« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

のびしろが有りや無しや

カテゴリーをひとつ増やしました。最近忘れかけているカテゴリーもありますが・・・^_^;

私は確かに年ですが、だからといって進歩をあきらめてしまってはいません。新しく作品を描こうとするとき、むしろ若い時代より現在のほうがずっと自分に期待感が持てるのです。前年の作品が人の評価も、自分の評価も悪かったとすれば、それを恥じて頑張ろうとするし、多少持ち上げられたりすると、なおいっそう頑張る気持ちが湧きます。が、たいていは思うようにはいかない。しかしこの頃、上手くいくいかないは自分の中ではたいして深刻な問題ではないと思えるようになりました。生涯真剣に向き合えるものがあるということ、生き甲斐をもっているというだけでいいのだという思いになってから、絵を描く上での雑多な思いが徐々に少なくなった気がします。

ではなんの欲もなく、単に描く喜びだけでいいのかというとそうではありません。自身を褒める進歩が欲しい。それがための努力ならまだ充分に余力が残っているのです。自分にはまだのびしろがあると信じていればこその話ですね。

特に書くべき出来事がなかったので、こんなつぶやきをしてみましたdelicious

P1110467

高畠華宵 画

| | コメント (4)

無神経きわまる夫

久々に夫の悪口ですsmile 以前から調子のよくなかった私の部屋のラジオが聴こえなくなりました。夫に直して欲しいと言ったところ、私が炊事している間にガタゴト音をさせていましたが、〔アンタのラジオは壊れちゃったので、別のラジオをよく聞こえる場所に移したよ〕というのでいってみると・・・唖然!!

書棚の上に拾ってきたような板っきれを2枚凸凹に打ち付けてその上に型の旧いラジオを斜めに乗っけ線が何本かぶら下がっている始末。私のラジオが壊れたので、今まで使わなかったものを引っ張り出してきたようです。夫が自分の部屋をいじるときによくやるありあわせを利用する方法です。自分で云うのもなんですが、私の部屋は好きな小物と絵を飾りきれいに整頓されている部屋、お爺の部屋とは訳が違います。こういうなりふりかまわないやり方を妻が嫌がるというのを45年も共にくらしてまるでわかっていません。 〔ラジオ要らない、聴かなくていい。部屋を元どうりにしてください!〕というと〔あの場所が一番よく聴こえるんだよ〕〔それでも要らない!bomb

どうして嫌がっているのか説明するまでわからないお爺ですangry  

P1110483

| | コメント (2)

東洋式整体マッサージ

私は週に一回同じマッサージ師の施術を受けていますが、これも何年もとなると飽きてくるものです。マッサージ師も同様とみえてときどき施術がだれてくることが手の加減でわかるものです。そこでたまには違う処で違うマッサージをという浮気心が起こっても不思議はありません。で、今回は〔東洋式整体〕というマッサージをある場所で受けてみました。マッサージ師は中国の40代とおぼしき女性です。

彼女の〔オネサン〔おねぇさん〕、アシ〔足〕タイヘンネ。イタイ?〕という鼻にかかった可愛らしい片言の日本語が気を許してしまいます。一言のはじめにかならず〔オネサン〕は71歳のお婆には明らかに営業言葉 〔オネサン、ドコノヒト?〕〔オネサン、ヒエショー〔冷え性〕〕〔オネサン カタ〔肩〕カタイネ〕 私はマッサージのときに話しかけられるのは嫌なのですが仕方がないのでこちらからも質問〔日本に何年いらっしゃるの?〕〔9ネン〕・・・9年もいてこの片言?〔日本語は難しいでしょう〕〔ニホンゴ、ムツカシイ、ナカナカオボエナイ〕〔ワタシノオカサン〔お母さん〕ニホンジン 78サイョ〕〔へぇ~、貴女日本人なの!〕〔オトサン、チュウゴクノヒトネ〕〔ハーフなんだ。。。〕

こんな会話をしながら東洋式整体を1時間。女性の割にはやや乱暴なマッサージに思いました。と、彼女、〔オネサン、ヒエショー〔冷え性〕アシ、ツメタイ。アシツボ〔足つぼ〕マッサージトテモヨイ、アシツボスルネ 〕と足元に回り何かクリームのようなものを足に塗り始めたので観念、こういうときこの不便な片言が力を発揮する事がわかりました。あしつぼマッサージなんかいらないといったってたぶんこの可愛らしい片言を繰り返して強引にやると思う!そういう雰囲気の〔オネサン〕でした。整体6000円+あしつぼ2500円=8500円也といつもよりは高めの代金でしたね。eye

P1110356

奥の黒い頭の鳥は〔バン〕だそうです。

| | コメント (2)

カフェーパウリスタ

鬼の如く黒く恋の如く甘く地獄の如く熱きコーヒー

明治37年〔1904年〕創業のカフェーパウリスタのキャッチフレーズいかにもレトロなムード醸しています。これは昨日の記事〔夢みる女性誌〕を土屋文明記念館に観にいった際にショッピングコーナーにあったもので、このキャッチフレーズに魅かれ当時のコーヒーを再現した〔パウリスタ・オールド〕という銘柄を買ってまいりました。

パウリスタは当時銀座6丁目に店があって文化人達のたまり場だったようです。

○ 珈琲の香にむせびたる夕べより夢みる人となりにけらしな   吉井勇

○ やわらかな 誰が飲みさしし 珈琲ぞ 紫の吐息ゆるくのぼれる 白秋 

パウリスタのパンフレットにあった歌です。大正時代パウリスタの常連客は吉井勇 菊池寛 久米正雄 徳田秋声 正宗白鳥 宇野浩二 芥川龍之介 久保田万太郎 佐藤春夫 獅子文六 小島政二郎 眩暈がしそうな面々ですね。。。画壇では 藤田嗣治 村山魁多吉田博など。。。その他高村光太郎と千恵子なども見えたようです。日本の文化の夜明けは珈琲と共にありというところでしょうか。。。

現在本店は銀座8丁目にあるそうですが、私は昔よく資生堂ギャラリーに行くことがあったのにカフェーパウリスタは全く知りませんでした。というか、私の周りは無粋者ばかりでカフェー・パウリスタの存在を誰も知らなかったと言う事です。まことに残念!!

P1110470

中原淳一画の乙女チックなカップ。誰!嗤ったのは。。。punch

| | コメント (4)

夢みる女性誌

群馬県〔土屋文明記念館〕で〔夢みる女性誌〕という企画展を観て来ました。明治~昭和30年代までの女性誌の変遷、女性の生き方と題した展覧会です。会場には昭和20~30年代の少女雑誌を懐かしむ女性達が多く、お互い共通意識を感じるようで目が合うとはにかみの表情で会釈をする方もいました。

ポスターはその時代を代表する挿絵家、中原淳一のまさに〔夢みる乙女〕の絵でしたので、いっしょに出かけた夫はさぞ退屈するだろうと思いましたが、日本の文化の移り変わりや女性達の改革運動、また当時の時代背景が順に展示されてあったので興味津々で観ていました。

明治、大正時代、当時の女性誌の表紙を飾るのが藤島武二、中澤弘光 岡田三郎助などの一流画家であった事に雑誌の内容の格調高さをうかがい知る事ができます。

私がお目当てにしていた〔少女世界〕は明治時代創刊され昭和初期に廃刊となっていましたので私が少女時代愛読していたものは新たに創刊されたもののようで、残念ながら展示はありませんでした。

P1110466

P1110473

P1110474

P1110478

P1110479_2

昭和20~30年代一世を風靡した中原淳一の表紙絵

| | コメント (6)

日本シャンソン館にて

榛名山麓にある伊香保から坂道をひたすら駆け下りると渋川市になりますが、渋川市には私が一度来てみたいと思っていた〔日本シャンソン館〕があります。20日は私の17歳の誕生日でもあったので・・・〔ん!数字が逆?まあいいじゃないですか、本人は気にしてません!smile〕ナマのシャンソンでも聴いてうっとりしましょうと行ったところ、館長の芦野宏さんは午前中に出演を終えお帰りになったということ。。。庭内にあるパリ風コーヒーショップで午後のミニリサイタルを待ちました。

2時からのリサイタルは岩崎桃子さんという私の知らないシャンソン歌手。。。館内のこじんまりしたステージで、大美賀彰代さんのピアノ演奏で雰囲気のあるステージを堪能。。。無名の方でもナマのステージは味わい深いものがあります。。。

シャンソン館には、昔懐かしい、エディット・ピアフ、イヴ・モンタン シャルル・トレネ シャルル・アズナヴールなどの写真や舞台衣装などが展示されていて興味深く観る事が出来ました。

P1110443

P1110445

P1110450

P1110452

P1110458

P1110459 

  

| | コメント (10)

おしゃべり爺2人!

伊香保の続きです。

昨日は小雪も舞っていたというのに、今日〔20日〕は気持ちよい晴天です。あまりに晴れ渡っているので、大パノラマを観るべく伊香保ロープウエイに・・・。上越の雪山が真っ白に連なって輝いていて、この季節ならではの風景を展開しています。

お孫さんを連れた老夫婦が夫に〔すみませんが写真を撮ってくれませんか〕とカメラを渡しました。お孫さんを挟んでポーズしたところをパチリとしたのをきっかけに会話をかわしましたが、このご主人、我が夫に劣らずの話好きのようです。〔どちらから?〕から始まって、現在の住まい 年齢〔七〇才〕、職業〔築地の仲買人〕、出身地〔北海道〕 世帯数〔息子夫婦と〕 趣味〔釣り〕 その他もろもろ。。。ロープウエイのゴンドラが発車するまで数十分の間二人で大きな声でいかにも楽しそうな会話。女同士は沈黙のまま。〔またはじまった・・・相手の奥様もそう思っているはずgawk〕別れしなに〔朗らかでよろしいですね^^〕と云ったら〔この年になるとね、無理にでも朗らかにしていないとどうしようもありませんよ。はっはっは。。。〕無理のようには見えませんでしたけどねhappy01

P1110397

P1110396

小野子山

P1110411

子持ち山

P1110405 

P1110427

伊香保リンク 

P1110437

P1110440

方角としては草津白根 ですが。。。? 

| | コメント (7)

伊香保の湯

温泉好きの私、我が家から1時間程度で行ける伊香保には日帰りでよく出かけますが、故郷から誰も来なくなったこの頃は泊りがけということはとんとありませんでした。そこでたまにはゆっくりしてこようかと思いつき、急の予約でもOKの宿を見つけて出かけました。温泉には好きなだけ入れるし、上げ膳据え膳が何より嬉しいnoteどうせならもすこし遠くてお出かけ気分に浸れる草津か四万へと言ったら雪が怖いとお爺が却下。。。近場の伊香保で我慢です。私はこれから絵の制作のために足腰を使うので、その前に老骨を労らないとね。。。^^

P1110377

それでもけっこうな雪!

P1110394_2

P1110391

窓から上越方面の雪山

P1110406

P1110386

私、あわびは好きですが、この残酷な方法では食べたくないとかねがね思っていました。地獄の炎に身を捩じらせて苦しむあわびから目を逸らせて数分。。。

レモンとバターで・・・あら美味しいですdelicious

| | コメント (0)

モチベーション低下の理由

〔働く意欲は入社2.3年で急低下〕ということが調査でわかったそうです。これは昔から言われていることでいまさら調査しなくても。。。と云う気もするのですが。入社1年目で57.2%2年目で36.9% 3年目で28.2%とモチベーションが下がるそうで、上昇志向で入社したものの、2,3年経つと自己の成長に停滞を感じるのが原因だというのです。難しい事はわかりませんが要は忍耐力でしょう?

これは若い人とは限らない話で、いい大人だって忍耐力が無い場合だってあるんです。私のデッサン会のことですけどね^_^;。12年前仲間とデッサン会を設立し今に至っていますが、此の間に入っては辞めていく人の目安が3年目。。。月1回の勉強会ですから、たかだか36回のデッサンしかしていないわけで、それで上手くなるとでも思っているのでしょうか?何とか形になるまで10年はかかると言われているのに3年で見切りをつける4、50代の方のなんと多いこと。。。諦めが早いというか飽きちゃうというか、大人がこうですから若い人を忍耐力が足りないなどということは出来ないと思います。

大人も若者ももっと忍耐力をつけましょう。。。アンタもね〔自分に言ってマスhappy02

P1030645

| | コメント (2)

不幸を知らない不幸

以前新聞で、詩人谷川俊太郎さんが〔自分には母に愛されて育った恵まれた生い立ちにずっと引け目があった。他人の不幸に対し、自分にはそういう体験がない、感覚が及ばないという後めたさは終始一貫ある〕というような事を書かれていたのを読んだ事があります。

このことは私にもよく判る感情です。私は母の愛情を充分に受けて育ったとは云えませんが、そのこととて、母の愛情に応えなければならないと云う、重荷めいたものを回避できる気楽さがあり、また自分だけが愛されなかったいうことでもなかったので、自分の中では不幸にうちには入りませんでした。ですからこの年になるまで取り立てて自分を不幸と思える事柄がなかったといえるでしょう。。。私の周りには、幼い頃に父母を亡くし親戚の家で苦労をした人、我が子を事故で失った人、ご主人を長年にわたり看病を続けている人、酒乱の夫とやっと別れたかと思った途端に長年のストレスで病気になってしまった人、借金癖のある息子を持った人・・・上げたらきりのないほど不幸と呼べる状態にある方々を知っています。このような悲哀を背負った方は人生の深淵というものを知っているのです。知らない者と知っている者の差。。。谷川俊太郎さんの言われる、感覚が及ばないという負い目を、図らずも運命として不幸を知っってしまった方々に私も感じるのです。

120_2094

| | コメント (8)

映画〔ピクニック〕を観る

いま夜中の2時半過ぎですが、こんな時間に何をしていたかというと、どうしても観たい懐かしい映画、1956年制作〔ピクニック〕を観ていました。

いわくありそうな流れ者と静かな田舎町に住む美しい娘とのラヴ・ロマンスで、私が高校時代に観てロマンチックに思えた映画ですが、今観ると〔う~ん、やっぱりあの時代の内容だな。。。〕という感を否めません。それでも今回50数年ぶりに観た映画なので満足でした。

当時、キム・ノヴァクは美人という評判の高い女優でしたが、この映画がデビュー作だったのか今観るとまだ洗練されていませんでしたね。主演のウィリアム・ホールデンは元クラスメートという役のクリフ・リチャードソンに比べるとおじさん!

脇役に懐かしい名前の俳優陣が・・・ロザリンド・ラッセル アーサー・オコンネル ニックアダムスはまだ少年のよう。。。スーザン・ストラスバーグは新鮮でした。

・・・と私だけが喜んでもこんな旧い映画を真夜中観ている方もないでしょうねbleah

Sketchi53big

| | コメント (2)

紛らわしい980と086

きょういつものように大好きな隣県I市の大型銭湯へ行きました。いつものように下駄箱・・・違う?あ、そうですか、シューズボックスね・・・に靴を入れ鍵を閉め、此処では鍵を受付に預けます。充分に銭湯を楽しみ鍵を受け取って、〔980〕という番号をたしかめ〔9・・8・・〕と・・・あれ?入るときに靴を入れたと記憶している場所と違うよう。。。手に持った鍵を確かめながら〔980〕を探すとおかしい?〔9〕の数字はどんどん隅っこの方向へ行きます。〔こんな所へ靴を入れたかなぁ?〕ウロウロと探しましたが〔980〕が見つからない・・・まてよ、私はものぐさだから普段入れ口近くのなるべく歩かない所へ靴を入れる癖がある、やっぱり違うと手に持った鍵の数字をよく見ると〔086〕だ!!逆に見たんですね。

しかし、記憶は鈍るし 間違いにすぐ気がつかない。生来の資質?にあわせて老化現象ですからもこのての間違い、勘違いはこれから多いにあるかも知れません。happy02

P1110268

可哀想に、夫、今年はチョコレートが1個ももらえませんでした。でもお向いの娘さんがお土産を。。。heart01

| | コメント (0)

ロウ石をご存知?

今日デッサン会でまた言ってしまいました、死語となったかもしれない旧い言葉。固定ポーズのときにモデルさんが同じポーズを保つ為に最初のポーズをチョークで形を書くのですが、私〔白墨〔ハクボク〕をとって!〕と言ってしまい、云っている途中で気がつき〔・・・じゃなくてチョーク。。。〕といいなおしました^^ゞ

白墨〔チョーク〕から連想して懐かしい〔ロウ石〕を思い出してしまいました。ロウ石をご存知の方は私同様かなり年配の方です。戦後画用紙やクレヨンなど簡単に買えなかった時代ロウ石、〔または石筆〕という子供にとって有難い筆記道具があり、ロウ石1本ありさえすれば子供は外で、地面という際限のない大きなキャンバスに思う存分絵を描いて遊ぶ事が出来たのです。地面はコンクリートなどではなく、土だったように思うのですが、よほど硬く乾いた土だったのでしょう。。。

去年長瀞の商店街を覘いたときにロウ石が売っているので驚きました。懐かしいといっても使い道がないので買いませんでしたが、売っているからには何か他に用途があるに違いありません。一体何にロウ石を使うのでしょう?

107_0757

上州名物〔焼きまんじゅう〕 素朴なお菓子ですが根強い人気があります。

| | コメント (8)

服装の乱れ騒動

、スノーボードの国母和弘選手の服装の事でテレビ ラジオ 新聞 ネットで盛んに話題になっていますね。私はよく判りませんが、あの服装は街で普通に見かけるので何でいまさらと思ってしまいました。はやりオリンピックという国際の場には相応しくないんですね。何で公になる前誰も注意をしなかったのでしょう。それ以前に、日本を代表する選手として彼を誰が選んだのでしょう?よく判りませんが、誰にも勝る技術を持った選手だから服装態度は見逃した・・・でもあまりの批判に驚いて樫本聖子団長が母親のように付き添って謝罪会見ということなのですね。会見を見て、あの国母選手、大学生と聞きましたが言語に難がありそうですね。。。何を謝らなければならないのか当人は理解していないのに母親に〔さぁ、謝んなさい!〕といわれた5歳児のような顔をしていましたが。。。

こうなったら彼は金メダルを取るしか道はありませんよ。金メダルさえ手にしたらマスコミもこぞって〔あの服装でなぁ~にが悪い。〕と云うにきまっていますし、当人も〔どんなもんじゃい、かっこええじゃろうが。。。〕と大見得きっていえます。ただのバカになりたくなかったら金メダルとりましょうヵ。。。しかし、あのヘヤースタイルに妙に似合っている格好に私には思えましたが。。。smile

オリンピック開会式堪能しましたnotes日本選手に頑張ってもらいたいですね。

P1080544

Tさん宅の愛猫

| | コメント (8)

お爺のダイエット

ほんとに呆れた! 80近い我が夫、最近体重が1、5キロ増えたそうで、〔今日から油物は食べないから作らないように!〕と言われました。食事は一緒にほぼ同じ量を食べて私は体重に変動が無いわけですから3度の食事のせいで体重が増えたとは思えません。原因は間食です。ご近所から頂くケーキ類は夫が一人で食べてしまうのです。私は餡ものなら少しは食べますがケーキは食べませんので。。。朝30分ウオーキングし、午後2時にはプールで泳いでいるというのにケーキの威力にはかなわないようです。1キロや2キロもういいじゃないかと思うのですが、夫には太れない理由があるのですよsmile プール仲間にお腹が出ている人がいたりすると〔大きなお腹をしてるねぇ。少し絞ったほうがいいよ~!〕などと余計な事を言っている手前自分がぽっちゃりしてしまうわけにはいかないのです。嫌味な爺さん自分で自分の首を絞めているんですねぇ^^ しかし考えようによっては、これ案外いいダイエット法かも。。。

それはいいのですが、好きな甘いものを無理に控えたものですから妙に機嫌が悪い。happy01

P1110284

蓼科高原 クレパス一部油彩

| | コメント (7)

IQ〔知能指数〕の話

イギリスか何処かで、IQの低さが喫煙に次いで心臓疾患のリスクが高いことを示す指標になるという研究発表をしたそうです。 喫煙、IQの低さ 低所得 高血圧 運動不足 の順で心臓病になるリスクが高いという事ですね。私は喫煙はしないし高血圧でもないのですが、その他の3点は合っていますので心臓病になるかも。。。(ー_ー)!!

IQの低さがなぜ心臓病に繋がるかというと無視と無理解だという事です。これはIQの低い人に限らないのではないでしょうか?頭のいい人だって運動が嫌いな人は運動しないし、優れたお医者さんが長年禁煙出来ないでいる例を知っています。

昔私が勉強見てやった妹が、ある日私よりIQ指数が高いという事を知って腑に落ちない思いをしたものですが、成人し、それぞれ家庭を持って、家庭人、社会人としての一般的能力が、この妹が姉妹で一番優れているという事が判りました。私など足元にも及ばないほど世事に長けているのです。そういうことだったのかとIQ指数の違いについて納得したしだいです。

P1110290_2

クレパスで描いてみました。一部油彩

| | コメント (2)

魅惑の女優ローレン・バコール

ローレン・バコールという女優をご存知の方は70代以上でしょうね。今までBSで〔オリエンタル急行殺人事件〕という74年制作の映画を観ていました。過去2度は観ている映画でアガサ・クリスティー原作の、エルキュール・ポワロが活躍する映画です。私にはあまり面白いとは思えない映画なのになぜ観てしまうかというと、私が若かりし頃陶酔した女優ローレン・バコールが観られるから。。。さすがにピーク時の容色は衰えてはいましたが、まだまだ充分に美しく、とりわけスレンダーな容姿はかのハンフリー・ボガードを虜にした頃そのまま!冷たくエレガントで、何ものにも屈しない気位の高そうなバコールの雰囲気は彼女独特の魅力で、紛い物ではない〔いい女〕の代表でした。

ついでながら、やはり昔好きだったイングリット・バーグマンも共演していましたが、残念ながら彼女のほうは役柄とはいえただのごついおばさんに変貌していました。

さらについでながら、ショーン・コネリーはこの映画では中途半端でした。彼は年齢が高まるにつれて魅力的になっていますね。老年期のショーン・コネリーはその禿頭もふくめて〔セクシーな男性NO,1〕の地位にいたことがあったを皆さんご存知?

P1010462

| | コメント (8)

お宝だったかも。。。

女ならたいてい好きな〔人生案内〕 私が結婚当時から購読しているY新聞の人生案内もよくもまぁというくらい長期にわたって掲載されていますが、ときどき〔判るなぁ~、私も同じ目にあった!〕という相談を時々見かけます。

7日日付のお悩みは〔訪問するたびに不用品を渡す父〕・・・私の場合義母でした。義母は戦前戦後、深川でカフェーを営んでいたのですが、店をやめてもその膨大な商売道具を後生大事に持っていたんですね。私が新居を持ったときその中から皿、コップ、灰皿 やかん鍋など山ほど貰ったのですが、どれも私の趣味とは違うもの。戦前のものもいいとこ、大正時代のものかなと思うほど旧いものばかり。。。当時私は江戸川にある社宅に住んでいましたので、戦後しばらく経って亀戸に越した義母は足繁く我が家を訪れてきました。ですからその古めかしい食器類を使わないわけにはいきません。癪にさわったのは2年ほどして今の地に転勤となったときそのガラクタを一緒に持って来ざるを得なくなったこと。。。義母が荷作りを手伝いにきて一つ一つ丁寧に包むものですから捨てて来るわけにはいきませんでした。もちろん転勤先では新しい社宅が狭いという理由を盾に大半のものは直ちに捨ててしまいました。義母も此処までは尋ねてきませんから。。。

ところがです。今になって思うのは〔とっときゃよかった!!〕 若い頃には全く興味の無かった骨董品が年とともに徐々に好きになり時々骨董市に出かけたりするのですが、義母から貰った長火鉢や瀬戸火鉢 彫り絵のあるテーブル 赤いガラスのランプ レトロな絵皿などもしかしてお宝ではなかったかと。。。びっくりするほど高額で売られています。後の祭りですね。。。

P1110274

P1110272

かろうじて残したもの

| | コメント (2)

Hさんの災難

ご近所のHさんから今朝電話があり弱弱しい声で〔おじちゃん居る?ちょっと来て欲しいんだけど。。。〕というのでいつもの力の要る用事が出来たのかと思い〔すぐそっちへやるね〕と電話を置きました。夫がHさん宅へ出かけたと思ったら間もなく戻り、〔大変だよ、Hさん入院しなくちゃならないようだ。動けないんだよ!〕というのです。あわてて夫と共に行ってみるとHさん、身体中の力が抜けた状態なので、近くにお勤めの娘さんにすぐ戻るよう電話をし、救急車を呼ぼうとしたら救急車は嫌だといって、夫にかかりつけの病院に連れて行って貰いたいとのこと。なんとしても救急車を拒むので帰った娘さんと一緒に車に乗せてHさんを病院に連れて行ったところやはり入院になりました。意識ははっきりしていて、口ぶりも普段どうりなので脳や心臓の病気ではなさそうですが。。。

Hさんに何が起こったのか検査をするまでまだわかりません。一過性の病気ならいいのですが気になります。

P1110250_2

なんという鳥でしょう?

| | コメント (2)

寂れゆく商店街

昨日桐生市へ出かけた話を書きましたが、続きます。

桐生市に入るとメーンストリートは軒並みシャッターが閉まっているので、〔今日は骨董市があるので商店はお休みかしら?〕と思っていたのです。午後1時を回ったので街外れのお蕎麦屋さんに入りました。客は私達だけで、愛想のよい女将さんが〔あいにくの天気になりましたねぇ〕というところから始まり、例によって話好きの夫が受けて骨董市の話などをしています。〔商店が閉まっているようですが今日は定休日・・・?〕と云う私の話を途中で受けて〔そうじゃないんですよ。みな廃業になったり、よそへ越したりなんです。商売にならないんですよ~!〕そこへ店の主人も奥からみえて、店内のストーブを囲み4人で談義となりました。〔お向いもね、あの豪邸を売りに出してるでしょう。でも買い手もつかないんです。〕〔こう不景気じゃ誰も町へ買い物にという気も起こらないようで、残っている店も商売になりません〕〔うちもこんな状態ですからいつ店じまいになるか。。。〕そんな会話の割には女将さんの声の明るいこと。。。delicious こういう方はどんな深刻な話をしても朗らかな会話に聞こえます。。。^^

桐生市は織物で栄えた街で、私がこの地方に越してきた当時はその豊かさを充分に残していました。格式ある建物が多く、ゆったりとして街ぐるみ裕福な雰囲気が感じられたものです。それだけに現在の街の様子は痛々しい限りです。しかし考えると他県の街を気の毒がっている場合ではなく、私の住んでいる商店街も全く同じ状態。日本中の商店街は今同じ憂き目を見ているようなんですね。きっと時代の変わり目なのでしょう。。。

P1110256

P1110257

なんとも云いようがありません。。。

P1110194

通過する車は多いです。

P1110246

山懐に抱かれた美しい街

P1110259 

よき時代の名残ある建物

| | コメント (14)

網谷義郎企画展

今日は桐生市大川美術館まで〔網谷義郎〕という画家の絵を観にいってきました。大正12年神戸生まれの抽象画家であまりネームバリューはありません。〔あるいは私だけが知らなかっただけかも。。。〕

大川美術館は地方の個人美術館ですが、実に格調高いコレクションを多く持つ事と、見応えのある企画展を行なう美術館で、何度となく足を運んでいますが1度たりともがっかりさせられた事がありません。有名無名にこだわることなく〔質のよい作品〕を観客に提供してくれます。

網谷義郎の作品は抽象画でありながら観るものに優しく、堅牢な絵肌も不思議と温かみと親しさを感じるものでした。また輪郭を持たない人物の素描はなにやら物悲しく訴えるものを持った作品とおもいました。

桐生市はちょうど骨董市の開催中でしたが、冷たい風と小雪の舞う中に身をさらす勇気はなく素どうりです。。。bearing

P1110201

桐生骨董市

P1110244

P1110214 

P1110216

松本俊介と作品

P1110218

難破田龍起の部屋

P1110224

P1110226

網谷義郎の作品

P1110227

え!館内でカメラを?とお思いでしょうが↑許可を頂きました♪

P1110236

館内喫茶室で一休み コーヒーは美味しかったです。

P1110234

喫茶室から 高いところにあるので桐生市の一部が見渡せます。

P1110239

署名中の 男   

| | コメント (4)

ミスタースタイル、柴田吾郎君とは・・・

昭和31年3月25日発売の〔週間朝日〕を見ていましたら、〔ミスタースタイル〕という審査会の様子が載っていました。

〔 ミスタースタイルに選ばれたのは、 身長180センチ 体重18貫 学習院大学経済科一年 柴田吾郎君 〕↓

P1110188

後の田宮二郎さんです。50代以上の方々には懐かしい俳優さんですね。

この週刊誌の表紙を受け持った宮本三郎の絵が欲しくて、古本屋から、当時50円のものを300円で買ってきたものです。

| | コメント (3)

朝青龍騒動

いやはや日本中がこれほどの騒ぎになるのはやはり朝青龍ならではとあらためて思いました。良くも悪くも朝青龍、大変な引退劇になりました。

私は朝青龍という力士が好きでしたよ。土俵下に座して出番を待つ容貌や、土俵で全身から立ち昇る闘志を見るにつけこれほど観客を魅了する力士は他にないと思っていました。彼の引退は相撲界にも衝撃でしょうし、興行的にも大きなマイナスになるのは間違いないでしょうね。

なぜこんな事になったのかについては、彼一人の〔横綱としての品格の無さや粗暴な性格〕というだけでは片付けられないと思います。その性格を押さえ込み、横綱としての品格というものを教えられなかった親方、相撲協会も同罪ではないかと思います。毅然とした強い力を持たない今の相撲協会に問題があるのでは?モンゴル出身の若者に振り回された相撲協会の不甲斐なさを問題視したほうがよくはないでしょうか。。。

ところで政界にひとり身の振り方について国民の視線を集めておられる方は朝青龍のようにすっぱりというわけにはいかないようですね。eye

Aburae11big

F4号 薔薇

| | コメント (8)

豆まき46回

今日も忘れずに豆まきをいたしました。夫の〔鬼は外!福は内!〕という胴間声がご近所を驚かせているかも。。。この声を聞いただけで鬼は退散しそうです。夫、声に限っては全く衰えを知りませんね。老人になると耳が遠くなるので自然声が大きくなると聞きますが、夫の場合昔からただデカイだけのムードの無い声です。〔何でこんな声の男と結婚したのかしら。。。あの頃気がつかなかったなぁ。。。〕おっと、大きく脱線happy02豆まきの話でしたね。〔鬼が寄り付かないのはその声のせいよね〕と私が笑うと〔鬼より怖い誰かも居るし。。。〕なんだと!!

豆まきは好きですが、最近恵方巻きとかいうものが急速に流行っていません?どうせ商魂逞しい販売業者の企みでしょうが、テレビで見ていると、ものも言わずに一方方向を向いた人たちが大きい海苔巻きに齧り付いている光景は異様で不気味ですね。美男美女にはやってもらいたくないです。

P1020750

| | コメント (6)

無口な人

股関節症の持病を持つ私、長年マッサージを受けているという事を何度か書いていますが、前の担当者が辞め現在のMさんになってから1年経ちました。前のIさんは程よい会話のできる方でしたが、Mさんは極端に無口な方。たまにこちらから話しかけても〔はぁ・・・〕と曖昧な返事で後が続きません。

それがどうしたことか、先日は〔あの、Kさん〔私の名前〕は絵を描かれるそうですね。〕と突然聞いてくるので〔ええ、Iさんにお聞きになったの〕〔はい、先日I君と逢って聞きました〕  Iさんとは長かったのでたしかにいろんな日常の話などもした覚えがあります。〔僕も書道をやっていまして○展に出品しているんです。。。〕 そして練習の間が空くとすぐに書けなくなることや忙しいと腕が疲れ上手く書けないことなど初めて会話らしい会話をしました。Mさんはジャンルこそ違え、同じ空間で作品を展示するというところに、私との接点を見出し話しかけてきたに違いありません。

私はできれば今までどうり会話のないほうがよかった。次回からはこちらから気を使わなければならないような気がしてきたもの。。。

P1080736

T市美術館前の裸婦彫刻

| | コメント (2)

日本人はバカになった?

今日の新聞に載っていた〔週刊現代〕の広告に、〔日本人はバカになった〕という見出しがあり

〔漢字が読めない書けない、ことわざの意味を知らない、歴史を学ばない勉強時間は中国人の半分、大学の教科書はマンガ 年間に一冊も本を読まない国民がなんと3千万人 そして何より働かない 途上国からもバカにされる学力と国力 世界が嗤っている。。。〕と書いてあります。

わぁ~!!並べましたね、本当かもしれない・・・とおもうこと。私はいくら口が悪くても、自国の人間の事をこれほど悪くはいえませんよ。きっと中国の人が書いたに違いない。。。この週刊誌を読まなければ判りませんですけどね。

何故こんなひどい事になってしまったかと考えるに、羞恥心の欠落が最初にあげられませんか?昔日本人が美徳と考えた恥を知る精神です。知らない事を恥と思えば読み書きを覚えます ことわざも、歴史も覚えるし、恥と思えばマンガは見ません。恥と思えば読まずとも本を持ち歩き、持っていさえすればいつかは読むと思います。

ついでに言えば辛抱、我慢が出来なくなった。若い男はかっとしやすくなったし、女の子はつまらないことで人前でもバカな涙をすぐに流す。。。え、なに?恥に関してはアンタにいわれたくない・・・あ、そうですか。

いわれて見ると私も最近すぐに涙が出ます。涙腺が年で緩んだだけですけどね。

P1090876

蓼科

| | コメント (2)

助走中デス

本展覧会用の下塗り、エスキース〔下絵〕がすべて出来ています。で今は安心の一休み。何の安心か判りませんけどね。

そこで何をしているかと云うと助走ですよ助走。。。P1110162_2 smile

お若い皆さん、今のブラピどころではありませんでしたよ、J・ディーンの人気。。。

クレバスでちょっと遊んでみましたbleah

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »