« 光陰矢のごとし | トップページ | 下世話な話 »

ムクドリの悲哀

我が家の猫に額ともいえない狭い庭にも、水飲み場があるので、常連として雀がやってきますが、最近はムクドリが幅を利かせるようになりました。雀の可愛らしさと違い、ムクドリのなんとも中途半端な大きさ、色は好意的な目を向ける気になれません。鴉も人に好かれない代表のような鳥ですが、鴉は美しい黒色と形をしているので、鴉の好きな画家は多くけっこう絵のモチーフになっています。

造形の神にも目をかけられなかったのかムクドリはいかにも愛されないタイプの鳥。声も悪いし。。。もし彼らの羽に一筋の鮮やかな色があったとしたら印象がだいぶ違うものであったでしょうに。。。

愛情は持てない鳥なのに同情はします。なんだか身につまされるではないですか。。。coldsweats01

P1110134

上高地 F4号

|

« 光陰矢のごとし | トップページ | 下世話な話 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 光陰矢のごとし | トップページ | 下世話な話 »