« モラハラ!? | トップページ | 今年のほ~ふ »

石仏〔拙句〕

○ 幾年を野におわせしや石仏

○ 野仏の笑み深くあり冬赤城

赤城山麓を歩くと野仏や道祖神に出会うことがあります。年号は享和とか天保 嘉永などが多く200年前代のものが多いようです。中には風化して年号を読み取れないものもありもっと旧い時代のものかもしれません。いづれも小さく野ざらしで、その古代ギリシャ彫刻にも似たアルカイックスマイルはなんとも神秘的で心魅かれます。

昨年から拙ブログに訪れてくださるミコちゃん様の影響で俳句に関心をよせるようになりました。俳句を創る上での約束事を無視したもので、失笑は免れないと思いますが、罰せられはしまいとおもいます。。。お絵かきのときのように飽きなければいいのですが・・・^_^;

〔撮影 4月 5月頃〕

P1040516 

P1080765

|

« モラハラ!? | トップページ | 今年のほ~ふ »

雑記」カテゴリの記事

コメント

 -冬赤城 往く野仏に 笑み深くー
文字の並びだけ換えて見ました、失礼!

投稿: 仙人 | 2010年1月 5日 (火) 08時18分

石仏って懐かしいですね。最近はあまり見ません。
お世辞ではなく良い句だと思いますよgood
お絵かきも良かったのですが、俳句もぜひ続けてください。
それにしても、お絵かきはもう断念したのですか?

投稿: 矢嶋武弘 | 2010年1月 5日 (火) 09時07分

仙人様
短歌も俳句も同人どうしでよくやりますね^^関心をよせてくださったと解釈して嬉しかったです(^o^)丿
これも絵と同じでド素人うちがはなですね^^ゞ

投稿: おキヨ | 2010年1月 5日 (火) 11時30分

約束ごとを無視して・・と公言されていますので先刻ご承知のことでしょうが1句目には季語がないようです。無季俳句というのもありますから気にすることはないと思いますが。
ところで、先日の記事「芸術か否か・・?」で思ったのですが伝統というか型というか、そういうものが芸術にはあるのかなと。たとえば西洋音楽では、1小節に×分音符がいくつあるべきとかあるように。
絵画にはそういう約束ごとはあるのでしょうか。

投稿: 周坊 | 2010年1月 5日 (火) 11時35分

矢嶋様

拙句をお褒め頂き有難うございます(^o^)丿
むら気な私の性格すっかりばれてしまいましたcoldsweats01短歌は1年以上続いたでしょうか、ある日書き溜めたものを一瞬にして消してしまったのがきっかけでそれきりです^_^;

お絵かきは目に来ます・・・〔汗!〕

投稿: おキヨ | 2010年1月 5日 (火) 11時40分

周坊様
昨日書き忘れたことを。。。
私の命の次に大切な夫を暗に立てて頂き有難うございました。〔命よりと云わない所が微妙(^^ゞ〕

あ、そうでしたか!これでもよろしいとおっしゃってるんですね(^o^)丿ちょっと頑張りたい気持ちになりました。

私自身基本的なところで〔こうあるべき。。。〕という教えに強い疑問を持ちまして恩師の下を去ったのです。
本来人が創造するものに〔・・・なければならない〕というのはおかしな話です。
そうかといってこけおどしや出鱈目がまかり通るというのも困ったもの。新聞で〔日本の芸術界は野放し状態云々〕とあったのはそちらのほうが幅をきかしている昨今に警告したものと思います。

絵画の基本を知った上で自分がどの方向へ向かうかは全く自由です。生まれ持ったものがあれば基本も邪魔にしかならない場合もあると思います。

投稿: おキヨ | 2010年1月 5日 (火) 12時11分

おキヨ様、こんにちは
 素敵なお句と写真ですね、何をされてもお上手なので頭が下がります。

2句から何百年も野山に在って、時代時代に人々を温かく励ましてくれる野仏への畏敬の念やおキヨ様の優しさが十分伝わりました。(・∀・)イイ!

お写真、健康と幸福の象徴といわれる独特のスマイルには慈愛の神秘性が感じられ、見る人の心を温かくしてくれますね、ありがとうございました。


種田山頭火の句のように、胸をしみじみさせてくれる名句が沢山ありますから、自由俳句も広く認知されています、いいものはやはり良いのですね。

また自分は伝統的正統派であると言い切る人は基本をしっかり勉強された俳人でしょう。

有季定型に限るとか、季重ねは良くないとか、三段切れは駄目だとか、~や~かな を1句に両方入れてはいけない、切れを一つは入れなさい、散文調はあまり宜しくない等、決め事はいろいろあるようですよ。

そういうことを知った上で、それでも尚このように
詠みたい!と思えば、それはそれで思いの溢れた素敵な句なのではと思います、共感を生むことでしょう。

ミコちゃんもかなり冒険的な句作もしますので、笑われていることでしょうネ。(^-^;

投稿: ミコちゃん | 2010年1月 5日 (火) 13時58分

ミコちゃん様
貴女がきっかけではじめた俳句をすぐに飽きてしまったりしたら失礼ですよね^_^;ミコちゃんのように毎日というとプレッシャーになるので気ままに、でも出来るだけ意識的に詠むようにしたいと思います。

可愛らしい野仏にはつい感情移入をしてしまいます。同じ表情で何百年も世の移り変わりを見ているわけですからね^^

私も山頭火が好きです。奔放な詠み方に真実がほとばしっていて感銘を受けますよね。私は俳句も短歌も絵画も書道も同じように思えます。
正統派は正統派でその美しさがわかりますね。

ミコちゃんをお手本にしますので宜しくお願いしますwink

投稿: おキヨ | 2010年1月 5日 (火) 19時05分

あ、やっぱりお絵かき飽きてきたんですね(笑)。
ところでよろしかったら私の過去の記事で2008年1月を見て頂けたら、パリのいい加減さ?や、
モンマルトルの記事が載ってます。
おヒマな時にでも如何でしょうか。

投稿: バルおばさん | 2010年1月 5日 (火) 20時24分

野ざらしの石仏・・実にいいもんですよねぇ、
全身を金箔で貼られた光々しい仏像よりも、
野仏の得も言われぬその微笑みは、日頃無信心である私達に何かを訓えて呉れる様な気が致します・・おキヨさまがこうして野仏をみて俳句をひねってみる気にさせるのも一つは「悟り」への導きかも知れませんネ

投稿: 伊藤 | 2010年1月 5日 (火) 22時50分

バルおばさん様
ハイ、飽きました!!〔返事は元気よくネhappy01〕ひとつは目に来るんですよ、コレが。。。
今ね、レスを書く前にそちらでしばらく楽しんできました。日本人の几帳面さに比べたらたしかにいいかげんな所がありますね。ルーブルの学芸員ってそうなんだ!世界中の人が集まるというのに〔それがどうした!〕なんですね。
向こうさんから見ると、車の居ない交差点でも辛抱強く信号が青になるのをじっと待っている日本人は不気味だそうですよ〔爆〕
パリの話題はもちろん楽しかったのですが、今日のお気に入り〔あの頃の闇〕抱腹絶倒でした。
それからね、2月14日の〔ありゃまの一周年〕のインパクトおばさん、私の近所にそっくりの人が居ます!ホントそっくりですよ、そっくり!
続きを見に当分通いそう・・・notes

投稿: おキヨ | 2010年1月 5日 (火) 23時47分

伊藤様
たいそうな建物の中に鎮座まします御仏にはなにやらの恐れを感ぜずにいられませんが、野にある仏達はそうではありません。〔まぁまぁ、寒いだろうに、暑いだろうに何百年もご苦労さん。。。〕と気安く触れられます。あの微笑にはほんとうに癒されますね。悟りませんけどね〔爆〕

投稿: おキヨ | 2010年1月 5日 (火) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モラハラ!? | トップページ | 今年のほ~ふ »