« 力士雷電為右衛門 | トップページ | クリント・イーストウッドの映画 »

幕末の志士集合写真?

じつは昨日の続きです。雷電記念館で最も興味をひいたものは、誰もがご存知の幕末の志士が勢ぞろいした写真が展示されていました。なぜ雷電記念館にこのような写真があるのかわかりませんが、その顔ぶれが凄いですよ!

西郷隆盛、勝海舟 坂本竜馬 大村益次郎 高杉晋作 木戸孝允 桂小五郎 山県有朋 伊藤博文 大久保利通・・・〔まだまだたくさん写っていますが忘れました〕 うわぁ~凄いと写真を観て興奮する私に夫の〔こんな事あるもんかょ!合成写真にきまってるだろ!〕と水をかける様な言葉。そういえば西郷隆盛の写真が無いと聞いたことがありますが、この写真にはしっかり写っています?

最も不思議に感じたのは明治天皇が志士たちに混じって普通の格好で写っているではありませんかsign02  いいの?こんな写真出回っていて。。。

真相をご存知の方いらっしゃいません?

P1100663

軽井沢追分宿

P1010433

|

« 力士雷電為右衛門 | トップページ | クリント・イーストウッドの映画 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

合成写真のことならその権威とも云うべきHikoさん
に聞いてみるといいですネ・・あの方、最近ブログに於いて合成写真に凝っておられるようですから・・ プププッ

投稿: 伊藤 | 2009年12月 2日 (水) 01時06分

多分おキヨさまが見られた写真はコレだと思いますけど?
・・・

http://www2k.biglobe.ne.jp/~natsuko/natsuko5_2.html


解説者もウィリアムズの子息の前が明治天皇である
との説には疑問視している様であります。

投稿: 伊藤 | 2009年12月 2日 (水) 02時00分

訂正致します 
「フルベッキの息子ウィリアムズの前が明治天皇」と書き込むところを誤って「ウィリアムズの子息の前が明治天皇・・」と書いてしまいました。


投稿: 伊藤 | 2009年12月 2日 (水) 02時14分

結論を申しますれば、合成写真云々と云うよりも
人名の書き込みが全くデタラメという事になりましょうか・・高杉晋作も彼の別の写真を見る限りこんなゴツイ男ではありませんよネ・・

投稿: 伊藤 | 2009年12月 2日 (水) 02時35分

伊藤さんの解説と写真の説明から考えれば、完全な合成ですね。
1865年ではまだ薩長同盟も結ばれず、だいたい幕臣の勝海舟や明治天皇が一緒にいること自体、おかしいですよ。
その時代にしては、合成技術は大したものだと言っておきましょうか(笑)

投稿: 矢嶋武弘 | 2009年12月 2日 (水) 16時11分

伊藤様
わぁ!!有難うございます\(~o~)/
出かけておりましてコメントレスが遅れ申し訳ありません。

それにしても貴方様は頼りになるお方!困ったときの伊藤様♪ですね^^

やっぱり。確かに添付の写真と私が見た写真は同じです!では日本のあちらこちらにこの写真があるということになりますね。もっと注意してみれば但書きが書いてあったと思いますがたぶん私が見落としたのでしょう。私よりはこの時代の人物に詳しい夫が変だと頭から疑問視していました。

添付の一人ひとりの人物興味深く拝見しました。面白いですねぇ!今晩またじっくり拝見します。

このことで伊藤さんにはお時間を摂らせてしまった様で申し訳ありませんでした。

投稿: おキヨ | 2009年12月 2日 (水) 19時34分

矢嶋様
伊藤さんのおかげですっきりいたしました。
やっぱり私が観た写真は信憑性に欠けます。
最初はあまりにも自然な写真に見えたので、あの時代にもこの面々が一同に集会するということがあったのかしら・・・と思いましたが、夫が写真の顔とそれぞれの人物の顔から判断して年齢的にあわないところがるといっていました。つまり寄せ集めたふしがあるということですね。。。

外にでると面白いものに出会うものですね^^

投稿: おキヨ | 2009年12月 2日 (水) 19時44分

おキヨ様、こんばんは
 このような写真が堂々と展示されていたら、本物かと驚きますよね~今日はミコちゃんも良い勉強になりましたよ!時代的にも、人物の年齢的にも合わない人が中にいるということでしょうネ。その写真を見させて頂き、明治天皇の不自然さに納得でした。ありがとうございました。(笑)

投稿: ミコちゃん | 2009年12月 2日 (水) 20時30分

矢嶋さま、解説文の最後の方に

「本当はフルベッキと佐賀藩の侍たち、明治2年(1869)年3月、フルベッキが

東京の開成学校の教師となって上京する前に彦馬が撮ったものです。

↑ように書いてあります様に、この写真は合成写真ではなく本物の写真です・・

只、その意図は解かりませんけれど、何でもない佐賀藩士の侍に、幕末に活躍した著名人の名が書き込んであるだけのことなのです、

まぁ推測しますれば、当時の情報の無い時代に
この写真を見せながら、「これが西郷隆盛で、これが勝海舟、そして此処にいるのが伊藤博文・・」
なんてこと言われりゃ、写真を見せられた者はまともに受けますよねぇ・・

投稿: 伊藤 | 2009年12月 2日 (水) 20時31分

多分おキヨさんがご覧になった写真と同じものを、私は長崎県のさる斎場で見たことがあります。
その説明には、明治天皇の該当者はなかったと記憶しますがその他の大物は網羅されていました。
ずっと半信半疑で今日まで過ごしてきました。やっとすっきりしました。

投稿: 周坊 | 2009年12月 2日 (水) 21時29分

伊藤さん、有難うございます。
1869年の本物の写真なのですね。ただその前に、写真の解説に1865年(慶応元年)の「統幕リーダーの歴史的結集」とあったので、そんなことはあり得ないと思ってコメントした次第です。少し早まりましたか(苦笑)
その当時は、写真の魅力が今より数段も不思議だったと思われますね。
伊藤さんの御努力に敬意を表します。

投稿: 矢嶋武弘 | 2009年12月 2日 (水) 21時36分

ミコちゃん様
本当ですよ。幕末の志士の本当の顔など今の人はほとんど正しくは知りませんもの。こうだといわれればそうですかと思いますよね(^^ゞ
でも一瞬ワクワクしたのは事実です。
しかし不思議ですねぇ、どうしてあのような信憑性に欠ける写真が方々に出回っているのでしょう?
あの写真の人たちもいいかげんな名前をつけられて今の世にばら撒かれているのは心外でしょうね。。。

投稿: おキヨ | 2009年12月 2日 (水) 23時07分

伊藤様 矢嶋様

この写真そのものは合成などではなく本物だったのですね。どういう意図ででたらめな名前をつけたのか知りませんが、見たものは誰だって〔おぉ~!〕と興味を持ちます。私も一瞬ですがワクワクした一人です(^^ゞ

いろいろとお手数をおかけいたしましたheart

投稿: おキヨ | 2009年12月 2日 (水) 23時19分

周坊様

たぶん同じ写真でしょうね。。。
おそらく同じ写真がたくさん出回っているのだと思います。しかしこの写真の展示は何の問題にもならないのでしょうか?せめてしっかりした但書きを添えるとかしないといけないのではないでしょうか?

私も伊藤さんからきちんと説明をしていただきすっきりしました。
持つべきものは物知りのブログ仲間というところでしょうかhappy01

投稿: おキヨ | 2009年12月 2日 (水) 23時29分

私も同じ写真をある事務所の壁に掛けてあるのを見かけました。こんな写真はありえないと思いました。でも気になっていろいろ調べました。わかったことは、写真そのものは真正な物です。真ん中の人物は英語の先生とその娘さんです。その両脇がお公家の子息である岩倉兄弟が一介の藩校に入学したことを記念するために撮影されたもので、彼らを迎えた教師と生徒の集合写真とのことです。くわしくは、こちらに大学の先生が発表しています。http://pro.cocolog-tcom.com/edu/2007/01/post_1dcc.html

投稿: szks | 2010年2月26日 (金) 20時23分

szks様
ようこそおいでくださいました。
そして詳しい内容の添付わざわざ有難うございました。
拝見したところ、この写真はかなり前から問題になっていたようですね。この問題写真が公の場所にいまだに飾られているのはどういうことでしょうね。。。私はもの知らずですからこの写真を見てほんとうに驚きました。

添付いただきました資料はまだ途中ですが、これからゆっくり拝見したいと思います。

投稿: おキヨ | 2010年2月26日 (金) 21時44分

早速のお返事ありがとうございます。
もう少し追加いたしますと、明治天皇が
写真に写っていることから、「明治天皇すり替え説」
などという話も出てきたのではないかと思います。
でもまあ、百歩譲ってそこに真実があるとすれば、
日本の歴史が書き換えられることになるし、
日本人としてロマンのある話です。
明治天皇と勝海舟の名前を書き入れたことは、
いくらなんでも悪乗りしすぎですね。

投稿: szks | 2010年2月26日 (金) 22時45分

szks様
うっかりしてレスが遅れました。
明治天皇すり替え説・・・とするとお写真で拝見する明治天皇様はもしかして?というころでしょうか。でもフルベッキの写真の明治天皇と称される方はいかにも風格に欠けます^^
このあたりからして鈍い私でもsign02と思いました。
勝海舟だって写真はありますものね。

投稿: おキヨ | 2010年2月27日 (土) 17時19分

明治天皇すり替え説というのは、足利尊氏の時代に天皇家が南朝と北朝に分かれた時代があって、今の天皇は北朝系ということになっているんですけど、その時の南朝の末裔が長州で育てられ、明治維新の時、天皇家が東京に行幸して結果的に遷都したときに南朝の末裔とすりかわったというものです。ですから、あの写真の人物は南朝の末裔だというんです。とんでもない話だと思います。
それから、勝海舟は幕府方の人間で、西郷隆盛と会談し江戸城無血開城した人です。勝海舟のおかげで江戸が戦場にならずにすんだわけで、無駄な内戦を回避したことで、結果的に何百万人もの命がすくわれたわけです。日本歴史上高く評価されるべき人だと思います。その勝海舟が長州や薩摩方の人物とともにあの写真におさまっているならば、大分イメージは変更しなければなりません。ですから、ありえない話です。
ながながと堅いお話で申し訳ありません。

投稿: szks | 2010年2月28日 (日) 08時06分

szks様
私はその時代の歴史に疎いものですからこのコメントレスを書く前に〔明治天皇すり替え説〕を検索して少しだけ読んでみました。事実かどうか、信じる信じないは別として読み物として面白かったですねぇ!これからまた続きを読みたいと思います。

よくみる勝海舟の顔は写真ではなく描かれたものだったんですね!よくできていますね。

szksさんのおかげで明治維新の新説の面白さに触れました。有難うございます。

投稿: おキヨ | 2010年2月28日 (日) 12時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 力士雷電為右衛門 | トップページ | クリント・イーストウッドの映画 »