« 鼻毛の話 | トップページ | 500回の更新 »

素敵な洋食やさん

マーッサージの帰りいつも通る道筋に、いつか寄ってみようと思っていたお店に今日寄ってみました。以前は月曜にマッサージに来ていたのですが、月曜日ははこのお店は定休日だったのです。

店内はこれ以上シンプルにはならないというほどシンプルで、テーブルが3個、カウンターに4個の椅子があるだけです。私と同年代ぐらいのコックさんのスタイルをみてちょっとびっくり。、食パン型の白い帽子を被り、白シャツ白ズボンの上にこげ茶色のエプロンをして、絵本などで見る典型的な洋食屋スタイルです。奥さんのような年配の女性がこれまた白い上着に黒いエプロンを腰に巻きオーダーをとりに来ました。

私はハンバーグとエビフライのセット、夫はビーフ・シチューを注文。程よい量のセットが並びました。デミグラスソースの味はなかなかのもの。田舎にそぐわない味なので、夫は手の空いたコックさんに〔おいしいねぇ、おやじさん、この辺の人?〕と例によって無遠慮な質問です。彼は、東京赤坂で修行を積み、年をとってから故郷のこの地へ戻って自分の店を創めたと穏やかな口調で話してくれました。〔やっぱりな、田舎の味じゃないよ〕と夫もご機嫌。。。〔年配同士の会話を少ししましたが長くなるので。。。〕

マッサージの帰りはファミレスの食事が多かったのちょっとした嬉しい発見。しばらくはごひいきのお店になりそうです。

Cocolog_oekaki_2009_10_10_00_37

 八ヶ岳が美しい松原湖

|

« 鼻毛の話 | トップページ | 500回の更新 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

この八ヶ岳は美しいですね。
私はもちろん、山梨県側と長野県側の両方から見たことがありますが、数ヶ月前は野辺山高原の友人の別荘から見ました。
と言うのはややウソで、別荘で友人と酒を大いに飲んだと言うことです(笑)
八ヶ岳の麓にはもう一人の知人が別荘で隠棲しています。
八ヶ岳は初老の人間を魅了する何かがあるようですね。

投稿: 矢嶋武弘 | 2009年10月10日 (土) 18時39分

矢嶋様
八ヶ岳にお友達の別荘があるとは羨ましいですね。
山はほんとうに人を魅了します。

実はこの松原湖から見た八ヶ岳にもやや嘘がありますcoldsweats01
下部の紅葉した木々は10月半ば。八ヶ岳の白さ112月22日でした。
風景の美しさを強調する為ウソを描きました。絵描きと文筆家はうそつきと昔から言われていますのでご用心をhappy01

投稿: おキヨ | 2009年10月10日 (土) 19時17分

こんばんは、おキヨ様

 鼻毛のコーナーは一寸思うところあってパスさせて頂きました(実は私鼻には大変コンプレックスあり)それで、飛び越えましたら、ハンバーグとエビフライ、ビーフ・シチューでしょう、小腹が空いて来ましたよ~涎も出てきました..明日はこのどれかに決めまーす。smile「うそつき」...実は俳句もかなりそういった部分がありますよ、閃きを短く押し込んだり、大げさだったり、真実ばかりじゃないのです♪ヽ(´▽`)/

投稿: ミコちゃん | 2009年10月11日 (日) 00時36分

ミコちゃん様
考えたら私の鼻にまつわることを書ける人間ではありません。コンプレックスはこちらが上(ー_ー)!!
大概の女性はハンバーグを上手に作るそうですね。私は作る過程を考えると出かけたほうが早いのでハンバーグは上達しません。最近その傾向が著しいですcoldsweats01

小説、その他の文芸はありのままでは作品になりませんからね。絵もそうです。創り上げた方が真実と言う世界ですから。

投稿: おキヨ | 2009年10月11日 (日) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鼻毛の話 | トップページ | 500回の更新 »