« 無言の圧力 | トップページ | 鬼怒川温泉へ »

じっとしていられない子供

今日ラジオで〔子供が教室で授業中立ち歩く現象が著しく、教育関係者の間で問題になっている〕という話をしていました。

多動症という病気がありますが、そんなに多くの子供が同じ病気になるわけがないと考えれば単に家庭のしつけではないかと思います。たしか20年ほど前にも〔学校で動き回る子供〕という話を聞いた事もあるし、知人の教員からも昔同じ聞いたことがあります。ということは今の話しではなくずっと以前からあったこと。そのしつけの悪い子供達が成長し結婚して子供を生んで育てたわけですから当たり前といえば当たり前。動き回る子供はその親にしてこの子ありである時代からの遺伝です。

その親を育てた親はとさかのぼればどこまでいくでしょうか?〔子供を育てなかったからいえること。。。^_^;〕

107_0706

お絵かきに熱中する子

|

« 無言の圧力 | トップページ | 鬼怒川温泉へ »

雑記」カテゴリの記事

コメント

heartおキヨ様
よく聞く話ですが。。。私の子供のクラスでは
そんな事はありませんでした。
世間の風評を聞くと。。。
親が悪い・子が悪い・教師が悪い。。。と色々
考えた時期もありますが
どうも人間と言うのはどれが欠けてもあかん
不自由で融通のきかないもののようですweep


投稿: sunday | 2010年1月 8日 (金) 12時05分

Sunday様
それは幸いででしたね。そういう子供がクラスの中に居ると他の子にも影響があるでしょうからね。
そうですよね。みな責任を負いたくはないのですよ。^^
基本的なことは家庭にあるといって間違いないでしょうね。

世の中が複雑になって混乱し思考が鈍っている?

投稿: おキヨ | 2010年1月 9日 (土) 18時46分

おキヨ様、こんばんは
 このような子供さんは幼児の頃からそれらしい兆候があるそうですね、多くの因子が関係していると考えられていますが、学童時期に入ってもまだ多動性症候群が直らない場合は親は大変悩むと思います。成長とともに治まれば良いのですが、遺伝的なものも影響しているかも知れません。

子供を授かる時、凄く期待して待ち一生懸命に育てても、理想の子供像とかけ離れてしまって、がっかりする親も多いものですよ、また出来の良い子だと世間になんとなく鼻が高くなり、つい自慢ぽくなりますね、これも慎みのないことですが。

子供の為に常にあれこれ心配ばかりしているのが通常の親の姿ですね。どこからか歯車がずれてしまい、子育てに深刻な苦労をしている人は大変多いようですよ。

世の中に迷惑をかけずに生活してくれたらそれが一番だと思いますね、お話の中心がズレたようです、ごめんなさい。

投稿: ミコちゃん | 2010年1月 9日 (土) 22時51分

ミコちゃん様
私の言い方だと確かに子供の教育に悩むお母さんには酷でしょうね。
多動症というのは症状をもっているのですよね。しつけが出来ていないというのとは違いもっと深刻なのでは?これは専門家が必要だと思います。
ラジオで聴いたところでは、普通のお子さんにそのような行動が多いので先生が困っていると。。。
親がその行動をなんとも思わないか、思ってもなす術を知らないか。。。

たとへば、人にぶつかりながら駆け回っているお子さん2人に〔人の迷惑になるからよしなさい〕と云わないお母さんを見かけますが、そういうところでピシっと叱るのが親のしつけです。
〔云っても聞かない。子供だからしょうがない〕でははじめからしつけを放棄している事になるのではと思います。

子供のしつけとか教育はどれほど難しく、親の悩みごとかは私も見聞きしているつもりですが、実際に体験していないので私が書くべきことではなかったかも知れませんねcoldsweats01

投稿: おキヨ | 2010年1月 9日 (土) 23時35分

おキヨ様。。。snow
しつこいわよ。。。って言わないでよ。

兵庫県の児童福祉協会と言う所に仕事で
通っていた事を思い出しました。
そこには多動の子供達が親御さん達と勉強に
来ていました。
「家の子もじっとしてないよ」って言いますと
「普通に動くのはいいんだけど。。。」と
その普通?をもっと超えた他動?なんだそうでした。

子供は親を育ててくれる有難い代物ですが。。。
その労力たるや。。。大変なものなんでしょうね?
女は業が深いから3人子供を産まないと駄目って言う
記述を読んだ事がありますよん。
私もどんどん産むつもりが。。。タイムリミットが
すぐ来てしまったからwink

投稿: sunday | 2010年1月10日 (日) 17時48分

Sunday様
しつこいだなんて云いませんとも。
判らなかったことが〔そうだったのか!〕ということもあるし。。。
では多動症というのは専門家を必要とせずに直す事ができるのですね?
ただ活発なだけのお子さんを過剰に心配するとか、と言うことでもない?

黒柳徹子さんも変わったお子さんだったらしいですね。こうなると教育者や親御さんも一概に子供を押えつけるのは考えるかも。。。
確かに難しい問題です。

投稿: おキヨ | 2010年1月10日 (日) 21時12分

おキヨ様、こんにちは
 目に留まったこと、感じられたことは大いに書いてくださいね~それでこそ吾等のおキヨ様ですよ~(微笑)

疑問だらけの世の中なのですからネ。私三人育てましたが未だにあれで良かったのか悪かったのかと思います。confident

確かに黒柳徹子さんもユニークなお子さんだったと聞きますが、成人されてからは堂々たる魅力的な素晴しい女性ですよね~

昔から「三つ子の魂百まで」といって、幼児期学童期に基本的なルールなどしつけをしてあげることが是非とも必要なのですが、
そこが疎かで緩やかな親御さんが
時々いるようですね。本人が頭を打つことになりかねませんし、周囲に多大な迷惑を及ぼしかねませんよね。

投稿: ミコちゃん | 2010年1月11日 (月) 14時49分

ミコちゃん様
難事業の子育てに〔これぞ正しい育て方〕というものがあろうはずがないですよね。
ただ他人に迷惑と思える行為をした場合は叱る〔教育〕ということが必要だと思います。
叱り方もいろいろですよね。
私の嫂は子供に注意するとき同じ目線になるようしゃがんで子供の両手をとって真剣に怒っていました。口やかましいだけでは絶対に駄目だと思います。
叱り方もいいかげんでは私のようなわがまま女になります。


ミコちゃんは優秀なお母さんであることは間違いありませんよ。私が太鼓判を押します!full


投稿: おキヨ | 2010年1月11日 (月) 19時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無言の圧力 | トップページ | 鬼怒川温泉へ »