« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

上高地〔スケッチから〕

きょうはまだ選挙の結果を見ていますので絵だけです。

Cocolog_oekaki_2009_08_31_00_14

秋の上高地  ラフスケッチからですので正しいかどうか^_^;

| | コメント (6)

選挙のこと

新聞等によると長年政権党であった自民党が劣性の気配です。空気の流れとしては今回こそ政権が変わるかもしれない歴史的選挙ということで、投票率もパーセンテージが高いそうですね。

明日は皆さん確固たる判断で投票場へ向かわれるのでしょうか?だとしたらうらやましい。私や向こう3軒両隣のオバちゃんたちは政治に疎いものばかりですから、いくら真剣にテレビで各党の演説などを聞いていてもいまひとつ納得できないものがあります。なんたって相手党の悪口や攻撃ばかり。。。そんなに○○党が悪いのかしらと不安になって別の党の演説を聴くとこれまた敵党の攻撃。。。マニフェストなど聴いても今までの経験で、都合のよい話しばかりでまゆつばものという感じを受けます。

日本の社会情勢は下り坂なんですよね。これをなんとか食い止めるのがわれわれ有権者なんですよね。と改めて小学生のような確認をします。ということは政権党である自民党がここ数年悪すぎたということになります。で軽めの麻生さんで決定的になりました。

PCで政治にお詳しい方のブログなどを読み、いろいろ勉強したつもりですがそれだって受け売り。見すぎてこんがらがってしまいます。だからって投票しないわけにはいかない。。。

結局、自分の判断でよりましな方を選ぶということになりそうです。

Cocolog_oekaki_2009_08_30_00_00

私の故郷 種差海岸です。

| | コメント (5)

陽水ファン

NHK教育テレビで4日間にわたって井上陽水特集をやっていたんですって!?なんで気がつかなかったんでしょう。。。ある方のブログで知ったのですがすでに遅し、結局最終日だけを何とか観ることが出来ました。

年齢的に、陽水のファンだと言うと意外に思われるかも知れませんが、〔氷の世界〕をリリースした頃私はまだ30代。陽水のファンになる資格がありました。

と言ってもただテープを買うだけですけどね。。。〔いっそセレナーデ〕あたりまでは当然のようにテープを手に入れました。

久しぶりに観た揚水の風貌はますますもって怪物然とした雰囲気でした。不思議な声、不思議な歌 わけのわからない歌詞。。。ですが誰にも文句を言わせない強引な魅力を放ちます。

〔少年時代〕は誰もがすんなり胸に響く名曲ではないでしょうか。歌詞に〔風あざみ~〕というのがあって〔風あざみって?〕という人がいましたが、そんなこといわないで!揚水が〔風あざみ〕といっているんだから〔風あざみ〕がじっさいにあろうがなかろうが問題ではないのです。。。

Cocolog_oekaki_2009_08_29_00_24

少年時代、じゃなかった^^ゞ少女時代すごしたところ。

この路地の上って海のみえる公園へ行きました。

| | コメント (12)

北御牧村で

今から15,6年前の夏、長野の北御牧村〔現東御市〕と言う処に、たしか白樺湖へ行った帰り寄ったことがありました。浅間山が美しい豊かな風景の場所です。つぶさに探せばまだわら屋根の廃屋が残っている静かな村でした。

形のよい廃屋を探すべくあちこち散策をしていたところ、農家のおばさんに〔もろこし食べるかい?〕と声をかけられ、〔えぇ、大好きですよ〕というと、おばさんは通りすがりの私に10本ぐらいのとうもろこしを袋に入れてくれ、〔今、水上先生も少し持って行ったよ〕というので〔水上先生!?〕〔あれ、、あんた、水上勉先生だよ。作家の。。。〕〔へぇ~!!〕と驚く私におばさんは誇らしそうに〔散歩でいつもココを通るんだよ。よく野菜を持っていってもらうよ〕と言うのです。〔まだ歩いているはずだからこの道を行けば先生に遭えるよ〕と教えてくれました。私は急いで車まで戻りおばさんから聞いた道をゆっくり走りましたが人影は全く見当たりません。と、黒い車が1台止まっていて,少し坂になっている上に山荘が見えました。おばさんのさっきの説明でどうやら此処が水上勉さんの山荘のようでした。おそらく散歩の途中で山荘を訪問するこの車に乗られたのでしょう。

というわけで散歩中の水上勉さんをお見かけすることが出来ませんでした。あわよくば巨匠のとうもろこしを下げたお姿をカメラに納められるかと思ったのですが残念でした。でも同じ農家のとうもろこしを頂いたのです^^

2004年に水上勉さんが亡くなられ、村をあげて悲しんだことでしょうが、中でもあの農家のおばさんの落胆はいかばかりだったでしょう。

Cocolog_oekaki_2009_08_28_00_46

北御牧村の廃屋

スケッチはもっとうらぶれた感じですがお絵かきツールではそうはなりません。

きれい過ぎ^_^;

| | コメント (2)

トニーザイラー死す

・・・といってもトニーザイラーはわれわれ年代の人しか馴染がないでしょうね。

私がまだ高校生だった1956年の冬季オリンピック、アルペンスキーで大活躍をした選手ですが、それから数年して、その美男振りをかわれ俳優に転身してからのほうがより有名になりました。トニーザイラーのかっこよすぎる映画私も何度か観ましたが、比べるものとして加山雄三の若大将ものですかね・・・。もう爽やかそのもの。。。歌も唄っています。上手いとはいえないものの〔白銀は招くよ〕はかなり流行って今でもたまに聞くことがあります。

新聞で年齢をみてなんと私よりたった3才上!考えてみるとスキーヤーとして活躍したのは二十歳前後でしょうからそんなところなのに、過去の人〔映画俳優として〕というイメージがあったのでもっとお年を召しているのかなと思っていました。

スポーツ関係でまだまだ活躍できる方なのに残念ですね。。。

Cocolog_oekaki_2009_08_26_23_57

初夏の蓼科山です。湖は白樺湖

| | コメント (14)

嬉しいような悲しいような。。。

ついにきました。こんなもの。。。↓

P1090805

 夫はただいま77歳、 考えたら、考えなくても喜寿だったんですねぇ。。。お祝いとして1万円を頂きました。因みに我がH市では88の米寿で2万円100歳で3万円 がお祝いとして支給されるそうです。これは何処の市でも行なわれていることでしょうが、内容はそれぞれ違うようです。

なにはともあれ喜寿のお祝いですから有り難く頂戴しましょう。って私が頂くわけではないですが。しかしあんなに若かった夫がいつの間におじいさんになったやら・・・喜寿ですと!びっくりしますね。

Cocolog_oekaki_2009_08_26_00_13

昨年11月に行った白馬の印象です。

| | コメント (6)

一瞬にして消滅!

今日はフェルメールの〔青いターバンの少女 または真珠の耳飾の少女〕を模写してみました。お絵かきツールですからそっくりとはいきませんが雰囲気だけcoldsweats01

これが2度目です。最初に描いたものが出来上がった時点でちょっと動かしたところあッというまもなく消えてしまいました。weepこういう場合集中力のちがいで最初に描いたほうが絶対良いわけです。

もう力尽きたので記事はなし・・・

Cocolog_oekaki_2009_08_25_00_19

フェルメールファンの方お許しを^_^;

| | コメント (2)

婦唱夫随?

先日アイスクリームを一個食べ2日ばかり胃腸の調子がおかしくなってしまいました。普段1個は食べきれないのですが、この日のあまりの蒸し暑さについ。。。なさけない事です。もっとなさけないのは、自分のアイスを食べてから、私が食べきれないぶんをいつもかたづけてくれた夫が2,3年前から〔いらねぇ!〕と断るようになったこと。。。頑丈だった夫の胃袋も年をとりました。

我が家ばかりではなさそうで、2日前我が夫婦と同年代とおぼしき老夫婦をレジャー施設内で見かけましたが、二人並んでベンチに腰掛け、ご主人の方がソフトクリームを食べていましたがそのうち食べかけのソフトを奥様に。。。我が家と同じでおそらく一個は食べきれないのでしょう。このご夫妻は夫唱婦随のようです。

我が家は逆。夫の食べかけは私絶対に嫌ですね。夫が好きの嫌いの問題ではなく、夫婦と言えども自分以外の人間が口にしたものを私食べられません。私が口をつけたものを食べるのは夫の方は平気です。

このことを怪訝に思う人と〔私もそうなのよ。〕という人は私の密かな統計に寄ると半々ぐらいですね。別にどうと言う話でもないですけどね。。。

Cocolog_oekaki_2009_08_24_00_02

ばかばかしいくらい真面目に描いていますcoldsweats01

| | コメント (5)

畳屋さんの電話

今日、畳屋さんから〔畳の表替えはいかがですか?〕という電話がありました。この電話に〔我が家には畳がないんですよ〕といわなければならないのにちょっと気がひけます。。。脚の悪い私は椅子の生活が楽なので5年前のリフォームのときに10畳の部屋を洋間にしてしまいこれで完全に椅子の生活になってしまいました。

今は会社式の畳業者がほとんどで、昔からの個人の畳屋さんは皆無と思っていましたが、今日の電話はこの町の○○畳店というのです。細々と日本文化を守っているのかもしれません。我が家も日本文化の衰退に加担したことになるわけですから、このときの電話に〔畳の部屋がないんですよ〕というのに申し訳なく思いました。

ただ悪徳業者も多いようですがそれにはだまされる心配はありません。good

Cocolog_oekaki_2009_08_23_01_02

犬種が判らない^_^;

| | コメント (7)

〔も・・・〕が嫌い理由

私はひらがなの〔〕が好きではありません。べつにひらがなの〔〕に恨みがあるわけではなく〔〕を使う人間が好きではないのです。

なぜなら物心がついた時分から〔お姉ちゃんはこうした。お前・・・〕または〔皆は親の言うことを聞いてまじめ。おまえ夜遊びなどせずに・・・〕

娘時代は〔○○さんはきれいだねぇ。。。〕一拍置いて〔アンタよく見りゃかわいいよ。。。〕のせいで嬉しくないわぃ!

絵を描き始めて作品展などすると町の批評家先生が〔○○さんはやはり才能があるね〕すぐ隣の私の絵を観て〔貴女なかなかいいよ。。。〕あ、そうですか、そりゃどうも。。。喜べません。

〕にはどうも〔ついで〕という感じが付きまといます。最近もどこかで見ました。心から褒めていたようですが〔・・・素敵です〕と。。。

・・・〕のおかげで私すっかりひねくれ婆になってしまいました。pout

Cocolog_oekaki_2009_08_21_23_09

お絵かき少し進歩。。。誰とはいえませんが私の好きな男性lovely

| | コメント (2)

お絵かき2〔リベンジ〕

Cocolog_oekaki_2009_08_20_22_32

昨日に引き続きお絵かきですnote浅間山に挑戦してみました。

見ないでも描けるオラが山。。。と思ったのですが色数が足りません。もう少し仕組みがわかればもっと楽しくなると思います。

いよいよ書く記事につまってこんなことでごまかそうとしているんじゃないかって?そんなことはありません!なにしろ凝り性の私、納得ゆくまでやらなきゃ気がすみません。お絵かきツールを使いこなせるまでみなさまお付き合いをよろしく(^_-)-☆

| | コメント (8)

初めてのおえかき

Cocolog_oekaki_2009_08_19_23_42

お絵かきツールで遊んでみました。

上手くいかないものですね。でもなかなか面白いものです。もう少し慣れれば何とかなるかも。。。

ということで記事の更新はありません^_^;

| | コメント (6)

大型書店

昨年なじみの書店に閉店され困り果てましたが、このたび我が家の目と鼻の先に大型書店が出来ました。今流行のCDやDVDも一緒の店で、広く明るく若い人で賑わっています。

今は何処の書店もそうであるようにコミック誌や若向きの文庫本が店頭に溢れています。各コーナーのプレートが上に掲げてあるのに関わらず私は自分の欲しい本が探せません。店員さんをつかまえて〔美術関係の本は?〕と尋ねると店員さんもウロウロ。。。やっとそれらしきコーナーに連れて行かれましたが薄い美術雑誌が2三冊あるだけです。店員さんさすがに恐縮して〔今これだけですが、欲しいものがございましたらお取り寄せいたします〕とのこと。。。

〔では”告白”という本がありますか?本屋大賞1位らしいですけど。。。〕PCで見た本の題名を思い出し聞いてみると、縦横体の大きい店員さん汗だくになって探し回っています。まだ開店したばかりで本のある場所を把握できていないようです^^

〔ここにあります〕と新刊書コーナーを案内されましたが店の大きさにたいしてそのスペースが小さいこと。。。

こうしてみると以前ひいきにしていた書店は旧いタイプで、今の時代閉店に追いやられる運命にあったようです。

最近隣町でやっと探した小さい書店の方が私には向いているので、少々遠いですがそちらの店に行くことにしましょう。。。

P1090788

P1090802

〔ノルウエーの森〕の文庫本を台所用に。。。村上春樹の〔1Q84〕を読んだ人はなぜか次にこれを読む人が多くて再燃らしいです。私も。。。^^ゞ

| | コメント (2)

みみっちい話

絵の具はいつも隣県新田町にあるJ・ホンダまで買いに出かけるのですが、買い終えると店内にあるコーヒーショップで一休みするのが常です。2時頃出かけて絵の具を買い終えるのが3時頃。3時にはコーヒー+ケーキで450円のサービスタイム。いかがです、お徳でしょlovely 

でも今日はコーヒーショップに入ったのはサービスタイムにはわずかに10分早かった。。。こういう時ってすごく損した気分になるのは私だけ?

画具を買うのにケチなことは一切考えないのですがね。。。

P1090796

P1090793

P1090800

P1090797

ついでに赤城山麓粕川村のレジャー施設へ。最近外出をしないのでこれだけでじゅうぶん気分転換になりますnote

| | コメント (7)

旧い記事が今頃、どうして!?

以前書いたものを振り返って読むと言うことは私まずありません。勢いで書いたものや品のない記事、なかには意味の通らない文章を書いたりしているのでそれをわざわざ読み返してがっくりするのが嫌なのです。

ところが、私がおもに投稿している〔雑記〕欄のランキングになんと数ヶ月前に書いた記事が2つも入っているではありませんか!?私の旧い記事をご覧下さっている方が一人や二人ではないということ・・・どーーしてぇ!?

有意義な話や面白い記事ならともかく、自慢ではありませんがどうでもいい話のオンパレードのブログです。

不思議なことに〔永六輔さん 6月16日〕と〔佐久間良子さん 4月5日〕のことを書いた記事です。昨日は〔秋山ちえ子さん〕を書いていますから、個人名が3人、これは偶然でしょうか。。。

何を書いていたのかなと今回は責任上〔何の!〕読み返しましたよ。わぁ恥ずかしい!こんなことを書く婆さんがいたらお目にかかってみたいわぁ~~〔赤面〕

いやいやそんなことより、何かの間違いでなければ見てくださっている方がいらっしゃるはず。貴方様方は年寄りの味方、心から感謝申し上げますfull

119_1963

私の中では果物の王様は桃ですlovely

| | コメント (0)

痛かった話

今まで生きてきて当然ながら身体的に痛い思いをしたことは少なからずあります。私の場合女性の崇高な使命というべきお産の経験がなくその痛さは知りませんが、歯痛、骨折、ヒョウソウ〔爪からばい菌が入って化膿する〕などのケチな痛さを幾度か経験しましたが、忘れられない痛さのトップは〔ものもらい〕目の粘膜にばい菌が入る〔麦粒腫〕のことです。

病気の程度によって痛みも違うと思いますが、私が20代の頃かかったものもらいの痛さは悪魔に入り込まれたかと思ったほど。何しろ隣にいる人間が動いただけでも顔面に痛みが走るのですから。。。運の悪いことに日曜日でその日じっと我慢したのが悪かった。顔半分が腫れ上がり、翌日病院へ行くのにも痛さで動けない状態で、いったい何の罰でこんな恐ろしい目に遭わなくてはならないのだろうと思いました。医者はこともなげに〔なに切開すればすぐよくなるよ〕と私の頭を看護師に固定させてメスでいきなり・・・失神寸前になりましたよwobbly

なぜ今こんなことを書くかと言うと・・・目の縁が赤くむず痒いから。あの時もはじめはそうだったのです。現在は酷くなる前に薬で抑えられますから2度とあれほど悪化させることはないと思いますが明日も日曜日、歴史は繰り返す。。。

P1050392

| | コメント (6)

秋山ちえ子さん

秋山ちえ子さんの〔かわいそうなぞう〕の話を今年も聴くことができました。

私がこの話をはじめて聴いたのは30代の頃です。旅行中の車の中で、夫が飲み物を買いに外に出た間にTBSラジオからこの話が流れました。初めて聴く〔かわいそうなそう〕は秋山さんの朗読のせいもあってほんとうに悲しくせつなく涙が流れました。車に帰ってきた夫は私が泣いているのをみて驚き〔な、なんだよ・・・!?〕といったのを覚えています^^

そのあたりから〔秋山ちえ子の談話室〕と言うラジオ番組を毎日、〔かわいそうなぞう〕の話を毎年15日に聴くようになりました。〔かわいそうなぞう〕は戦争中の動物園で飼えなくなってしまったぞうを毒殺する話です。有名な話なので誰もがご存知の話と思います。

長寿番組だった〔秋山ちえ子の談話室〕が2002年に終了したときには寂しい思いをしましたが、毎年15日には〔今年は14日〕お元気な秋山さんのお声が聴かれるので楽しみにされている方が多いのではないでしょうか。90歳をとうに過ぎておられるのに昔と変わらない滑舌の良さには驚かされます。受け答えも素晴しく、少しの衰えも感じさせない秋山ちえ子さんのご健在振りでした。

P1090776

P1090783

P1090784

今年初めての夏雲だと思います

| | コメント (2)

忘れちゃって。。。

2週間ほど前あるヨーグルトメーカーから商品の購入を契約しました。契約書には〔8月12日〕ちゃんと配達開始が記入されています。そして赤と白の小箱を手渡され〔この中に入れておきますから玄関の脇にでも置いて下さい〕といわれました。

今日は8月13日。。。し、しまった!配達日をすっかり忘れていました。骨量の強化するというのでその気になった商品が一週間分丸1日真夏の暑い処にほうりっぱなし。。。

ええ、忘れた私が悪いのです。それはそうです。でも釈然としないなぁ。。。

契約したのは2週間前ですよ。私は年寄り、忘れる可能性が大です。たしかに配達開始日も書いてありました。でも配達員の一声が欲しかったなと思うのは間違いですか?置いてある場所からチャイムを押すところはそう遠くありません。

隣町にある営業所に電話をし〔うっかり忘れちゃって昨日一日外に置きっぱなしだったんですけど〕というと〔回収しますから来週までそのまま保存してください〕とのこと。

私は〔お手数かも知れませんが、初日だけでいいですから商品を配達する際にはチャイムで知らせてくださいませんか〕とお願いしました。また忘れそうですもの。。。牛乳のように毎朝一本配達は忘れないと思いますが、一週間分というとまた忘れるのではと心配です。しょうがない、あの赤と白の小箱ちょっと目立ちすぎますが玄関先にでも置くとしましょう。。。

P1090774_2

100号を描き始めました。がんばるぞー!!dash

| | コメント (8)

ラスクが大人気!

いま、ラスクが人気を盛り返しているらしいですね。ラスクは昔ものには懐かしいお菓子です。

高校時代、新し物好きのクラスメートが〔これ、ラスクっていうのよ〕と皆に分けてくれたのがこのお菓子とのはじめての出会い。ただの硬い小さいパンなのに名前も味もいかにもしゃれていると思いました。今ではパンやに行けばいつでも買える〔残ったパンの再利用〕ぐらいに格が下がってしまったイメージをもっていたのですが。。。

私の町から川をはさんだ隣県S町に〔ガドー・フェスタ・ハラダ〕というフランス菓子の工場とお店が出来、先日デッサン会の帰り寄ってみると大勢のお客で店内が賑わっています。皆さん他のケーキには目もくれずラスクのケースの前に並んで紙袋2つぐらいつづ買っているのでびっくり。そこで私も。。。↓

P1090644_2

やはりパン屋さんのラスクとは一味も二味も違います。このお店がラスクの人気の火付け役だったんですね。

P1090767

私自身は昔から好きな菓子ですnote

| | コメント (2)

無事確認

今朝5時半頃、早起きの夫に起こされ、何事かと思ったら〔静岡に大地震が起きた!〕と言われいっぺんに目が覚めました。

私の姉妹3人と弟が静岡市のあちこちに住んでいるからです。テレビをみるとかなりの被害の様子が写されているので不安がつのります。

中でも心配なのは長姉。彼女は伊豆の国市〔伊豆長岡〕に嫁してすぐに狩野川台風に遭い九死に一生の経験をしたので災害が死ぬほど恐ろしらしく、いつも地震を気にしていましたからショックで倒れでもしたらと気がかりです。

電話が以外やすんなり繋がり姉の元気な様子を知ることが出来ました。少なくとも伊豆長岡周辺は大事にはなっていないようで〔棚のものも落ちなかった〕ということでした。他の姉妹にも電話しようとしたら電話が殺到し出したようでもうつながりません。夕方再度電話して仰天した以外何事も無いということを確かめました。

というわけで私にしてはとんでもなく早い時間に起こされたものですから今日は早く休みましょう。。。(-_-)zzz

P1090750

| | コメント (2)

旅行嫌い

今日久しぶりに友人Kが我が家にやってきました。〔はい、おみやげ〕と渡されたのは北海道の銘菓 白い恋人。 以前〔旅行みやげなんてろくなものがない!〕とのたもうた割にはなんともひねりのない土産です(^o^)

〔おや、珍しい!北海道へ行ってきたんだ。で何処へ行ったの?〕〔旭川動物園〕〔え、動物好きだったけ?〕〔好きじゃない〕〔天気はどうだった?〕〔良かったよ〕〔他は何処へ?〕〔富良野。畑ばっかりだね。たいして綺麗じゃなかった。札幌の時計台観たけどどうってことなかったねぇ。。。〕

〔どうして北海道旅行など行く気になったのよ!〕とまるで感激のないKに私が呆れると〔孫のお守に連れ出されたのよ。。。〕

話を聞くと、Kの娘2人がそれぞれの子供達を連れて旭川動物園に行くのにお守りが必要と考えたらしく、彼女等夫婦と子供達、夫の母親と自分の母親しめて10名という大人数の旅行ということでした。

Kはもとも物見遊山の観光旅行旅行など興味のない人間。出かけた先の北海道もいい面の皮と言うものです。

旅行好きの方には到底理解できない人間もいるのですよ。。。happy01

P1090766

| | コメント (6)

夫が若返った!

今日は群馬県C町で一日デッサン会。

途中のコンビニでお昼ご飯を調達しなければなりません。いつも同じお店に寄り、空いていれば入り口に一番近いところに駐車します。おにぎりと飲み物を買って打ち水をしている出入り口で滑って転ばぬよう足元を見ながら車に戻りました。勢いよくドアを開け乗り込もうとして運転席に目を向けると若い男性が座っています。

この日は入れ口に近い場所が空いてなかったのでいつもと違う場所に車を止めたことをすっかり忘れていたんですねhappy02  慌てて閉めた車のドアを再び開けて車の主にお詫びを。。。夫は向こう側でニヤニヤしながらみています。

この男性、コンビニから戻った奥さんの顔をみたら婆さんになっていたという怪奇現象に遭った気持ちだったのでは。。。sweat01

P1090752

昨夜7時30分ごろ撮った浅間山。此方はすでに暗かったのに山は不思議な明るさ

| | コメント (6)

聞いた事のない〔わし〕

私の好きな漫画〔コボちゃん〕〔読売新聞掲載〕のおじいさんは、年齢がいくつなのか知りませんが自分を〔わし〕といいます。

私は今まで生きてきて自分を〔わし〕という男性にまだお目にかかったことがないので、一体どういうタイプの男性がこの〔わし〕という言葉を使うのか興味を持っています。

方言で老いも若きも自分を〔わし〕という地方があるかと思いますがそれは別の話。

〔わし〕と言う言葉は高齢の男性のみが使用すると思うのですが、私、僕 俺 からいったい何歳で〔わし〕に変わるのでしょう?

私が今の絵画団体に所属したとき40代でしたから、当時は私より年上や高齢男性が多かったのですが、自分を〔わし〕と言う人はいませんでした。90歳の方も〔僕〕でした。あるいは私のあまり接することのない人種、会社の設立者とか高額所得者が使用するのかしら?〔わしは・・・・じゃ〕といかにも偉そうじゃないですかcoldsweats02

どなたか〔わしという言葉、わしが使っておるのじゃ!〕という方がいらしたらご一報を。。。

P1040721

| | コメント (9)

美人薄命

女性として最も理想的なタイプではないかと思っていた大原麗子さんが亡くなられたそうです。すぐに頭に浮かんだのはありきたりですが〔美人薄命〕という4文字熟語。

〔美人薄命〕は大原麗子さんが亡くなられた今は彼女の為の言葉のように感じます。楚々とした姿や 細面に収まった目鼻立ちのひとつひとつが理想的な位置にあって、中でも私が一番好きだったのは笑顔になっても横に広がらない小鼻。花のかんばせとはこういう顔を言うのだろうと若い頃の麗子さんを観て思ったものです。

美人薄命の定義は本人が短命と言う意味の他、美人はいつまでも美しいままではない、または美人は幸薄い、 あるいは美人の夫は短命であるなど幾通りの解釈があるらしいのですがどれが正しいのか私にはわかりません。

美しかった大原麗子さんの死を悼んで、私とは最も縁遠い〔美人薄命〕と言う言葉を話題にしてみました。      ご冥福を。。。

120_2013

| | コメント (6)

更新記事削除

取って置きの昔話をいつものように深夜記事にしてUPしたものの、読み直してふと矛盾点に気がつきました。これは夫に聞くより方法がないとやむなく削除。こういう時の記事ってきまって長いんですよねぇ。。。逃がした魚は大きい・・・ちょっとちがいますね(^^ゞ

2,3人お読みいただいた方がいらっしゃるようですが、不審点お判りになりましたでしょうか?ではなくて申し訳ありませんm(__)m

今夜同じ記事を書こうか、後にしようか。迷っているしだい。。。

P1040640_2

| | コメント (2)

映画〔山猫〕を観る

映画〔山猫〕の完全復元版を観ました。過去何度か観ていますが、あらためて〔極上〕の映画だと思いました。

1963年制作、ルキーノ・ヴィスコンティ監督。1890年代、王制の終焉で没落していくシチリア貴族を描いたもの。

それまでは粗野な役柄の多かったバート・ランカスターが没落していく貴族を演じていましたが、これが気品と重厚さに溢れていて驚くほど魅力的。想いあふれて化粧室で一人涙を流す老いた姿は印象的でした。ランカスターの円熟期だったのでしょう。公爵の甥を演じたアラン・ドロンが新しい時代に入ってゆく若い貴族を生き生きと演じています。恋人役の、美しいがあまり育ちのよくない娘をクラウディア・カルデナーレが適役で演じました。

映像のすべてがその時代の名作絵画を何十点も観ているようで映画そのものが芸術品といえます。

圧巻なのは舞踏会のシーン。この映画の3分の一は舞踏のシーンだと解説にありました。衣装、小道具も素晴しく監督のこの映画にかける想いが伝わります。主人公と甥の恋人が踊るシーンは本当に美しい映像でした。荒廃したシチリアの家屋も風景として素晴しいものがありました。文句なしの☆☆☆☆☆ですgood

P1090738

黄色いトマト 味は・・・普通(-_-)

P1090742

| | コメント (4)

祭りの便り

今日は青森便りのメールが2通ありました。ふるさとのお祭り 三社大祭の映像を送ってくれたのです。私は17歳以降ふるさとの祭りは観ていませんのでこれは嬉しかった。私が観た頃よりはだいぶグレードアップしていて、その豪華絢爛ぶりは津軽のねぶた祭りをしのぐ勢いです。

東北三大祭りは 仙台七夕祭り 秋田竿灯祭り 青森ねぶた祭りと昔は言いましたが、今ではなにやら数が増えたらしいです。東北五大祭りとか六大祭りとか・・・。山形の花笠まつり、岩手のさんさ祭り 我が故郷の三社大祭 確かにどの祭りも歴史があり自慢の祭りです。いつまでも3大祭りでは釈然としないものがあるでしょう。東北の人間はオラが祭りには絶大の誇りをもっているのです。東北十大祭りくらいはいくのではないかと思います^^

何はともあれ8月は東北がはじける季節なのですimpact

350pxominatonebuta_2

ねぶた

01

三社大祭

〔ニュース映像から〕

| | コメント (2)

私の一期一会 

一期一会とは、仏教に由来し茶道とかかわりのある言葉のようなのですが、広く使われている意味は〔今が一生に一度の出会いと考え、心をこめて接する〕で間違いではないようです。

過って私は写生地を求めて国内のあちこちを旅したことがあります。良いスケッチ場所であるのが一番の目的。その他の楽しみはその地元の方とのふれあいです。ほんのひとときでも会話を交わしたり親切を受けたことは何十年経っても〔あの地方の方〕として思い出すことができます。

新潟市津南で初めて生のとうもろこしを食べさせてくれたおじさん。なまのまま食べられるとうもろこしがあるということをこのときはじめて知りました。お昼にお蕎麦をご馳走してくれたのは長野の野沢温泉へ行く途中でのわら屋根のお宅で。トマトをもいで小川で洗ってくれた小谷村のおばさん。柿をたくさんとってくれた京都美山町の方・・・まだまだたくさんの親切を受けました。こういう方々と接して人間の本質はやはりぜん善性なのだと思いましたね。

それにしても私の一期一会とは一方的にものを頂いただけ!?coldsweats01

P1010261

| | コメント (2)

変なおじさん

昨日の記事に少し関連します。

今から30年近い昔、日光東照宮へ行ったときのこと。紅葉時で日光は最も観光客の多い時期で大変な人混みでした。その混雑の中の東照宮前で若い女性4人が記念写真を撮り合っていましたが、なるべく他人が入らないところを写したいようです。シャッターチャンスが来たようで写そうと思ったときに運悪く私の夫が入ったらしく一人が大声で〔あ,待って!!変なおじさんが入る。行ってから・・・〕

さァ大変!この言葉を夫が聞き逃すはずはありません。〔変なおじさんだと!!なに云ってぁがる。こんなところで写真を撮ってたら誰かが入るにきまってるだろう。他人からいきなり変なおじさん呼ばわりは許せないね。謝んなさい!!<`ヘ´>〕 彼女達に悪気があろうがなかろうがこの際関係ありません。夫は怒ると顔が赤くなります。普段から大きな声がさらに大きくなるので女の子達は恐いのと恥ずかしいのとで〔ごめんなさい〕と素直に謝っています。〔他人にそんな失礼なことを云っちゃ駄目だよ。気をつけなさい〕と矛を収めておわり。その間私はよその人に隠れて他人の振りcoldsweats01

これも30年前だから出来たことです。今いちいちそんなことで怒っていたら血圧が上がって身が持たないのでは。夫も年でだいぶ丸くなったし。。。

〔変なおじさんといっても夫は志村けんさんに似ているわけではありません〕happy01

P1000169

日光東照宮

| | コメント (6)

具体的な表現

私がお世話になったマッサージ師のIさんがお辞めになって困ったと言うことを先日書きましたが、その後何人かの方にマッサージをお願いし、やっと指名したい方がきまりました。

マッサージに出かける当日の午前中に予約しなければならないので電話したところ若い女性が対応。 

〔お名前がわからないのですが、Iさんと同じ週に仕事されていた、40代前後の方にお願いしたいのですが。。。〕と私。受付嬢は明るい声で〔あぁ、Mさんのことでしょうか?あの腹の出た・・・〕〔えーと、腹が出ているまでは気がつかなかったんですが・・・〕〔髪の毛が薄くて・・・〕〔そうです、そうです!〕と私。

いやはや、可愛らしい声でそこまでいうか!happy01たしかにわかりよい特徴をあげてくれるのは有り難いことですが、貴女、せめて〔お腹がでた、ぐらい云って下さいよ。若い娘が腹はいけません、腹は!

黙って聴いていりゃ〔無愛想な顔の、ぼそぼそと何をいってるか判らないおやじですか?〕ぐらいは言い出しかねない現代っ子でした〔爆〕

Img_2257_1 

| | コメント (4)

愛犬家読むべからず

今日の新聞文化面に愛犬家の方々が目をむきそうな記事が載っていました。私もそれに関連したことを思い出したのですこし書きます。

新聞記事によると、東アジアには元来犬を喰う風習があって、日本でも徳川初期のお城を発掘すると犬の骨が出てきて犬を食べた後がはっきりしているそうです。しかしある時期から東アジアのなかで日本人だけが犬を食べなくなった と書いてあります。

私が子供の頃、父が〔○○さんのところで赤犬の肉を食べてきた。赤犬は体があったまる〕と悪びれたふうもなく云ったことを思い出しました。今になって思うのですが、父のいう○○さんはあるいは中国から引き上げてきた方かなとも考えられます。とにかく〔赤犬は体があったまる〕といった父の言葉を妙にはっきりと覚えているのです。

もうひとつ、私の体験談です。

20代の頃大阪の友人を訪ね、大阪市内あちこちを案内してもらいました。友人の兄と3人で夜の街を飲み歩き、大阪のどのあたりだったか思い出せませんが、屋台村のようなところで味噌仕立ての肉の煮込みや串かつを食べました。なんだかとても美味しく結構な量のお肉を食べたのを覚えています。〔さすが食道楽の大阪ね。こんな所でも味は一流〕と言った私に友人の兄は〔このあたり犬の姿は絶対みられないよ。なぜだと思う?〕私と友人は〔さぁ!?・・・〕〔犬がおったら捕まえてみんな鍋や串かつにするんや〕〔・・・・coldsweats02

此方の話は嘘かホントか定かではありません^^

Img_2314

犬は人間の友

| | コメント (6)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »