« 初めての通販 | トップページ | 介護疲れ »

モデルの心得

人物を題材にし画面を構成する場合、1にも2にもモデルさんしだい。一冊のクロッキー帳から作品に選べるものが1,2枚あれば上出来の方だと思います。自分の下手さ加減を棚に上げて言えば、最近プロ意識の欠けたモデルのなんと多いこと。。。まず居眠りは常識、ポーズが出来ない、やたら動く。これをものともしないで描き続ける人はよほどの達人か または初心者です。私はどちらでもないですから、居眠りや、やたら動くモデルだと集中できずにいらいらし、あまりひどい場合ときによってモデルさんに注意をします。じっとしている辛さを判らぬでもないですが、その代償を支払うのですから注意する権利はあります。

先日のモデルさんはめずらしくすべてが満点。会員全員が彼女を気に入って今後指名でお願いすることにしました。なぜそんなにポーズが上手く、微動だにしないかというと、彼女も画家を目指しているとのことでした。ですから描き手にもなるわけで、描くほうの気持ちもじゅうぶん判っていたのです。それはそれでこちら側もも多少の緊張があります。もしかしてモデルさんのほうがずっと絵が上手いということもあるわけですから。。。coldsweats01

                                           

                                                                                                   P1090109

|

« 初めての通販 | トップページ | 介護疲れ »

絵画」カテゴリの記事

コメント

今度は、おキヨさんがモデルになって絵描志望モデルさんに描いてもらって見てはいかがでしょうか・・・
いえ、着衣のままですヨ! 

投稿: Hikoさん | 2009年4月26日 (日) 08時58分

Hikoさん様
当方、藤原の紀香も驚くプロポーションですからモデル台に立ってもなんら問題はないのですが、恐ろしいのはモデルさんの絵の腕前の方。。。eye
実はお互いを描くというのはよくやる方法で私も何度かモデルを務めています。老若は全く関係なし。。。15~20分の静止はたしかに大変でそれを半日やるのですから、余計に気を引き締めてもらわないと。

投稿: おキヨ | 2009年4月26日 (日) 11時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初めての通販 | トップページ | 介護疲れ »