« 隣町の殿様 | トップページ | 伊勢崎赤堀菖蒲園 »

正真正銘の姫君

昨日はなんちゃって殿のことを書きましたが、今回は本物のお姫様のことを書きます。

夫の会社は15.6年前までは日本の主要な観光地ないし、その近くに保養所を持っていました。会社員は当然、また退職者とその家族も生涯利用できるシステムになっていて、私は比較的便利に利用させて貰いました。とりわけ千ヶ滝にある軽井沢の保養所は別荘代わり^^ゞと言っていいほど、いなかの友人や姉妹などを連れて数日宿泊したものです。

ある日、クラスメート2人をつれて保養所へ出かけたところ、なじみの寮母さんが、食後のお茶のときおもむろにアルバムを目の前に差し出し〔見る?〕というのです。今まで小母さんがアルバムを見せるなど無かったことなので〔sign02〕いぶかしく思いながらも開いてみると中学生くらいのお嬢さんと小母さんがにこやかな顔で収まっている写真が幾枚もあります。〔・・・エ~ッ!・・・〕と3人とも素っ頓狂な声を出したところで小母さんしてやったりと満足げに微笑みました。

普段着の小母さんと共に写真に写っていたのは、平静7年に降嫁された黒田清子さん。当時は紀宮清子様の可愛らしいお姿でした。

事の次第を聞いたところ、ご静養中の紀宮様の愛犬が保養所へ迷い込み、そのワンちゃんを探してお見えになられたとか。。。小母さんが早朝に白い犬が庭をウロウロしているのを見つけ、〔どこの犬だろうねぇ。。。?〕といっているところへ紀宮様が〔すみませ~ん〕と庭に入ってこられたそうです。そういえば、会社の保養所近くに皇室専用のホテル?というか旧い奥まった建物がありました。

そこからが小母さんの抜け目の無いところ。まだ幼い紀宮様をどう説得したのか、ちゃっかり数枚もの写真を撮っているではないですか!小母さんのことだから遠くに居る夫に〔あんたぁ~ちょっとカメラを持ってきてぇ~!〕と叫んだのでしょうか?それを想像して〔凄いねぇ~~!!〕 いうと〔凄いでしょう!我が家の家宝だよ〕とご満悦でした。happy01

P1000373

|

« 隣町の殿様 | トップページ | 伊勢崎赤堀菖蒲園 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

ウチの店に飲みに来るタナカさん、この人、酒の量が段々と増えてくるととんでもない嘘八百を並べたてます・・
いつの日かも、ぐでんぐでん酔っ払った挙句、「オレは昔、東宮御所の銅板屋根の葺き替え工事にかかわった事がある・・」、成る程このタナカさん私と同じ歳ですから、若い頃、近所で板金業営む親戚筋の家に勤めていたことは私もよく承知しているのですが・・
更にタナカさんの大ボラ大ウソは続きます・
「仕事をしていたら、幼い徳仁殿下が現場近くに現れたからオレは、(此処は危ないですから向こうへ行ってお遊びなさい)・・というと、またまたそこへ美智子妃殿下が御現われになって、美智子様はこのオレに(よくぞ注意してやって下さいました)
と深々と頭を下げてくださった・・」まぁこんな調子でダラダラと喋りつづけるもんですから、
私もアタマにきちゃって「あのなぁ~タナカさん、
なんで、岐阜県の片田舎の板金業者に東宮御所屋根
葺き替え工事の依頼が来るのヨ?」といって叱りつけてやりました(笑)

でもそんな出鱈目を云うタナカさんではありますがやはりタナカさんの心の奥底にも日本国民として、皇族を敬愛してやまないものがあるんでしょう・・

投稿: 伊藤 | 2009年6月13日 (土) 10時28分

伊藤様
こちらは実際の写真がありましたので、保養所のおばさんのうそではありませんよ。
やはりその写真をUPしないことには説得力に欠けますかねぇ。。。(ー_ー)!!

投稿: おキヨ | 2009年6月13日 (土) 11時28分

イヤイヤ、おキヨさま、そういうつもりはまったく
ございません。日本国民こぞって皇室ファンであるということを述べてみたかっただけのことです。

文だけのやり取りは意外な誤解を生むようでございますね・・以後気を付けます。


投稿: 伊藤 | 2009年6月13日 (土) 12時45分

伊藤様

伊藤さんをご存知の方は誰もが貴方のお人柄をご存知のはず。他意のあるコメントを書く方ではありません。
幼稚園児じゃあるまいし〔ウソじゃないもぉ~ん!Σ(;・∀・)〕はおかしいですよね^^ゞ

そんなことより私を捨てないでぇ~~!shock

投稿: おキヨ | 2009年6月13日 (土) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 隣町の殿様 | トップページ | 伊勢崎赤堀菖蒲園 »