« 久々のお絵かき | トップページ | 恐怖の拍子木 »

反抗する爪

以前にも書きましたが、私は右足の股関節が悪い為、自分の右足の爪が上手く切れません。夫に頼むのも気が引けるし、だいいち夫も老眼で頼んでも大変にもたつくのが嫌なので今のところ自分で何とか爪を切っているわけです。

今日はデッサン会の後、友人の絵画教室作品展を観にいくという忙しさ。足の爪を切らなければと思いながらそういうわけでつい億劫でそのまま出かけました。2日ぐらい前から右足の指先になんとなく違和感を感じてはいましたが、それが今日になってはっきり痛い感じになっています。なんだろう?と思いながら出先で靴を脱いで見ることもせずそのまま家に帰りました。靴下を見て仰天!血で汚れています。凸凹に切った中指の爪が隣の指に食い込んで傷つけていたのでした。やれやれ、億劫だからといって手を抜くと爪も反抗するんですね。(ー_ー)!!

P1100541

P1100573

P1100577

P1100584

秋の名残りたち。。。

|

« 久々のお絵かき | トップページ | 恐怖の拍子木 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

おキヨ様、こんばんは
 あら~まぁ~立派な向日葵も晩秋はこうなりますねぇ、お労しやぁですネ。よく頑張った!と言ってあげたくもなりました。(笑)
爪の反抗ですか、痛そう...
爪が隣の指に当って傷つけていたのですね!
確かに爪は大事なのですよね、2日間「私にもっと目をかけて」「私にもっと手をかけて」と叫んでいたことでしょう。coldsweats02

そうですね、ミコちゃんの友人で、足の爪に自分では手が届かない為、隣家の人に爪を切って貰うと聞いた事がありました。その友人は一人住まいですので、時々お願いできる人を作っておく必要がありますネ。

他人事ではなく、ミコちゃんもあちらこちら悪いのですよ~今はいいですが、将来が心配です。手とか足とか不自由な時に、ちょっとしたことを気軽に頼める人がいて欲しい~

投稿: ミコちゃん | 2009年11月29日 (日) 01時17分

身体のどこが悪くても辛いものですね。
私も持病があって、ここ何年も実家に帰れないでおります。元気なら、実家に帰った時、おキヨさんの爪を切らせていただくのに・・・う~残念です。
今すぐ死ぬような状態ではありませんが、なかなかしつこい病気ですので、気が滅入ることもあります。

私は美しい山が好きです。木々は透きとおった酸素を生み出して、私たちを癒してくれます。山に住めたらどんなにいいかと思います。
そういう意味でも、おキヨさんの写真や絵は私にとって、大きな癒しになっております。

おキヨさんの爪を切ってくださる方がすぐに見つかりますように。

投稿: サニナ | 2009年11月29日 (日) 04時26分

ミコちゃん様
夏をほこった向日葵も時期が過ぎるとこうなってしまいます。ゴッホは鮮やかな向日葵ばかりではなく枯れた向日葵も描いています。朽ちるものの美に心魅かれることもありますよね^^

痛そうでしょう!これが靴を履かないときにはなんでもないんですよ。靴を履くと指どうしが密着するので切り方の悪い爪が隣の指を攻撃(>_<)

ミコちゃんのご友人も下半身のどこかがお悪かったのでは?私もこういう場合一人と同じです。夫に頼むとかえって危ない〔苦笑〕

ご近所づきあいは悪いほうではないのですが、みな似たり寄ったりですので。。。〔爆〕
今は指3本の爪が切りにくいのですが、5本全部切りにくくなったらフットケアに行くより仕方ないですね。。。

投稿: おキヨ | 2009年11月29日 (日) 11時41分

サニナ様
ほんとうに。。。人間生きているといつかは故障が起きるのがむしろ自然な事と考えて憂慮はしていないんです。病気にとらわれるほどつまらない人生は無いですからね。病気を仲間と思って。。。winkもっと深刻なご病気をお持ちの方もいらっしゃるとは思いますが、そういう方はたいがい深い人生観を持って生きていらっしゃいますよね。

今の時期時間的に余裕がありますので野山を満喫して幸せを感じていますnote
サニナさんやっぱりご実家が私と近かったのですね(*^^)v
昔近くの市町の家並みを軒並みスケッチしたものがあるはずです。もしかしてご実家を描いた事があるのかも?good

投稿: おキヨ | 2009年11月29日 (日) 11時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久々のお絵かき | トップページ | 恐怖の拍子木 »