« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

苦しいときを脱す

現在本展覧会に出品する大作を手がけている真っ最中。これが山あり谷ありの難苦行で、何度目かつぶしがあったのですが今日やっと何とか形になりました。やれやれ・・・coldsweats01私の場合エスキース〔下絵〕はほとんど役に立ちません。キャンバスに描きだしてから気が変わりますから。。。

私は才能の無い凡人ですから難行苦行は毎年のこと。こうも苦しい目に何年も遭っているとこれも快感になるんですよ。〔苦笑〕 苦しい目に自らを追い込むんです。強がりを云うようですがあっさり出来てしまうのはつまりません。しかしそれでいいものが出来れば云うことはないのですが、その挙句の駄作ですからね。愚作か。。。weepその代わり胸にストンと落ちるものが描けたときちょっと大げさですが生きがいを感じます。

今回で何が何でも描き進めないとお花見にも行けなくなってしまうわィ。

P1030651

ユニークな招き猫

| | コメント (4)

〔ゆくてなし〕という意味

数日前に不良だった次兄の話にちょっとふれましたが、生まれ故郷の北東北H市では、このような不良とか悪童のことを方言で〔あそこの誰それはまぁ~んでゆくてなしだよ〕といいました。今でも云うかどうかは知りませんが当時はそういったものです。ゆくてなしとはろくでなしがなまなったものと思いましたが、そうではなくむしろ〔ゆくてのない者〕ということではなかったかとおもうのです。ゆくてのない者のほうがいかにもアウトローっぽいではないですか。

行く手とは、行く方向と云う意味でゆくてなしは行く方向がないほどのしょうのない人間でつまりろくでなしなわけです。

方言の深読みですねhappy02 方言にお詳しい方正しい意味を教えてください。。。

P1030773

| | コメント (0)

樟脳の使いみち

そろそろ鳥達も子育てのシーズンにはいりますね。お宅の屋根に雀やムクドリ、鳩などが巣をつくるのでお困りの方はいらっしゃらないでしょうか。我が家は鳩や雀が屋根に巣を作るのでその糞害のために部分的に屋根が傷む事があり、夫がペンキなどを塗って補修していました。いくら網などをめぐらしても、上手く隙間を見つけかいくぐって巣をつくるのでいたちごっこのような状態が長年続いていました。

そこでふと思いついたのが、防虫剤として箪笥に入れる樟脳です。刺激臭が強く虫が寄り付かないのですから鳥だって苦手なのではという発想ですね。昨年屋根の巣や糞を取り去った後に樟脳を置いたところ、効果覿面!夫が覘いてみて〔今年は巣がないよ!〕と喜んでいました。

我が家は万々歳ですが、そのぶんよそ様が鳥の巣公害が割り増しになるということになりますね。。。bleah

P1110454

あんた、ちょっと肥満気味!?

 

| | コメント (6)

太りたくない方へ

何日か前のことですが、〔人間の身体は日が沈むころから太る物質が活発に活動します〕と云う話をラジオで聴きました。たぶん医学分野の方でしょうがとてもわかるよい、ユニークな話し方です。〔太りたくなかったら日が翳ってきたらものを食べない。太陽が高いうちはその物質はなりを潜めていますから少しぐらい食べても太る心配は余りありません。いけないのは5時以降飲んだり食べたりするのは太るもとになります。。。また朝目覚めたら外で明るい日を浴びて朝だということをその物質に知らせないと勘違いをしてしまいます〕暗い部屋でおきぬけに食事をとると太る物質がまだ夜だと思い太るということのようです。ですから朝一旦戸外に出て〔朝~~!sun〕といってから朝食をとればよいということになりますね。

そういえば昔絵仲間の医師が〔患者さんの夕食は4時半ごろが理想的〕といっていましたが早い夕食は病院側の都合ではなく、そういうことであれば納得出来ます。ただその後に勝手にものを食べたら意味がありませんね。

しかし、会社勤めの方はこれは無理というもの。。。なんとかその太る物質を〔まだ夕方になってませんよ~~〕と騙くらかす方法を見つけたいものです。

P1110572

| | コメント (2)

やっぱりややこしいテレビ操作。

我が家もやっと人並みに液晶テレビを購入。私はまだじゅぶんに機能するテレビを捨てるに忍びなく、来年の使用ぎりぎりまでねばるつもりでしたが、夫が知り合いのほとんどがテレビを切り替えたのを知って落ち着かないのでとうとう買うことに決めました。

我が家は大型家電は量販店ではなく、知り合いの電器やさんから買うことにしています。少々高くつきますが、何かの時には融通が利きますし、それと、この電気屋さんから購入した家電はほとんどトラブルがなくすべて10年以上使用しています。冷蔵庫など15年目ですがまったくなんともない。。。なぜかという理由は電気屋さんに聞きましたが、100%断言できるという話ではないので此処では書くのを控えましょう。私は家電でも我が家に長いのは愛着がわくので短い期間でぱっぱと買い換えるのは好きではありません。

とはいえ新しいテレビはやはり部屋がなんとなく新鮮になります。リモコンの字も大きく年寄りに優しくできていて、操作も今までとそう変わらない・・・と、ほっとしていたら、なんとリモコンがもうひとつ!!こちらはいろいろと複雑になっていて、電気屋さんが操作しながらいろいろ説明をしてくれましたが我が夫婦とても一度で覚えられそうも無い。。。bearingとりあえず簡単なリモコンのほうを使い慣れてからゆっくりと複雑なほうを聞きましょう。。。新しいもの嫌いはこのせいもあるのです。。。coldsweats01

P1110583

リビングと・・・

P1110584

寝室用  我が家には痛い出費です。

| | コメント (2)

東京の花売り娘

ラジオから懐かしい〔東京の花売り娘〕という昔の流行歌が流れてきました。私が10歳頃の歌でしょうか。ラジオの歌声は天道よしみ。彼女は歌が上手いはずですが、やはり本家本元の〔小粋なオカッパル〔岡春夫の愛称〕〕とは違います。昔、岡春夫のレコードを次兄がよくかけていたので、その美声と特徴ある歌い方を今でもはっきり覚えています。

堅物の長兄とは違い、次兄は昔で云う〔軟派〕で、趣味といえば車〔バイク〕、酒、女性^_^;のお定まりコースといったところでした。彼は歌が自慢で、これも得意のギターを弾きながらいろんな流行歌手の歌を真似て歌って聞かせました。身びいきで上手いと思いましたね。なかでも岡春夫の〔東京の花売り娘〕の物まねが私は好きでしたし一番上手く聞こえました。

若いとき女性によくモテていた次兄と、15年前、すっかり年老いて好々爺になった彼の顔を〔東京の花売り娘〕を聴き同時に懐かしく思い出しました。次兄は兄妹の誰よりも先に亡き父母のもとに旅立ってしまいました。

P1080552

| | コメント (8)

ドラマ〔シューシャインボーイ〕

最近のテレビドラマを観る事のあまりない私、新聞のテレビ欄で〔浅田次郎原作〕とあるのを見て観る気になりました。4.5年前浅田作品に凝ったことがあり特に短編は私の好みで、夜中にガラにも無く本を見ながら涙をながしたことも。。。^^ゞどれもドラマむきの作品に思えたのですが、その割にはドラマ化が少ないような気がしていました。

ドラマ〔シューシャインボーイ〕は浅田次郎作品特有の大人のメルヘンを感じさせるもので、主演の西田敏行が底辺から這い上がった食品会社の社長をベテランらしい演技で魅せてくれました。出演者はそれぞれよかったのですが、中でも大滝秀治という俳優の存在感は凄いですね。

P1110573

お向いのミーちゃんが今年も3匹の子供を生みました。見に行ったところ慌てて1匹の子を咥えて奥へ行ってしまいました。なんという他人行儀な。。。weep

| | コメント (0)

ヘヤースタイルについて

今日は気分転換に美容院へ。。。

かねがね思っている事ですが、中高年女性のヘアースタイルはかって自分がもっともよき時代、つまり若くて美しいと言われた、またはそう自分で思った時代の髪型に定着してしまう傾向にあるような気がします。例を挙げると、自民党小泉内閣時代の、若い頃ミス・東大といわれたかの女性議員のヘアースタイルは30数年前のまま。前髪を深くさげ肩の辺りまである乙女チック仕立てなのですが、見てるほうはどうも清潔感に欠け鬱陶しい感じがして私などはいつも気になって気になって・・・。でもなかには中年過ぎても若い頃のままのヘヤースタイルがとてもよく似合っている九重祐三子ちゃんのような方もいます。彼女はデビュー当時からボーイッシュなシュートヘアーでこれがキュートな顔によく似合って人気が出た歌手でそのスタイルを維持したまま中年〔高年?〕にいたっています。

私の若い頃一世を風靡した〔ヘプバーンカット〕というのがありました。私もご他聞に漏れず、腰まであった長い髪を切り、前髪を眉の辺りで切りそろえたコッペパン・・・じゃなかった、ヘプバーンカット。おしゃれだったショートカットが年数が経つにつれいつのまにやらどうでいいありふれたものに。。。thinkそしていまはさっぱりすればいいだけのオババカットに成り下がりました。おかしいですねぇ・・・いつのまにヘプバーンカットがオババカットになりかわったのやら・・・smile

P1030590

P1030589 

P1030594

| | コメント (5)

世界で一番の幸福と不幸

こういうジョークを見つけましたよ。

○世界で最も幸福な男

アメリカの家に住み、イギリスの給料を貰い、中国の料理を食べ、日本人の妻を貰う男

○世界で最も不幸な男

日本の家に住み、中国の給料を貰い、イギリスの料理を食べ、アメリカの妻を貰う男

ご存知の方も多いジョークですが、まだご存じない方のため載せました。

P1030602

P1030618

P1030570

信州海野宿 

| | コメント (0)

トイレの話

真っ当な日本語がもしかして消滅するかも、というような事態が荒川区に起こっているようです。荒川区では〔公衆便所〕を語感がよろしくないということで〔公衆トイレ〕に統一表記する話が持ち上がり賛否両論という記事をある方のブログの〔おもしろニュース〕でみました。

そう聞いて私はあれ?すでに観光地、公園などで〔公衆トイレ〕と表記されていなかったっけ?と思いましたが私の勘違い?ともあれ論争となるからには〔何を抜かす!立派な便所という日本語があるのになんで外来語をいわなくちゃならんのだ!!便所一本やりで来た日本男児の俺様がいまさらトイレだなんてふやけた言葉を言えるか!〕といわれる御仁がいらっしゃるとおもいます。我が家でも夫はトイレでもお手洗いでもなく便所というはず。。。〔云うのは勝手、表記の話でしたね coldsweats01

でも不思議に思うのは、日本では御便所を指す言葉がとても多いのになんでトイレかなと思う事があります。

私が知っているだけでも〔手洗い 雪隠(せっちん) はばかり 厠(かわや) 手水(ちょうず) ご不浄(ふじょう) 〕みんな旧い言葉になってしまいましたがそれぞれ意味を持った美しい言葉がこんなにあるのです。

それなのにトイレで統一しようとは残念な気がしますね。かく云う私も(ちょっとトイレ。。。)といいますけどねhappy02

P1030592

 風情豊な海野宿  2008年撮影

| | コメント (6)

うつらうつらのアカデミー授賞式

私は今まで、脚こそ悪いもののその他は健康といっていましたが、じつは(蕁麻疹)の持病がありました。10年ほど前慢性蕁麻疹になり、4年間も悩まされたというのに薬のおかげですっかり治まってから数年たっていますからその事をきれいに忘れていました。それがどういうきっかけかまた両腕にぽつぽつと赤い斑点が数個。。。そのおぼえのあるかゆみで蕁麻疹の再発とすぐに判り、医師から〔蕁麻疹は完治することはありません。きっかけがあれば再発します〕といわれていたので、常備薬を飲みました。

今日はBSテレビでアカデミー受賞式の様子を観ようと楽しみにしていたのですが、なんだか眠い。。。?マライヤ・キャリーのデカイ胸が写ろうが、男前のジョージ・クルーニーが愛想を振りまいていようがうつらうつらです。おかしいなと思ったのですが薬のせいだとすぐに判りました。

結局ず~っとうつらうつらしていたのでアカデミー授賞式を観たような観ないような・・・アカデミー授賞式が面白くなかったせいではないとおもいますけどね。。。

P1030297

| | コメント (3)

吉永小百合について

映画〔おとうと〕を時間があったら観ようと思っているうちに今日で上映期間が終わったようです。時間が無いこともなかったのにみんな絵仲間の個展やらグループ展に行かなければならなくてそちらに使いました。なんですかねぇ、最近のひとは絵を習い始めたとおもったらわずか数年で個展をひらくんです。別にそれは自由ですからいいのですが、これが〔いまこちらも忙しくて行けません〕というわけにもいかず、律儀な私はbleah内心を押し隠して出かけるわけです。。。というわけで評判の吉永小百合様主演の映画を〔おとうと〕を観損ねました。でもすぐにテレビで上映されるでしょうから。。。

先日これも小百合様〔サユリストの目がありますので様づけです〕主演の〔母べぇ〕をテレビで観ました。戦争が激化しつつある昭和15年頃の話でこの時代の女性を演じるには小百合様をおいて他に似合う女優はいないでしょうね。彼女は誰もが知っている通り60半ばという年齢で、小学生の子供の母親はどう考えても無理と・・・。いえいえ無理などありませんでした。誰も異論など申すものですか。若い男に思慕を寄せられても少しも不自然ではありません。さすが小百合様。。。

小百合様は女優という職業の方にしてはファッションセンスがやや旧いというか野暮ったい。ここが彼女の素晴しいところと私思っています。他の女優達のように装うのなんて簡単な事でしょうがあえてやや一般的なファッションや化粧で通す頭のよさ。ラジオでの会話もそうだし、テレビで観る彼女もごくごく〔普通〕でことさらの雰囲気は全く感じません。〔普通〕を賢く通される小百合様。此処が彼女のしたたかさではないかと私は思っています。

世のサユリストのみなさま、私は吉永小百合様を悪く言ってはいませんよね。happy01

P1030296

| | コメント (4)

甘さが好まれる果物

テレビで甘味の強い果物が好まれるという話を聞きました。今旬のイチゴの場合も断然甘味の強い種類に人気が集まるということです。甘いイチゴにさらに甘いミルクをつけて食べているようですね。

イチゴの食べ方で気になっているのはヘタを持ち下の部分から食べているのを見かけますが、あれは下手なイチゴの食べ方。^^いちごはヘタのついた上の部分より下にいくにつれて甘いので、最後に甘い部分を食べたほうが美味しいと感じるそうです。イチゴ農家のおじさんが言っていたので間違いはありません。

果物が甘くなったといえばりんごもそうですね。40数年前この地方にきて、はじめて沼田産のりんごを食べたときやたら甘いので驚きました。群馬は東京に近いので都会では甘味の勝ったりんごのほうが好まれるためそのように改良されたというのです。その頃はこの地方のりんごと故郷青森のりんごの味ははっきりと判別できたのですが、今はみな同じように酸味が少なく甘味の強いりんごになってしまい、悲しいかな区別がつかなくなってしまいました。

甘味イコール旨みと思うようになって、いよいよ日本人は舌の先まで幼児化しつつあるのでしょうか。

昔の、あの歯が浮いてしまうような酸味の爽やかなりんごが懐かしい。。。weep

P1110081

| | コメント (2)

映画〔追想〕を観る

この映画はロシア革命で犠牲になったロマノフ王朝ニコライ2世の末娘アナスターシャがただ一人生き延びているという噂をささやかれる時代に起こる物語です。1956年制作で皇女アナスターシャに仕立てられる謎の女を演じるのはイングリット・バーグマン。ロマノフ家の莫大な資産を狙い一芝居を試みるロシアの元将軍にユル・ブリンナー。

イングリット・バーグマンは、アンナという女性は本当に皇女だったかもしれない、という役柄には実に打ってつけの女優だと思います。当時、気品と美しさをこれほど持ち合わせている女優は他になかったのではとバーグマンファンだった私は思います。

ユル・ブリンナーは精悍な風貌で、鷹のような目と小柄ながら引き締まった身体は大変セクシーな俳優でした。女優をセクシーというときは気品は関係なくとも、男優をセクシーと云う場合そこには気品がなければならないというのが私の持論。。。

私は若い頃からアナスターシャは生き延びているという話にロマンを感じていましたが、NHKでこのロマンにばっさり終止符を打つようなドキュメンタリー放送をしたのを観てしまいがっくりし、ブログに書きましたが、その記事をご覧下さった〔ツシマ〕様という方が〔ロシアでは都合であのような打ち切り方をする。アナスターシャがあの革命で殺されたという事実は科学的に確認されたわけではありません〕というようなコメントを頂いて、ほっとした事を思い出しました。今日の映画を観てあらためてアナスターシャは後半幸福な生涯を送ったのではと思いました。

P1110546

| | コメント (0)

え!美味しくないの?

近くに地場産のものを売るお店があって、ここが新鮮で安いのでよく野菜などを買いに出かけます。見慣れない形をした根菜があってラベルを見ると〔きくいも〕と書いてあり生産者の名前もあります。50年配の店員さんに〔これどうして食べるの?〕とたずねると〔普通のお芋のように煮転がしにしたりお味噌汁に入れたり・・・〕〔美味しい?〕と聞くと間髪いれずに〔美味しくない。。。〕という答え。。。思わず笑ってしまい〔美味しくないなら買わない。でも貴女、そんなこと言ったら生産者に悪いでしょう〕店員さんも照れ笑いし〔デモね、薬用と云いますから身体にはいいらしいですよ。〕そういえば形が生姜のよう。でも美味しくないのはやっぱり要らない。eye

山形の山寺の近くでりんごを売っていたおじさんがいて〔5個頂戴〕と言ったら〔あまり美味くないんだよ〕とボソッとした声でいうので驚いて〔おじさん、美味くないものを売っているの?〕と聞くと〔去年は美味かったんだけど。。。〕そうかそうか、おじさんは去年に比べると天候のせいでいくらか味に不足があるといいたかったのね。。。東北の人は正直なのです

うっかり云っちゃった正直な話二題happy01

P1110557

P1110558

このきんぴらごぼうは農家の主婦の自家製です。私が自分で作るよりはるかに美味しいのでこういうものは買ってきたほうが早い(^^ゞ 当地は牛蒡の産地でもあります。

| | コメント (2)

ひねくれ者かしら・・・

他人から〔一生懸命ですね〕とか〔一生懸命でえらいわねぇ~〕と言われた時皆さんは喜べるでしょうか?私はどうもこの〔一生懸命〕と言う言葉を他人から云われるのは好きではありません。他意がないと明らかであれば問題はないのですが、この言葉を他人に向かって投げかけるとき、優位のものが下位のものに対して使われる場合が多いように思います。別には愚直な人間に対して使われる事が多いようでもあるし、気の置けない同士の仲だと〔からかい〕 ライバル意識の間柄だと〔皮肉、軽い蔑み〕などが含まれる場合もある気がします。

昔仲のよくない絵仲間に〔おキヨさんは一生懸命だから・・・〕お腹の中は〔あれだけ武者修行して歩けば馬鹿でもあの程度は描ける様になるわよ!〕と。。。〔言葉として聞こえなくとも顔にかいてあったヽ( )`ε´( )ノ〕というように云われたことがあったものだから一生懸命という言葉を云われるのが嫌いなのです!!

私、ひねくれています?

P1110540

P1110543

P1110538

近場の春cherryblossom

| | コメント (8)

木村忠太展

高崎市まで〔木村忠太展〕を観にいってきました。画家は〔魂の印象派〕といわれ日本より海外のほうでよく知られていると言われていますが、日本でも何回となく展覧会が開かれていることはその人気の高さを示していると思います。私も木村忠太展はこれで4度観る事になりますから熱狂的に好きな画家といってもいいと思います。

画家は生涯のほとんどをフランスで過したといわれ、作品もフランスの風景が多いのですがその作品は抽象的表現の具象画です。マチェールが独創的なのと類まれな色彩感覚で観るものを圧倒しますが威圧感は微塵もなく、自由で明るい画面が観る側に開放感を与えます。何度観ても気持ちのよい、気高い作品だと思いました。

書き方がそっけないのは一日デッサン会でくたくただから。。。coldsweats02

P1110524

| | コメント (6)

光源氏は色魔?

私は2ヶ月ほど前から瀬戸内寂聴訳の〔源氏物語〕を読んでいますがこれがなかなかす進まない。なんたって全訳十巻まであるのですから、高齢の私、読みきれずに途中で死んでしまう可能性もありです。

なぜ今頃になって〔源氏物語〕かというと、瀬戸内寂聴が何年か前にテレビで盛んに〔私の訳した源氏物語読みやすくて面白いわよ~!〕と宣伝していましたのでそれならとのせられたわけです。そのときに買って読まずに置いていたものが書棚の奥からひょいと出てきたので。。。^^

前に全巻を一冊にまとめたダイジェスト版にような本を読みましたが、これが超特急のようで物語を楽しめません。やはり雅の世界を味わうには全巻読むしかないのです。それがやっと2巻目を読み終わったというわけ。。。読み進まない理由は、☆ さんざPCをした後、寝しなに読むのですからわずか数行で寝てしまう。☆ 現代語に訳したとはいえ原文に沿った文体なので他の小説とはちがう。 ☆ 人の名前が途中でこんがらがってしまう!(^^)! です。

平安朝時代の女性〔姫君〕はみだりに人前に顔を曝す事はなかったようで、当事の恋愛は女房〔仕える女官〕の手引きで男性がしのんでゆくという方法だったようです。そして一夫多妻。物語は美貌の男君光源氏が可憐な少女から56.7歳の老女まで、なかにはとんでもないブスまでcoldsweats01を相手に恋愛遍歴をしまくるという、なんともそればっかりというもので、小説とはいえいささか呆れてしまいました。

そもそも源氏物語と言うのは、紫式部が女房達に語り聞かせるために書いた大衆小説で文学作品などではなかったということです。やたら色好みの美しい男性を主人公にし、手広く恋愛を繰り広げるストーリーというのもそういうことだとうなずけますね。退屈しのぎにかかれたもの?このあと光源氏が明石へ島流しにされる事はダイジェスト版で知っていますが、ここでもちゃっかり女狂い。女性達も光源氏の美貌には目が眩むのですね。それに光源氏女を惑わすいい匂いがするんです。。。一体どれほどの美貌か知りたいもの。ヨン様ぐらいかナ?happy01

P1110520_2

この子ひとりでにこんな格好に。。。?

P1110522

普段はこうです

| | コメント (6)

気になる木の事

きょうのY新聞一面は花の盛りの梅ノ木が切り倒されている映像がアップされています。記事によると〔プラムポックスウイルス〕という梅の木の感染病を防ぐためやむなくの処置だそうです。花をつけた木そのものに病原菌がなくても用心の為周囲の木も切られてしまうとあっては木といえどもお気の毒。。。

家の近くの中学校の傍にちょっとした梅林があったのですが、今年は木の数が明らかに減っていました。これも何かの病気のために切られてしまったのかもしれません。

赤城山麓のK村に一本桜があって、その下には2百年以上経っている石仏が数体あり、とても風情を感じる風景だったのですが、昨年、もう桜が満開の筈と思い行ってみたところ、形のよい枝ぶりの桜木がばっさりと切られていたのです。理由があって切られたのでしょうが、2度と同じ枝ぶりにならないと思うとほんとうにがっかりしてしまいました。

また、数日前には、そろそろ小さな薄緑の葉芽が出始めるころと観にいった柳の木が無残を通りこして笑ってしまうほど見事に幹だけにされていました。

私の住む団地の公園にも、40年経って形のよい成木になった桜木が何本かありましたが、3年まえ、豊かに広げた枝を見事に刈り込まれいびつな姿になってしまいました。虫が近くの家に入り込むのでやむをえない処置だったようです。

これは近年急激に木の病気や虫が増えたということなのでしょうか?それとも木の病気や虫を発見する技術が進んだと言う事でしょうか?

P1020615

年歴のわからない道祖神

| | コメント (4)

寒さのせいで肩こり

ずいぶん久しぶりに肩こりを感じました。なんとも耐え難いようなこの寒さのせいかと思っています。私は冷え性ですから暖房をつけただけでは足の冷えはなかなか解消されないのです。足が冷えて肩こり?とお思いでしょうがこのあいだ東洋式マッサージをしてもらった中国のおねえさんが〔足冷エル、便秘、肩コリ、アタマ痛クナル。足冷エルヨクナイ。。。〕といっていましたもの。。。

今日は8時から~11時半まで1987年制作〔ラストエンペラー〕を堪能。前に2度観てますが今日はノーカットなので、この映画の荘厳、華麗 圧巻がいっそう解かりました。こういう映画を観ると〔いやぁ、映画って本当にいいですねぇ。。。〕とむかし聞いたことのあるセリフが思わず口をついて出ます。delicious

P1030222

P1030229

 

| | コメント (2)

トム・クルーズの鼻

昨日は全く映らなかったBS、今日は何事もなかったように映りました。やっぱり雪のせいだったようです。。。

で、トム・クルーズ主演の〔ザ・エージェント〕という、スポーツ選手のエージェントとして孤軍奮闘する、いかにもアメリカ好みの映画を観たのですが、トム・クルーズってプライベートでも映画の中でもお~んなじ顔なんですね。みょうに愛想のよい笑顔で愛想のよいゼスチャー。。。ハンサムには違いないでしょうが、あんなに高い鼻でなくてもよかったのではと、トム・クルーズが出演する映画を観るといつも思ってしまうのは、低い鼻の私のひがみ・・・?eye  共演のレニー・ゼルウィガーという女優は日本人には親しみ易い容貌で好ましかったし、子役も可愛かった。。。よい映画の部類だと思いますが私個人は別に・・・という映画でした。

P1030223

P1030224 

P1030288  

| | コメント (0)

行動力の衰えた友人

久しぶりに、東京に住む高校時代の同級生kから〔元気でいる?〕という電話がありました。年からいって弾む話題などあろう筈がなく、ただこうして互いの無事を電話で確認しあうだけの電話なのです^^。〔たまに遊びにいらっしゃいよ〕というと〔最近すっかり出不精になって家の周りに買い物にいくだけよ〕という返事。彼女は結婚した事がなく独身という身軽さで、日本はおろか、海外にも頻繁に旅行していたのですが、さすがに71歳という年がその行動力を押さえ込んでしまったようです。

以前よく我が家に連れ立って遊びに来たもう一人の同級生Hが亡くなってからはKも全く顔を見せなくなりました。電話でしばらくはHと3人で方々へ旅行をした懐かしい話をして、私が〔去年の11月に諏訪湖に行って、3人で泊まったホテルの前をを通ったけど懐かしかったわよ。。。〕というと彼女は〔また行きたいわね・・・〕とはいったもののたぶん行く事はないと思います。3人でバランスがとれていた仲が一人欠如となるともう駄目なのです、女の仲というものは。。。

今日はBSで9時から〔史上最大の作戦〕を観ようと思っていたところテレビの画面が霜降り状態になってしまって、そのうち全く映らなくなってしまいました。アンテナに雪でも積もったかな?他のチャンネルはなんともないのに・・・?

とりとめのない記事でした。

P1110486

せっかく咲いたのに・・・雪の降る前日に写したご近所の桜

P1030765

ピンボケのボケの花

| | コメント (2)

色彩のトラウマ

昔、絵の師であるS先生のお供で上野都美術館に出かけたことがあって、S先生はある絵の前に立ち止まり、〔グリーンの多用はどうしようもなく下品になってしまうね。。。〕とつぶやいた言葉が胸に残りました。他人の、特に尊敬する人物の何気ない言葉が、〔ご本人は忘れてしまうような事でも〕強い影響を及ぼす事があるものです。私はしばらくはグリーンという色に対してどうしても萎縮感を覚えたものです。S先生がお亡くなりになって十数年経った今になって、それはS先生の色に対する偏見で、ご自分がグリーンをベースにした絵を単に好まないというだけの話だったのではと思うようになりました。ブルー系も画面が暗くなるという理由であまり使いたがりませんでしたので、私も自然暖色系の色彩構成に傾いてしまい、発表の為の絵は描き慣れた色で守るようになり、色彩の冒険を忘れかけていたところです。

ブログである先生の絵を拝見するようになり、その巧みなブルーやグリーンの自由奔放な使い方に魅了され、その色彩系統の絵を遅ればせながら自分も試してみたくなったのです。長年の色彩トラウマから解放されたのですね。

大作のベースに青を使用したのはほとんど初めてではないかと思いますが、思いのほか順調に進んでいます♪

ある先生のブログ〔風の樹人日記  〕西脇市岡の山美術館館長 来住しげ樹先生

P1110510

| | コメント (2)

ダルビッシュとダビデ像

野球の事はあまり詳しくないのですが、プロ野球開幕戦が真近なようですね。↓ダルビッシュ選手の写真がスポーツ欄に載っていました。

P1110497

私はたまに夫に付き合って野球の試合を観る事がありますが、ダルビッシュ投手がマウンドに立っているときに〔タビデ〕によく似た体型だといつも思ってしまいます。ダビデとはイタリア、ルネッサンス時代の巨匠ミケランジェロの代表作のひとつで芸術史上最も有名な彫刻です。

David_von_michelangelo

ダビデが巨人に戦いを挑み、手に持った石をまさに投げようとするポーズで、若い人間の美しさの象徴ですね。

どうです!マウンドに立ってボールを持ったダルビッシュに似ていませんか?

| | コメント (4)

糸井さんちのブイヨンちゃん

私は3年ほど前から糸井重里さんのブログ〔ほぼ日刊イトイ新聞〕の愛読者です。でも正確には糸井さん、樋口可南子さん宅の愛犬ブイヨンちゃん〔ジャック・ラッセル・テリア〕のファンで、糸井さんが有名なコピーライターだろうが、樋口可南子さんが美しい女優さんだろうがこの際関係ありません。ただブイヨンちゃんに毎日お目にかかるのが楽しみなだけ。。。

そのブイヨンちゃんが今日の〔ほぼ日〕の記事を読むことによると、テレビ出演をするとか・・・ブイヨンちゃんはブログでは相当の有名件犬で、今までテレビ出演をしない方が不思議なくらい。私はブログ映像ではない動くブイヨンちゃんを見てみたいものと思っていましたのでこれには思わず手を叩いて喜びましたよ。ただなんのドラマにでるのかブログには書かれていませんねぇ・・・なんとか知りたいものです。

追伸  ふと思いついてブイヨンちゃんを検索して見たところ、〔徹子の部屋〕のご出演されていたのでした。偉い犬なんだ。。。

P1030417

イヌフグリ

| | コメント (0)

著しい高齢現象

数年前に画友Tさんの奥様が蒲団に足をとられ横転して身体を支えた手首を骨折された事がありました。当時68歳で現在の私より若かったので、それを聞いたときに〔え~!なんでまた・・・w(゚o゚)w〕と蒲団に躓いたということに驚いたものです。

それが自分でも信じられない事に、絵の具が床に垂れるのを嫌って、新聞紙を大雑把に床に広げたのはいいのですが、キャンバスを眺めるのに画面を見ながら後ずさりをして、広げた新聞に足をとられて危うく転びそうに・・・(>_<)  年寄が敷布団に足をとられて転ぶ話は何度か聞いたことがありますが、新聞にというのは聞きませんねェ。。。かろうじて横転を免れ、病院で意地の悪い医師や若い看護師に〔えっ!!新聞に躓いて転んだと!?〕と物笑いの種にならなくて済みました。やれやれ・・・

そればかりではなく、数年前からよく足のかかとを残したままドアを閉め様として〔あ、痛っ!〕手の動作に足がついていかないという事態が起こっています。戸棚を思い切り閉めたら右手がまだ戸棚の中だったとか。。。

自分ではそそっかしいからと思い込もうとするのですが、これ、あきらかに老化現象ですよね・・・って言うまでもないかbearing  

P1030413

今日の暖かかったことnote

| | コメント (4)

映画〔ベン・ハ-〕を観る

ここのところNHKBSでは〔アカデミー賞受賞作品〕を放映しているので嬉しいですね。今日は1959年勢作の超大作〔ベン・ハー〕でした♪ローマの支配下にあったユダヤの王族ユダ・ベン・ハーの数奇な運命を、救世主キリストとからめた物語。

主演のチャールトン・へストンは1956年、こちらも超大作の〔十戒〕でモーゼを演じていますが、私はこの2大作が、観る前にちょっとごちゃ混ぜになってしまいます^_^; この2大作は娯楽的なスペクタルというだけでなしに、どちらも旧約聖書をストーリーに織り込んでいるので何度目かに観るとき、へストンが白馬で戦う迫力あるシーンのほうが〔ベンハー〕 、海が割れるシーンがあるほうが〔十戒〕と思い出せばそこからこんがらがった頭が整理されます。happy01

過去3回は観ている映画ですが、今回あらためて思った事はチャールトン・へストンは当時としてはなかなかマッチョな肉体をしていたということ。

P1080672  

| | コメント (4)

コーヒー党に朗報!

コーヒーには、赤ワインに多く含まれている〔ポリフェノール=動脈硬化などに有効〕が、緑茶の115ミリグラムよりはるかに多い200ミリグラムも含まれているという結果を、ポリフェノール研究者が発表したという記事を読みました。

私は若いときから大のコーヒー党で、日本茶や紅茶はよそ様のお宅で頂く以外は口にしません。緑茶など飲んでもなんの癒しも感じられないというおよそ日本人らしくない日本人。コーヒーはカフェインが多く、ニコチンのように身体に悪いとか、胃を荒らすとか今に至っては、〔年寄はお茶でしょう!〕と決め付けられるしまつ。一時、コーヒーは身体に良くないといわれた事があって〔やっぱりお茶が一番よねぇ・・・〕と云う緑茶党になんとなく肩身の狭い時代もありました。

しかし、私の持論(^^ゞ)は、コーヒー豆も植物、猿だって植物を口にするとき、本能的に身体に良いものを見分けます。ましてや万物の霊長である人間が無駄にコーヒー豆を食用にしたとは思えません。美味しいと感じるものにはそれなりの理由がある。つまり人の身体に良い成分が必ず含まれているに違いないと、密かに思いながら愛飲してきました。今やっとポリフェノール研究者のおかげで、コーヒーが緑茶に軍配を上げる事がきたのです。バンザ~イ\(~o~)/

私がこの年までとり立てて悪い箇所のない身体でいられるのは、18歳の頃からコーヒー一筋のおかげと今大見得切っていえる時がやっときたという思いです。しかし、こんな事調べりゃすぐわかることのように思うのですがずいぶんと時間がかかりましたねぇ。。。

Img_2669

外でももちろんコーヒーnote

| | コメント (4)

映画〔我が谷は緑なりき〕を観る

1941年制作の〔我が谷は緑なりき〕という映画を今回はじめて観ましたが一言でいうと〔良い映画〕でした。

ストーリーはイギリス、ウェールズ地方の炭鉱で働く誇り高い一家の物語で、末息子の回想で物語が展開。規律正しい家庭で、父親を中心に気強い母、6人の息子と美しい娘の幸せな家庭にも、息子達が炭鉱を解雇されたり、結婚した長男が事故で亡くなったり、娘が意にそわぬ結婚をしたりで翳りが見え始めます。

白黒の画像が炭鉱の町を舞台のように単調で美しく描いています。白黒の映画はより豊かな色を想像させるということもありますね。

この映画の華とも云える若かりし頃のモーリン・オハラは清純で綺麗でした。娘が恋するところの青年牧師をウオルター・ビジョンが演じましたが、つい先日観た〔ミニヴァー夫人〕でダンディーな夫役を演じた俳優。私が映画に興味を持つ前に活躍した俳優のようです。

それより主役とも云える子役をひと目で個性派俳優ロディ・マクドウォールと判りました。なぜならごく最近〔刑事コロンボ〕で彼をみたばかりですから。彼の特徴ある顔は少年時代から中年になるまで少しも変わっていないということです。今も元気でいればあの特徴ある顔で80過ぎのおじいちゃんになっている筈。。。

P1110352

もうすぐ春 cherryblossom

| | コメント (2)

ハクション大魔王

昨日デッサン会があって、40代の女性Dさんと席が隣り合わせました。この女性、高校の教師をされていて美人で教養深く、がさつな我々とはちょっと距離感があります。

しんと静まり返った会場で突然ハ~~ックッション!!これが日頃のDさんのイメージとはほど遠いくしゃみなので以外やら可笑しいやら。。。くしゃみは御当人も不意打ちの生理現象ですからなんといわれようとどうしようもないわけですが、たとえば美しいチエ・ジウがその美貌にそぐわないようなくしゃみをするとは誰も思わないでしょう。女優さんのような方たちは日頃の鍛錬でふいのくしゃみも気取る事ができるかもしれませんが、これができていないとどんな美女でも品の欠けた〔ハ~~クショイ!!〕となるやもしれません。紳士淑女のみなさま、くしゃみひとつでせっかくの人品、美貌が格下げになりますのでご注意を。。。happy01

P1110369

P1110368

風情ある田舎町

| | コメント (2)

津波の怖さ

今日はチリ地震の影響で津波警報が出ている三陸沿岸部にある実家を心配していました。いままで多少水位が上がっただけで何事も無くてほっとしています。

50年前にも、三陸地方はチリ地震で起きた津波のために、岩手の陸前高田に大きな被害をもたらしました。昭和8年に起きた津波では私の地方でも被害者が出たと言う事です。このときの波高は28メートルを越すものだったという記録が残っています。またさかのぼって明治時代にはもっと大きな被害があったそうで、このときの最大の波高は38メートルだったとか。。。被害も甚大なものだったそうです。三陸沿岸地方は過去最大級の津波被害に遭っているので津波には敏感に反応します。

今回はどうやら日本は無事でしたがチリは新聞の映像だけでも目を覆う残状です。

P1110361

| | コメント (8)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »