« 私が気後れする女性 | トップページ | ご褒美に柿を頂く^^ »

玉村豊男ワイナリーへ

先月東御市の梅野美術館行ったとき寄りたいと思っていて寄れなかった、エッセイスト、画家の玉村豊男さんが経営されているヴィラデスト ガーデンファームアンドワイナリーに今日行って来ました。

P1100535

今日の浅間山 上信越高速 富岡付近

P1100549

P1100551

P1100550

P1100553

ワイナリー庭園内  天気がよいとこの庭園から北アルプスの全貌が見えるのですが今日は残念ながら肉眼でうっすら見える程度で写真ではよく判りません。

P1100590

P1100592

P1100593

付近をスケッチのあと、このこじんまりしたレストランでランチを♪

山深い場所だというのにお昼には席がいっぱいでした。

P1100594

玉村さんの美しい植物画が展示されているギャラリー

P1100595

ワイン製造室

P1100596

売店 〔撮影は許可されています〕

P1100588

くっきりした北アルプスを観にまた来ましょう。。。

|

« 私が気後れする女性 | トップページ | ご褒美に柿を頂く^^ »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

東御市に玉村さんのワイナリーがあったのですね!
さらに、この季節の浅間山も見てみたいですね!!
来年は東へ旅する予定ですので、メモしておきます!!!

投稿: 竹内康行 | 2009年11月25日 (水) 02時28分

竹内様

玉村さんのワイナリーは東御市でも高台の見晴らしのよい場所にあります。ご当人も風景の美しさに魅かれたと新聞にありました。お出かけになるのでしたら農園が活気ずく春がいいかもしれませんね。私は葡萄の葉の美しい季節を逃しましたので来年はぜひと思っています♪

奥様がお気に召す事請け合いですよgood

投稿: おキヨ | 2009年11月25日 (水) 12時10分

先を越されました。
私もかねてから訪ねて見たいと渇望しているところなのです。
軽井沢の別荘暮らしに満足出来なかった玉村さんが、ついに探り当てた理想の場所に築いた「ヴィラデスト」の一部始終を「田園の快楽」という素敵な本に著し、それを読んで以来、少し大袈裟ですが私には聖地にすら思えるほどの存在です。
この本の中で玉村夫妻が設計家に伝えたコンセプトが「日本や東南アジアの国々に長いこと滞在した経験を持つ英国人が、引退したあとに北イタリアないし南フランスに建てたヴィラ」というものだと書かれています。
想像力に乏しい私にはゴチャゴチャデで正確なイメージが湧きません。
おキヨさんはどんな印象を持たれましたか?
なるほど、確かにそんな雰囲気のある佇まいだと感じられましたか?

投稿: 風花爺さん | 2009年11月26日 (木) 16時43分

風花爺さん様

”先を越されました”そうでしたか!これはなんだか悪い事をしてしまったような。。。^^ゞ

私はエッセイストの玉村さんが描かれる繊細な絵に興味がありましたし、玉村さんがここしかないとほれ込んだ素晴しい風景が観たかったのです。
正直に申して、御天気しだいで印象がずいぶん違うと思います。私が出かけた日はあいにく曇りがちで遠望は望めませんでした。

農園が実り、アルプスがはっきり見える日は、イタリアでもフランスでもなく、私が日本一美しい風景と思ってやまない信濃のなかの信濃風景と思います。
〔海外を知らない私です(^^ゞ〕

私は気にいった風景を目にするまでまで何度でも出かけるつもりですので、もしかするとヴィラデストでお逢いするかもしれませんね♪

投稿: おキヨ | 2009年11月26日 (木) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私が気後れする女性 | トップページ | ご褒美に柿を頂く^^ »