も願ったりです。私、50代の頃85歳の男性に1週間に一度電話でラブコールされ辟易した事がありますが、男性は死ぬまでこういう気持ちを持ち続けられるものですかねぇ。これが羨ましい。。。

P1030590

|

« ひどい義兄! | トップページ | 映画〔ニュー・シネマ・パラダイス〕を観る »

雑記」カテゴリの記事

コメント

よく聞く医師の言葉の中に「歳を喰っても、異性に興味をお持ちなさい、それは一つのボケ防止にも繋がります・・」なんてのがありますよネ。
そういう観点からすれば非常に良い事だと思います・・年配者の御洒落は周りから見ていても気持ち良いものです。

投稿: 伊藤 | 2009年4月 2日 (木) 02時11分

あっ!それからですねぇ、近頃じゃ歯科医院も相当な乱立で共倒れ傾向にあると聞きます。そういう意味に於いても患者をおろそかにしない心構えを
院長は受付嬢にまで徹底させているかも知れません。

そうだとすれば当然あなたのパパにも、当院の受付嬢は満面の笑みを浮かべて応対をする筈です・・
でもパパは「あのコはオレだけに優しいのだ!」と
思い込んでいるかも知れませんネ・パパに限らず
全ての男は常に自分の都合の良い風にとりたがるものでございます・・でもそのほうが愉しいですよ(笑)

投稿: 伊藤 | 2009年4月 2日 (木) 04時04分

ご主人のありよう、良く分かります。
私の周辺にもいますね、ご主人のような方。
いつでも「青春」出来るのですから羨ましいですよ。
男は誰でも「ゲーテ」でいられるんですね。
運動生理学の権威で杏林大学教授の<大野秀樹>さんは「登山と恋愛は総合芸術」という理論(?)を展開されています。
それにしても、世の細君がたの観察の鋭さ。
男が浅知恵を働かせてごまかしているつもりでいても、実に簡単に見破られているんですね。

投稿: 風花爺さん | 2009年4月 2日 (木) 06時37分

....伊藤様。。。。こんな所に出没してたんですねぇ。。。
ところで。。。歌の方はどうなってますnote

おキヨ様。。。wink
50代でラブコ-ルがあるとは。。。notes
おキヨさんの魅力に今更ながら。。。crown

投稿: sunday | 2009年4月 2日 (木) 07時20分

ゲーテだって74歳で19歳の乙女に恋をし求婚して、ふられて赤っ恥をかいたことがありますからね。男は岡惚れが多いんです。
もっとも、女だっていい年をして「ヨン様、ヨン様」と追っかけをしているので同じですか。あれは意味が少し違うのかな?
いつまでも恋心を持つというのは、若さの秘訣でしょうね。heart04

投稿: 矢嶋武弘 | 2009年4月 2日 (木) 10時42分

伊藤様
世の男性の大方は行動をするしないに関わらず似たような気持ちをお持ちの方が多いようです。夫は隠し事の下手な人間ですからそのあたりがわかりいいですね(^o^)でも可愛いもんじゃありませんか。せめて心はご自由に。これが我が家のモットーですconfident
今のところ夫のボケ具合は正常範囲ですから綺麗なねぇーちゃんに岡惚れする効果はあるようです^^

あ、そうなんですか!
夫はまんまとその手にハマったか!〔爆〕確かに窓口は玄関のようなもの。綺麗な花があるのとないのとは大違いですからね。納得!
男性は女性の優しさを自分だけに向けられたものと思いがちですね。疑う方は〔偏屈〕になってしまっていると思います。女性のかりそめの優しさを素直に喜ぶのも男性というものですnotes

投稿: おキヨ | 2009年4月 2日 (木) 11時41分

風花爺さん様

異性に心をなびかせる様子を他人に察知されるのをよしとされない方もいらっしゃるようですが、多かれ少なかれこれは男性は本能のようなものですから健康な男心ではないでしょうか。ただ我が夫は軽薄が丸見えになるだけの違いです^_^;
でも人生終盤の罪のない楽しみというかあがきというか。。。〔爆〕いいじゃありませんか、ボケ防止につながるともいいますし。。。

女の臭覚はおろそかに出来ません。しかも判っていても黙っている方が多いですからねsmile

投稿: おキヨ | 2009年4月 2日 (木) 11時58分

Snday様
ハァ~イ、Sundayちゃん他人の家で伊藤さんとご一緒でぇ~す(^_-)-☆

貴女も今モテモテの年齢じゃありませんか?私はちょっと見栄を張っただけ^_^;
男性の大方は優しいですからね。多くの男性が集う場所に出入りしていれば1度や2度は誰にでもあることです。人間愛の範囲かなhappy02

投稿: おキヨ | 2009年4月 2日 (木) 12時07分

矢嶋様

芸術と恋愛は常に密接ですね。多くの芸術家がたとへ破滅的な恋愛を繰り返してもそれを芸術の糧にしているのは周知の事実。こう考えると異性に対する感情には底知れないエネルギーを含んでいるものと思われます。

そうですね。ヨン様を追っかける気持ちがあるうちは女性も女性らしさを保っていられるのですから馬鹿にしてはいけません^^

私がいい作品が出来にくいのはそこらへんに問題があるやも知れません。
私もヨン様的男性を見つける努力をしなければ。。。delicious

投稿: おキヨ | 2009年4月 2日 (木) 12時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひどい義兄! | トップページ | 映画〔ニュー・シネマ・パラダイス〕を観る »