« 画家のポリシー? | トップページ | 中川一政画伯のこと »

シンプルライフ

今日のY新聞〔長寿革命、くらしの流儀〕という欄に女優の有馬稲子さんがご自分のシンプルライフを書かれていました。生活ケアつきマンションに引っ越す際に、今までの家具や着物、書籍などみな知人に譲りシンプルな生活をはじめたそうです。

私も60代の頃、今までの雑多な持ち物を処分しようと思いつきました。思い切って不必要と思うものを出してみると,いらないものの方が多いのにびっくりしてしまいます。我が家は狭いので、よくもこの狭い家にこれだけのものを収納する場所があったものだと呆れてしまいました。みなさんもおためしになれば同じ思いをするはずです^^

ただし、夫の部屋は別です。箪笥の中が衣類で溢れかえっているので、いらないないものを捨てるように云うのですが、どうしても捨てられないようです。男のほうが不要なものを後生大事に持っているという話は友人知人の間でよく聞きますから、どうやら我が家ばかりではなさそうですねhappy01

P1040201

|

« 画家のポリシー? | トップページ | 中川一政画伯のこと »

雑記」カテゴリの記事

コメント

おキヨ様。。。ribbon
花の絨毯が綺麗ですねぇ。。。heart04
三田にもありまして何故か夫が連れて行ってくれました。
おキヨさんの旦那様の話は男の人全てに当てはまりません。
血液型では当てはまるような気がする事があって。。。コメントを入れました。
うちの姉と夫です。。。B型なんですが全然執着なしです。家が片付かないなぁと思っていると全部捨ててしまって。。。後で残りの3人(A型)があれない!これない!と大騒ぎです。
姉も夫もですが。。。過去にも執着がないようです。
そういえばイラン・イラクの人達はB型が多いそうで
歴史のある建造物や仏像なども破壊してしまった事は
最近の世界の驚きでしたよねsign02

投稿: sunday | 2009年4月17日 (金) 08時37分

「捨てる」ことの難しさ・・・
それを難しい、と思う人と、全然意に介さない人と両方いるんでしょうね。
私は両方で、アッサリ捨てられる場合と、家人にはゴミとしか映らないものでも、全く捨てられない物と。
後者の典型が「書物」です。
それから「会社」というものから離れたら気持ちよく捨てようと思っていたスーツの類が未だに半分も残っています。
さらに「捨てたい過去」もけっこう捨てきれずに引きずっていますね。

投稿: 風花爺さん | 2009年4月17日 (金) 09時34分

sunday様
写真は昨年のものです^^ゞ去年知らずに出かけて人混み、渋滞にひどい目にあったので近くですが今年は行きません。

はやり血液型が関係?私はB型的A型、夫は完璧なA型人間です^^
私も捨ててから後悔することもありますが意地でも惜しかったとは言いませんcoldsweats01
そうですか!イラン、イラクの方々の血液はB型が多い!?
残しておくべきものの判断が的確でないとイラン、イラクの人達のような事が起こりますね。昔、A型の多い日本でも美術の保存は最悪でした。捨てたと同様、多くは海外へ流出ですpout

投稿: おキヨ | 2009年4月17日 (金) 11時15分

風花爺さん様
確かにものを処分するときの選別には迷いますね^^
私の場合それをあれこれ考えていると決断が鈍りますから〔エイッ!〕とばかりに・・・これも性格でしょう^^ゞそれでも絶対手放せないものは残ります。たとえば十代の頃プレゼントされた花模様のブラウスとか、思い出のある装飾品とか場所をとらない物です。

私は美術関係以外の本は場所をとりますので3年に一度は処分します。読んでしまったものはとっておいても意味がないと考えるからです。私の場合それだけの読み物ですから。。。^^ゞ

我が夫もサイズが合わない衣類がそのままあります。やはり懐かしい思い出の服なんでしょうか。。。( ^ω^ )

投稿: おキヨ | 2009年4月17日 (金) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 画家のポリシー? | トップページ | 中川一政画伯のこと »