« 伊香保の湯 | トップページ | 日本シャンソン館にて »

おしゃべり爺2人!

伊香保の続きです。

昨日は小雪も舞っていたというのに、今日〔20日〕は気持ちよい晴天です。あまりに晴れ渡っているので、大パノラマを観るべく伊香保ロープウエイに・・・。上越の雪山が真っ白に連なって輝いていて、この季節ならではの風景を展開しています。

お孫さんを連れた老夫婦が夫に〔すみませんが写真を撮ってくれませんか〕とカメラを渡しました。お孫さんを挟んでポーズしたところをパチリとしたのをきっかけに会話をかわしましたが、このご主人、我が夫に劣らずの話好きのようです。〔どちらから?〕から始まって、現在の住まい 年齢〔七〇才〕、職業〔築地の仲買人〕、出身地〔北海道〕 世帯数〔息子夫婦と〕 趣味〔釣り〕 その他もろもろ。。。ロープウエイのゴンドラが発車するまで数十分の間二人で大きな声でいかにも楽しそうな会話。女同士は沈黙のまま。〔またはじまった・・・相手の奥様もそう思っているはずgawk〕別れしなに〔朗らかでよろしいですね^^〕と云ったら〔この年になるとね、無理にでも朗らかにしていないとどうしようもありませんよ。はっはっは。。。〕無理のようには見えませんでしたけどねhappy01

P1110397

P1110396

小野子山

P1110411

子持ち山

P1110405 

P1110427

伊香保リンク 

P1110437

P1110440

方角としては草津白根 ですが。。。? 

|

« 伊香保の湯 | トップページ | 日本シャンソン館にて »

雑記」カテゴリの記事

コメント

どうなんでしょうねぇ? 一つの狭い空間の中へ見知らぬ者同士が乗り合わせる訳なんですが、これが何組かの人数なら兎も角も、たったの二組位となりますと自然と話し掛けたくもなりますよネ・・(そうでないと多少息苦し感じもしないでもない)
まぁ、この時は「シャッターをお願い出来ませんか?」というよく有る、いいタイミングから
話が弾んだ訳なんですけど、旅はこうでなくちゃいけませんよ(笑)

(そうそうですねぇ?・・ボクは別に孫を連れた老夫婦とロープウェーに乗り合わせたくもないけれど、願わくば、美しい未亡人と、偶然にもたった二人きりで乗り合わせたい、例え何かの故障でロープウェーが宙づりになろうとも、一向にかまやしないっ!)(爆)

投稿: 伊藤 | 2010年2月22日 (月) 04時35分

なんじゃコリャ? 自分のコメントを読み返したら
(そうですねぇ?・) と書いたつもりが(そうそうですねぇ?・・)となっている・・最近はこんな書き間違えが多くなりましたヨ(笑)

ところで「方角としては草津白根 ですが。。。?」
で、ふと思ったんですが、昔の歌手に「白根一男」って歌手がいたんですが(今も現役かも?)
この人、出身地が栃木県栃木市となってるんですけどおそらくその芸名は白根山の白根からきてるんだと
思うのでありますがねぇ? 栃木市からも白根山は見えるのでありましょうか?

投稿: 伊藤 | 2010年2月22日 (月) 04時52分

オシャベリがご婦人方の専売品だったのは過去の話。
昨今はお爺さま方も負けず劣らずかまびすしいですね。
「かしましい」の漢字「姦」も早晩、変更が議論になるのではないでしょうか。
最後の写真は「お釜」のある「草津白根」で間違えないと思います。
伊藤様
横レスですが「白根一男」の「白根」が「白根山」に由来していることはその通りですが、この「白根山」は出身地にある「日光白根山」のことで「草津白根」ではないと思います。
因みに栃木市からは草津の白根山は見えません。

投稿: 風花爺さん | 2010年2月22日 (月) 09時32分

これはこれは風花爺さん!
コメントありがとうございました
栃木にも白根山があるのですねぇ・・
御親切な貴方に白根一男の隠れた名曲をプレゼントしておきます(笑)

http://8.health-life.net/~susa26/natumero/26-30/yumeyobu.html

投稿: 伊藤 | 2010年2月22日 (月) 12時07分

伊藤様
まさか我が夫と似たタイプの方と一緒になるとは思わなかったですねぇ〔爆〕二人とも旧知の仲のように会話をしていました。二人とも声が大きいし高笑い〔夫は馬鹿笑い^_^;〕をしながらなのでその賑やかな事!
旅は道連れという言葉もあるくらいだし、気持ちのよい空間では理屈抜きの会話を楽しむ事もよいかもしれませんね。

なろほど、伊藤さんの世代ならまだロマンスを夢見て当然ですが、我がお爺、〔へえ~~ぇ、マイカーであちこちに!お元気ですなぁ!!〕といわれるのが嬉しいだけになったようです〔爆〕

投稿: おキヨ | 2010年2月22日 (月) 12時41分

伊藤様

いま風花様の〔白根一男〕の芸名の由来を拝見しました。
〔日光白根〕が芸名の由来だったのは知りませんでしたね!もちろん〔白根一男〕は知っています。
彼は栃木県出身だったのですね。

〔日光白根〕はこの眺望から右手に見えます。

投稿: おキヨ | 2010年2月22日 (月) 12時49分

風花爺さん様
私は夫はしゃべる職業でもよかったのではないかと思うくらいです^_^;
私の時代は無口な男がモテる条件だったのに、なにをとち狂ったのか。運迷とは不思議なもの・・・運命でしたcoldsweats01

そうですね。女を3字重ねて〔かしましい〕と読ませるのはいかがなものかと。。。一箇所男という字をはめ込むわけにはいかないものでしょうか。

あ、草津白根で正解でしたね^^有難うございました。
他のの山々も細かく説明したものがありましたが忘れてしまって・・・^_^;

〔白根一男〕の件有難うございました。私も知りませんでした。

投稿: おキヨ | 2010年2月22日 (月) 13時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊香保の湯 | トップページ | 日本シャンソン館にて »