« 親切かお節介か。。。 | トップページ | 色褪せないオードリー・ヘプバーン »

映画〔沈まぬ太陽〕を観る

以前から観たいと思っていた話題作〔沈まぬ太陽〕を今日観てきました。

主演の渡辺謙ほか三浦友和、石坂浩二 加藤剛 女優は 鈴木京香 松雪泰子 などの他、中堅の役者が勢ぞろいという大変な豪華キャストで、これだけでもこの映画にかける制作側の並々ならぬ思いが判ります。

ストーリーは、国民航空の労働組合委員長を務めた主人公が、会社に疎まれ海外の僻地に追いやられて10年以上辛苦を余儀なくされ、やっと日本勤務となった途端に、未曾有の航空事故といわれる御巣鷹山墜落事故に見舞われるという物語が回想形式で展開します。

私は山崎豊子原作のこの作品5巻のうちの〔アフリカ編 上〕だけを読み終わり、映画を観たわけですが、映画は〔御巣鷹山編 3〕から回想式で始まりました。事故現場や海外ロケなど臨場感を持ってかなり丁寧に描かれてはいましたが、原作は5巻の長編、映画は3時間22分です。原作にある細部の描写がかなりの部分省略されているのは仕方ありませんね。原作を読まずに映画を先に見るのならかなり満足を得られるできばえではないかと思いました。

主演の渡辺謙は圧倒的な演技力で魅了します。昔、面白みの無い俳優ナンバー3に入っていた三浦友和は今回はなかなかの存在感がありました。個人的な好みをいえば私は渡辺謙は時代劇のほうが好きですね〔ラストサムライ〕は素晴しかったし、昔、20代でNHK大河ドラマ伊達政宗を演じたときに大きな俳優になると思いました。

この原作が、実際に存在する人物をモデルにしたことや、N航空会社の内情の事実関係でいろいろ物議を醸していますが、純粋にフィクションとしても十分に見ごたえがあります。

P1090900

|

« 親切かお節介か。。。 | トップページ | 色褪せないオードリー・ヘプバーン »

雑記」カテゴリの記事

コメント

もう観たのですか、早いですね。
渡辺謙は好きです。たしかに「ラストサムライ」は素晴らしかったです。
話題の大作なので観たいですが、3時間22分とは長いですね。最近はあんまり長いとどうも・・・でも観てみたいです。

投稿: 矢嶋武弘 | 2009年11月18日 (水) 10時21分

矢嶋様
〔沈まぬ太陽〕は矢嶋さんの好きなタイプの映画ではないかと思います。社会性もあり主人公が腐敗した会社の内部事情に流されない正義感のある強い人間として描かれています。渡辺謙は適役でした。

確かに3時間22分は長い時間ですが長さはあまり感じませんでした。ただ途中10分休憩にトイレが集中して・・・^_^;


わぁ!酷い文章を見られてしまいました〔汗!〕自分でも意味不明なところがありましたのであわてて書き直しました。"^_^"

投稿: おキヨ | 2009年11月18日 (水) 11時29分

こんにちは、おキヨ様
 話題作「沈まぬ太陽」の映画化で観に行く人は多いでしょうね~おキヨ様は早くも鑑賞されたのですね、3時間22分は普通なら長過ぎると思いますが、引き込まれる内容と出来栄えのお陰で平気だったのでしょうね。封切の挨拶でしたかしら?テレビで、渡辺謙さんが長い撮影の現場を想い出して涙ぐんでおられました。これは観たいなと思いましたよ~happy01今日の柿の絵、写真で見るより新鮮で美味しそうですね!(・∀・)イイ!

投稿: ミコちゃん | 2009年11月18日 (水) 14時58分

ミコちゃん様

今一番外出のできる時期ですので、あちらこちらと。。。^^
映画は何十年も観た事がなかったのですが、新しい映画館を見つけることが出来たのです\(~o~)/最初に見たのが〔剱岳〕今回が2回目で、どちらもブログのお仲間が先にご覧になってその記事を拝見して触発され観に行くというパターンです♪
映画館の所在を知ったのが何よりでした。
そうでしたか、謙さんが泣いた。。。この映画に対する思い入れが強かったのでしょう。


ふふふ、昔のおぼつかない絵がたくさん出てきました。今はこういうのあまり描かないんですよ。^^


投稿: おキヨ | 2009年11月18日 (水) 19時49分

山崎豊子さんは素晴らしい作家ですよね。
原作がしっかりしてて、役者達も一流ならきっと
いい作品であると思います。なるべく私も見に
いかなくちゃ。

投稿: バルおばさん | 2009年11月18日 (水) 21時53分

バルおばさん様
なかなかいい映画ですよ。
最近日本映画も見ごたえがありますね。

バルさん、映画を観るにあたって気をつけなければならないのはトイレ!途中休憩になったら誰よりも早く行ってください〔爆〕happy01

投稿: おキヨ | 2009年11月18日 (水) 23時11分

ご覧になったのですね。お疲れ様です。しかも映画館では2本目でしたか。とにかく、映画になって大勢の人が知るようになったのは良かったと思ってます。私は今3巻目を読んでいます。順番が逆です。

投稿: Bianca | 2009年11月19日 (木) 23時32分

Bianca様
貴女のブログを拝見し、矢も盾もたまらず^^ゞ本のほうはひとまずおいて観てきました。

賑やかな俳優陣でしたね。

恩地がなぜあそこまで我慢しなければならなかったとか、海外の出張先の過酷さがあまり表現されていませんでしたが、映画化はそんなものですよね。

あの人間模様をみて、自分はどのタイプかと思う人がいるのではないでしょうか。。。

投稿: おキヨ | 2009年11月20日 (金) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 親切かお節介か。。。 | トップページ | 色褪せないオードリー・ヘプバーン »