« トニーザイラー死す | トップページ | 陽水ファン »

北御牧村で

今から15,6年前の夏、長野の北御牧村〔現東御市〕と言う処に、たしか白樺湖へ行った帰り寄ったことがありました。浅間山が美しい豊かな風景の場所です。つぶさに探せばまだわら屋根の廃屋が残っている静かな村でした。

形のよい廃屋を探すべくあちこち散策をしていたところ、農家のおばさんに〔もろこし食べるかい?〕と声をかけられ、〔えぇ、大好きですよ〕というと、おばさんは通りすがりの私に10本ぐらいのとうもろこしを袋に入れてくれ、〔今、水上先生も少し持って行ったよ〕というので〔水上先生!?〕〔あれ、、あんた、水上勉先生だよ。作家の。。。〕〔へぇ~!!〕と驚く私におばさんは誇らしそうに〔散歩でいつもココを通るんだよ。よく野菜を持っていってもらうよ〕と言うのです。〔まだ歩いているはずだからこの道を行けば先生に遭えるよ〕と教えてくれました。私は急いで車まで戻りおばさんから聞いた道をゆっくり走りましたが人影は全く見当たりません。と、黒い車が1台止まっていて,少し坂になっている上に山荘が見えました。おばさんのさっきの説明でどうやら此処が水上勉さんの山荘のようでした。おそらく散歩の途中で山荘を訪問するこの車に乗られたのでしょう。

というわけで散歩中の水上勉さんをお見かけすることが出来ませんでした。あわよくば巨匠のとうもろこしを下げたお姿をカメラに納められるかと思ったのですが残念でした。でも同じ農家のとうもろこしを頂いたのです^^

2004年に水上勉さんが亡くなられ、村をあげて悲しんだことでしょうが、中でもあの農家のおばさんの落胆はいかばかりだったでしょう。

Cocolog_oekaki_2009_08_28_00_46

北御牧村の廃屋

スケッチはもっとうらぶれた感じですがお絵かきツールではそうはなりません。

きれい過ぎ^_^;

|

« トニーザイラー死す | トップページ | 陽水ファン »

雑記」カテゴリの記事

コメント

無言館や信濃デッサン館を運営されている窪島誠一郎氏は、水上勉氏のご子息でしたよね!

また上田の地を散策したくなりました!

そうそう、福井県にある水上勉氏が建てられた「若州一滴文庫」という施設を2度訪れたことがあります。そこに展示されていた斉藤真一作品の“赤”に衝撃をうけました!

投稿: 竹内康行 | 2009年8月29日 (土) 05時06分

竹内様

そうですね。窪島館長はお父様と面立ちが似てますね。信濃デッサン館を設立した当時、代表展示である村山魁多に詳しい私の友人が一緒だったので窪島館長とは1,2度お逢いしています。館長はまだ青年でした^^

上田は素敵な処ですね。私もまた行きたいです。行けたら竹内さんご夫妻のぶんもまた前山寺のおはぎでも食べてきましょうか~~

斉藤真一はひと目みて忘れられない独自性持つ画家で私も好きです。

投稿: おキヨ | 2009年8月29日 (土) 13時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トニーザイラー死す | トップページ | 陽水ファン »