« 辛さを克服した友人 | トップページ | 小説〔1Q84〕BOOK1 »

えッ!甘えん坊のよっちゃん!?

先日久しぶりに旧い画友Hさん宅へお邪魔したときのこと。

Hさんは同じ絵画団体の先輩で、私は昔彼女のアトリエに道具を持ち込んで一緒に描く日が多かったのです。当時小学6年のHさんの息子よっちゃんが学校から帰ると〔ただいまぁ!〕とアトリエの裏口から入ってくるのが慣わしでした。中学生になっても時々〔今日おキヨさんちへ遊びにいく〕といっては私の車に乗り込んでくるような可愛い甘えん坊だったのです。ほかの子に比べ小さくてなんとなく頼りない子でしたが、そのうちいつの間にか〔ただいまぁ!お母さんは?〕という声も大人の声に変わり、我が家に来て夕飯を食べて帰る、ということもなくなりました。高校へ上がってからはほとんど彼の姿を見る事がなくなり、ある日高校生のよっちゃんを見かけて背丈がびっくりするほど伸びていることを知りました。

そのうちよっちゃんは高校卒業後東京のメーク専門学校へ入ったというのを聞きました。へぇ~男の癖にメーク専門学校?と思いましたがその後Hさんの話ではそれなりに仕事としてなりたっているとのこと。よっちゃんとは全く顔を合わせることなく彼が結婚,2児の父親になり 現在メークサロンを経営している話を聞きました。

先日用事でHさん宅へ上がったとき、ドアを開けたのはのけぞるほどの大男!一瞬〔誰!?〕と思いましたが〔よっちゃん!よっちゃんなの!?〕とたまげてしまった私を清原元野球選手のような太い腕で〔わぁ、おきよさぁん!!〕とハグしてくれました。真っ黒に日焼けして、女性相手の仕事をしているとはとても思えない大男があのひ弱だったよっちゃんだとは。。。

〔すっかり頼りがいのある男性になっちゃったわね、よっちゃん。羨ましいな〕というとHさんは〔駄目!あんな仕事をしているものだから外面ばっかりよくて。。。〕とこともなげにいいはなちました。〔でもさすがじゃない、シャレたかっこうして。。。帽子がよく似合ってる。〕Hさん〔父親似で頭がはげかかってる。帽子はハゲ隠し〕と声を低めていうのです。そういえばHさんのご主人は・・・ 月日の経つのは早いものですrun

P1010451

|

« 辛さを克服した友人 | トップページ | 小説〔1Q84〕BOOK1 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

>現在メークサロンを経営している話を聞きました<
恥ずかしながら、我輩はメ-クサロンなる業種をご存知ありません!
おおよその見当は付きますが、どのような仕事か教えていただけませんか?
まさか!?おキヨさんがお好きなイッコ-とか言うあの方と同じ家業でしょうか?
そうだとすると、Hさんの云われる「〔駄目!あんな仕事をしているものだから外面ばっかりよくて。。。〕」と言われるのが、分かるようなきもします。男もああなっちゃ~有る物を取ってしまいたいですね!`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

投稿: Hikoさん | 2009年7月19日 (日) 16時03分

HIkoさん様
すみません、メイクサロンと書くべきでした。
ヘアーサロン〔美容院〕はお髪ですがメイクサロンはお顔の手入れやお化粧の仕方ではないでしょうか。正しくは私もわかりません。まだ若い頃はメイクアーチストのアシスタントとしてファッションモデルと一緒に各地を回った話をよっちゃんのお母さんから聞いた事があります。

なお私はイッコウーさんが好きな訳ではありません。以前日曜美術館にご自身がだまし絵的なファッションをして出演していたのがとても綺麗と思ってそのときだけの話しです。

投稿: おキヨ | 2009年7月19日 (日) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 辛さを克服した友人 | トップページ | 小説〔1Q84〕BOOK1 »