« 体重増加! | トップページ | 骨惜しみする奴 »

ペット今昔

現在の犬や猫はなんていうか完全に人間の慰み物ですね。愛玩動物として愛らしい形に品種改良された犬猫で溢れています。そうそう聞いた話では〔お宅の犬は・・・〕というと失礼になるとか。ちゃんと〔ワンちゃん、猫ちゃん〕と言わなければいけないらしいですよ。

巷にはシャレた店構えの高級ペットショップやぺっト美容室が並んでいたりします。お隣のシーズー犬のモモちゃんなど月に一度全身美容を欠かさず、家でも数千円というシャンプーを使用しているそうです。因みに奥さんのシャンプーは350円とか(^o^)。。。その他、衣装や医療費は人間よりはるかに高額です。

豊かな社会を反映していると考えればそれもよしでしょう。

昔は、犬は犬として、猫は猫として世の中に存在していました。家族の一員として関わってはいましたが、動物を不必要に擬人化ということは無かったように思います。犬は犬小屋で番犬として飼われ、必要があれば重い荷物を運ぶリヤカーを引く手伝いなどしたものです。ご飯も人の残りの魚の骨などが普通でしたね。猫は鰹節、いわしの出汁後が一般的でした。犬も猫も可愛いと思う気持ちがあるから飼うわけですが、飼う方も飼われるほうも節度?が保たれていた気がします。猫が父の座布団に寝ていて父が帰ってくる気配がすると抜き足差し足で場所を移りましたもの。うっかり寝て居ようものなら酔った父に〔お前はそんなにえらいのか!!〕と怒鳴られりのを知っているのです。happy01

動物は高級美容室に出かけたり、ブランドの衣装を着せられたり、美味しいかどうか判らない食事をさせられたりするのと、家族によりそってぶんをわきまえながら?^^さりげなく暮らすのとそちらが幸せか・・・などと考えるのも可笑しなこと。使い古しの毛布を与えられようが、ブランド物の服を着せられようがどっちだって彼らには同じだと思います。

P1090617

P1090620

P1090621

お向いのミーちゃんは昔ながらの飼い方です(^o^)

|

« 体重増加! | トップページ | 骨惜しみする奴 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

happy01この間も兎ブログを散歩していたら
コメントの中に「人間と同じシャンプ-を使うなんて」と言う記述がありまして。。。
動物を飼っているからと言って。。。経済状態、ものの考え方、それぞれに違う訳ですからそこまで書くのも
おかしな事やと思いました。
おキヨさんの蜜月の記事の時も思いましたがブログの友だとは言え中々大変です。
程ほどにしなければならないのかと思ったり。。。
ヤフオクの友人でおキヨさんのような経験がありました。
それこそ。。。入れ込んでしまって

投稿: sunday | 2009年7月12日 (日) 07時39分

お値段の高い純血種の犬や猫を飼い、色んな衣装を着させ颯爽と美容院通いをする・・
それこそが彼等飼い主のステータスシンボルなのでしょう・・(笑)

まぁアホみたいな事やけど、これも一つは消費経済を担っているんですから構わずにほっときましょう(爆)

投稿: 伊藤 | 2009年7月12日 (日) 08時27分

Sunday様
あ~ッ!!SUndayちゃんのこと全く念頭にありませんでした。嫌な思いをされたらごめんなさいhappy02
私も犬を飼っていたときは皆さんと同じようでした。お隣のモモちゃんのお母さんにこの記事を見せてもOKなのですよ。
どうかほごほどなどといわずぞんぶんにSUndayちゃんを可愛がってください。これこそ自由なのですから。。。
私はただペットの今と昔を比べただけ。でも確かに読み方によって気を悪くされる愛犬、愛猫家がいらっしゃるかもしれません。以後気をつけますm(__)m

投稿: おキヨ | 2009年7月12日 (日) 18時38分

おキヨ様。。。
また誤解を招いたなぁ。。。

おキヨさんの蜜月の。。。からは別の話になっています。

私もおキヨさんの意見賛成派ですよ!
動物のお墓などの事も識者ははっきりと言っています。
動物が遠慮して。。。余計可愛そうな事になるので
きっちり区別してあげるようにと。

投稿: sunday | 2009年7月12日 (日) 18時46分

伊藤様
これだけペットブームだというのに皆さんを敵に回すようなことを書いてしまいました。bearing
昔のペットの状態を面白く書こうとしたらこんなになってしまいました。
心優しい私が何で皆様を不快にさせるようなことを書くものですか。みなさま誤解です~~wobbly

ですよねぇ、ペットマニアの皆さんがどれだけ日本経済を支えているかを考えると下手なことは書けません。お許しを~~weep

投稿: おキヨ | 2009年7月12日 (日) 18時47分

Sunday様
なんだ、誤解だったの!?heart01
やれやれほっとしました^_^;
ブログでは受け取り方に個人差があるので誤解はつきものですよね。

動物好きはみなさん動物を愛しいと思うから飼うのであって、それぞれお好きな方法で愛情を与えればいいのです。

投稿: おキヨ | 2009年7月12日 (日) 22時51分

catミーちゃん可愛いですね♪
三毛猫さんでしょうか? 
たくさん種類がある中で三毛猫が一番好きです。
最近は希少ですね。
親戚で猫好きのおばちゃんがいましたが、そこにもミーがいました。
おばちゃんの呼称は「ミーおばちゃん」でした^^

投稿: エメ | 2009年7月13日 (月) 16時21分

エメ様
ミーちゃんはお向いの猫で生まれた時から知っています。気まぐれでよくなついていますが気が向かないと他人のような顔をして通り過ぎます。
このあいだ子猫を4匹生みましたがすべて貰われていきましたがぜんぜん寂しがりません。
以前書いたTさん宅の子猫を探し回った母猫とはずいぶん違います。

ヤンママかも・・・!(^^)!
でも綺麗な猫でチャーミングですlovely

投稿: おキヨ | 2009年7月13日 (月) 21時04分

私の父もおキヨさんのお父上と全く同じで、自分の座布団に猫が寝ていようものなら座布団ごと蹴り飛ばしました。
オス猫でしたが、恋の季節になると四、五日は帰ってきませんでした。灰だらけ(多分他所さまのかまどか風呂の焚口に寝泊りしていたのでしょう)になって帰ってきて、寝ている私の枕元で喉をゴロゴロ鳴らすので布団を開けてやると入ってきて死んだように寝て、朝、ご飯にミソ汁をかけたものを食って又彼女のところに出かけていったものです。
猫は猫並みにしか扱いませんでしたが、縁の下が台所のたたきに通じていて、障子や襖には猫の通り穴が開けてありましたから、自由奔放に生活しておりました。
メス猫も飼いましたが、自由恋愛でしたので子猫は海に捨てに行くのが私の仕事でした。今なら動物虐待で訴えられるかも知れません。60年前の話です。

投稿: 周坊 | 2009年7月14日 (火) 21時35分

周坊様
ヽ(´▽`)/昔は昔の犬猫の飼い方はありましたものね。いわゆる〔猫かわいがり〕はあまり見ませんでしたね。猫は猫の分際でいろと。。。〔笑〕それで猫はじゅうぶんに幸福でした。^^
私の父は我が子も犬猫も全く同じように叱るものですから、私たちも猫も父には寄り付きませんでした。犬は仕事を手伝うものですからあまり怒られなかったようですが、仕事以外に出かけようとすると犬が〔どうか私も連れて行ってください〕という仕草をすると〔馬鹿めが!何処へ行くと思っているんだ!お前は何処へでも行けると思うのは大間違いだぞ!!云々・・・〕と説教しました。いま思い出しても笑えますhappy01

たしかに・・・今猫の子をそのような捨て方をしたら極悪人されてしまいます。
当時は犬猫の避妊手術などありませんでしたものね。

投稿: おキヨ | 2009年7月15日 (水) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 体重増加! | トップページ | 骨惜しみする奴 »