« 忘れちゃって。。。 | トップページ | 痛かった話 »

秋山ちえ子さん

秋山ちえ子さんの〔かわいそうなぞう〕の話を今年も聴くことができました。

私がこの話をはじめて聴いたのは30代の頃です。旅行中の車の中で、夫が飲み物を買いに外に出た間にTBSラジオからこの話が流れました。初めて聴く〔かわいそうなそう〕は秋山さんの朗読のせいもあってほんとうに悲しくせつなく涙が流れました。車に帰ってきた夫は私が泣いているのをみて驚き〔な、なんだよ・・・!?〕といったのを覚えています^^

そのあたりから〔秋山ちえ子の談話室〕と言うラジオ番組を毎日、〔かわいそうなぞう〕の話を毎年15日に聴くようになりました。〔かわいそうなぞう〕は戦争中の動物園で飼えなくなってしまったぞうを毒殺する話です。有名な話なので誰もがご存知の話と思います。

長寿番組だった〔秋山ちえ子の談話室〕が2002年に終了したときには寂しい思いをしましたが、毎年15日には〔今年は14日〕お元気な秋山さんのお声が聴かれるので楽しみにされている方が多いのではないでしょうか。90歳をとうに過ぎておられるのに昔と変わらない滑舌の良さには驚かされます。受け答えも素晴しく、少しの衰えも感じさせない秋山ちえ子さんのご健在振りでした。

P1090776

P1090783

P1090784

今年初めての夏雲だと思います

|

« 忘れちゃって。。。 | トップページ | 痛かった話 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

私もたまたま昨日、車の中で聞きましたよ。
何度目かになりますが・・・。
”戦争反対!”と声高に叫ぶより、こうした話のほうが、反戦の心をしみじみ育んでくれますね。
♪”ざわわ ざわわ・・・・”の「さとうきび畑」などもそうですが。
今日は64回目の「終戦の日」
64年も経過すればたいていのことは忘れてしまうのが普通ですが、私もあの日のことは今でも鮮明に思い返すことができます。
あの日の真っ青な青空とともに・・・。

投稿: 風花爺さん | 2009年8月15日 (土) 06時58分

風花爺さん様
秋山ちえ子さんはあらゆる方面に内容の深い方ですが、時事問題に限らず一般社会、ご自分の日常の話などごく身近な問題も歯に衣きせずに話される素敵な女性で憧れの存在です。

〔かわいそうなぞう〕は子供にもすんなり浸透する話ですから戦争反対の声としてはかなりの力を持っっていると私もおもいます。。

さとうきび畑の歌も聴いていると途中でどうしても目が潤みます。

あの日は日本中がきれいに晴れ渡っていたようですね。
私は父の背中で東北の海の中にいました。

投稿: おキヨ | 2009年8月15日 (土) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忘れちゃって。。。 | トップページ | 痛かった話 »